巻来功士の漫画『ゴッドサイダー』(『週刊少年ジャンプ』で1987年から1988年まで連載)の主要なエログロ系キャラクター
2016年2月4日 更新

巻来功士の漫画『ゴッドサイダー』(『週刊少年ジャンプ』で1987年から1988年まで連載)の主要なエログロ系キャラクター

80年代の『週刊少年ジャンプ』にてエログロな異彩を放っていた『ゴッドサイダー』の主要な「神の側の人間(ゴッドサイダー)」と「悪魔側の人間(デビルサイダー)」の登場キャラクターを振り返ってみましょう。

20,128 view

巻来功士の漫画『ゴッドサイダー』(『週刊少年ジャンプ』で1987年から1988年まで連載)

「ゴッドサイダー」

「ゴッドサイダー」

『ゴッドサイダー』 (GOD SIDER) は、巻来功士による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1987年から1988年まで連載された。外伝的作品として『鬼哭忍伝霊牙』(きこくにんでん れいが、『オースーパージャンプ』〈集英社〉連載)、パラレルワールド的作品として『ゴッドサイダーセカンド』(『週刊コミックバンチ』〈新潮社〉連載)がある。

『月刊ヤングチャンピオン烈』(秋田書店)2010年11号から2013年10号まで『ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志』が連載された。

太古の昔、堕天使ルシファーこと魔王サタンは黙示録戦争において神々に敗れ、地中深くに封じ込められた。そして現代、サタンは全宇宙を征服すべく、デビルサイダー(悪魔の側の人間)を使役して決起する。一方、神と悪魔の間に生まれた少年・鬼哭霊気はデビルサイダーを滅ぼすため、ゴッドサイダー(神の側の人間)と共に立ち上がった。
(出典:Wikipedia「ゴッドサイダー」)

「ゴッドサイダー」の主人公:鬼哭霊気(きこく れいき)

鬼哭霊気(きこく れいき)

鬼哭霊気(きこく れいき)

主人公。鬼哭一族の生き残りで「サタンの息子」と呼ばれる。
高野山密教鬼哭寺にて行仁和尚によってひそかに育てられる、その強大な力ゆえに行仁によって記憶と人格を封印され「レイキ」という少年として過ごしていたが、
鬼哭寺に侵攻してきたデビルサイダー、ドゥーインの瘴気を浴びて封印が解け、神と悪魔の間の子として目覚める。

神と悪魔、双方の血を持つ為、瘴気の力と光の力を両方扱うことができる。覚醒当初は圧倒的なデビルサイダーとしての力に、行仁をして「第二のサタンをめざめさせたのかもしれない」との危惧を与えた。
覚醒した後はサタンの血を引く己の存在に悩みながらも、「人間の為」に戦う事を選び、サタン復活を目論むデビルサイダーと死闘を繰り広げる。
正義感が強く優しい性格だが当初はサタンの血を引いている事で仲間のゴッドサイダーからも化け物扱いされていた。

しかし霊気本人の人格と終始人間の為に戦うその姿に多くの仲間が引きつけられていき、ゴッドサイダーのリーダーとして人間を守る為の戦いに身を投じていく。
サタンの他に十天闘神・毘廬遮那(本作では大日如来と同一とされている太陽神バイローチャナ)の血も受け継いでいる。
守護神は、毘廬遮那を含む天界最高の実力者五智如来。
初期はまだ自己が不安定でウッド・ワードとの戦いにより、ゴッドサイダー霊気とデビルサイダー霊気に分裂し争うが、流璃子の身を挺した説得もありお互いを消化し合ってより強い一個人として確立する。その後、裏切りの罪でベルゼバブに囚われた流璃子を助け出して仲間に迎え入れ、恋人同士となり、その愛の絆は深い。

終盤で強敵サルガタナスとの戦いで一度は死亡するが、行仁が魔法陣を使って悪魔召喚儀式を行い、冥界をさまよう悪魔の側の魂を現世に呼び寄せることにより復活する。神の側の魂と悪魔の側の魂が融合していたので、復活の際にそれらを超越した超魔神となる。復活した霊気は魔王子としてサタンの元へ行くが、それはサタンを説得するためであり、そして神と悪魔の争乱のもとを作った真の敵「超高次元の魔神」へとサタンやミカエルを導くことになる。最終決戦で傷ついた霊気は、サタンと融合し霊気の人格を残しながらも天使長ルシファーとして復活を遂げ、超高次元の魔神から人類を救う。
戦闘スタイルは当初はデビルサイダーの瘴気を使った戦い方をしていたが、フォラスとの戦いで光の力に目覚めてからはゴッドサイダーとして、光の力も使う様になる。

必殺技は神魔血破弾(様々なバリエーションあり)、粒子光散斬、生浄光源壁、怨霊散弾、怨霊魔鬼雨など。
戦いに応じて最適な技を随時編み出していくフレキシブルさが特徴で光の力・瘴気の力ともに自在に使いこなせる。
(出典:Wikipedia「ゴッドサイダー」)

鬼哭流璃子(きこく るりこ) / ブロケル

鬼哭流璃子(きこく るりこ) / ブロケル

鬼哭流璃子(きこく るりこ) / ブロケル

ヒロイン。霊気と同じく鬼哭一族の生き残りで霊気の恋人。
当初は人間に恨みを抱いていて、デビルサイダー・水魔ブロケルとして悪魔将軍フォラス・ハルパスとともに日本に現れ、同族である霊気を仲間に入れようとする。

実は霊気が3歳の頃まで森で一緒に育った幼なじみであり、2歳年上と言う事もあり、幼い霊気に「ルリ姉ちゃん」として慕われていた。

説得を拒否した霊気をハルパスと共に殺そうとするが、幼い頃の思い出の森を焼き払ったハルパスを見殺しにし、行仁の介入もあり霊気を見逃した事で、ベルゼバブの不興を買い、裏切り者としてハルパス一族によって拷問を受ける。

拷問の中で発した心波(パルス)を霊気が感じ取り、次第に霊気と心を通わせていく。助け出されてからは、ゴッドサイダーとして行動を共にし、さらに霊気との愛を深めていく。

鬼哭一族の中でも、冥界と交信することができる巫女の血を引き、死者をこの世に呼び戻す「冥界逆葬送」を使える。また巫女としての力が極度の興奮状態になると、宙を飛び交う心波(パルス)を受信することもある。

感受性が高く、常に霊気のことを感じることができ、霊気のピンチには半死の身ながらも体力が半分になる幽体離脱を敢行したり、寿命が縮まる冥界逆葬送で助けにいくなど霊気のためなら己の命もかえりみない献身的な女性。サタンとパズスの壮絶な戦いに恐怖する阿太羅に対し、進んで戦おうとするなど、優しさの中に芯の強さも垣間見られる。

戦闘時には羽衣状の布をまとった極めて露出度の高い服装になる。
守護神は「願」を司る十天闘神弥勒菩薩。弥勒菩薩は、帝釈天・焔魔天・化楽天とともに天界の神々の直属の四天王の一人(天界戦争の際には、魔王 = 堕天使ルシファーをも追い払った力を持つと言われる)。世界の終末に復活し、すべての生けとし生ける者を救うほどその力は強大であるとされている。
得意技に、冥界逆葬送、弥勒冥界光、鬼哭敷圧膨殺。霊気との合わせ技で、鬼哭聖壁光。
(出典:Wikipedia「ゴッドサイダー」)
鬼哭流璃子(きこく るりこ) / ブロケル

鬼哭流璃子(きこく るりこ) / ブロケル

ベルゼバブによって拷問される流璃子

ベルゼバブによって拷問される流璃子

ベルゼバブによって拷問される流璃子

ベルゼバブによって拷問される流璃子

ベルゼバブ

ベルゼバブ

ベルゼバブ

サタン復活のため、アメリカの巨大魔法陣を守っていたデビルサイダーで、サタンに次ぐといわれる実力者。

蝿の帝王(フライ・マスター)という名のとおり蝿を使い、相手の体内に送り込んでの攻撃や諜報活動を行う(本編では得尊や阿太羅、水魔ブロケルがその被害者に)。

両性具有で自分の肌を見られると激怒する。通常は女性言葉を話しているが、感情の高ぶりによって男性言葉で話すこともある。サタンに対し忠実ではあるが、サタンの息子たる霊気の反発や、同じく娘である水魔ブロケル(流璃子)の裏切り行為には容赦なく処断し、断固たる姿勢で敵対した。

悪魔将軍フォラスを最も信頼していると同時に最も愛しているらしく、彼の死には涙を流して悼んだ。そのため、結果的にフォラスが霊気に倒される原因を作るとともに、霊気と心通わせつつあった流璃子(ハルパス見殺しの罪で罰を受け囚われていた)に怒りの矛先を向け激しく拷問して以降、霊気との戦いにはことあるごとに囚われの流璃子を引き合いに出し、駆け引きの対象として霊気に精神的圧迫をかけた。

霊気、阿太羅・法粛、マリガンたちと魔法陣の上や流璃子が囚われた地下牢前などで戦い、果ては冥界の入り口にまで及ぶ激戦を繰り広げるが、最後にはケルベロスの顎に噛み砕かれ、すでに強大な脅威となっていたパズス教団のことを示唆しながら冥界に消えた。しかし、完全に消滅したわけではなく本作での記憶を一部保ったまま、パラレルワールドの『セカンド』にも登場する。

本来の姿は巨大な蝿の怪物だが、実はそれも影で、体内にある液状の身体が本体である(もともとの身体は数百年前に腐り果て、ただの腐汁となった)ため、基本的に剣などの物理攻撃では致命傷を与えることはできない。

得意技に神殺剣(ジーザス・デスソード)や曲魔天殺(デーモニッシュヘッド・ショット)、強酸溶唾(フライ・シット)・溶酸竜唾(ドラゴン・シット)など。また、愚者の石板を利用した攻撃や、相手に蝿を植え付ける(蝿の種類は選択可能)「死の接吻」などのおぞましい技もある。
第一次世界大戦の頃、ヨーロッパで行仁と戦い封じ込められたらしい。
基本的に黒コートや全身を覆いつくした鎧などの衣装が多い。
(出典:Wikipedia「ゴッドサイダー」)
ベルゼバブ(本体ではなく影武者)

ベルゼバブ(本体ではなく影武者)

ベルゼバブ(本体ではなく影武者)

ベルゼバブ(本体ではなく影武者)

ベルゼバブ(本体ではなく影武者)

ベルゼバブ(本体ではなく影武者)

ベルゼバブ

ベルゼバブ

ベルゼバブの体内にある液状の身体が本体

ベルゼバブの体内にある液状の身体が本体

そうは・・・イカの・・・

そうは・・・イカの・・・

キンタマよーっ!

キンタマよーっ!

魔王サタン

魔王サタン

魔王サタン

元は天界で天使長ルシファーと呼ばれる天使だったが、何者かの謀略により天界を追放され魔王となった堕天使。
1億年前に黙示録戦争を起こすが大天使ミカエルら天界の軍勢に敗れて地中深く封印され、地の底に眠っていたが神への復讐の為、配下のデビルサイダーたちを目覚めさせ、自らの復活のために活動させる。

デビルサイダー及び悪魔の最高権力者であり絶対的な存在。身長数十メートルに及ぶ巨人で、その瘴気は立っているだけで周囲の建物を溶かす程強力である。
自らを追放したミカエルや神に対する憎しみは深く、再び黙示録戦争を起こし、神に対して復讐しようとしている。

一度はゴッドサイダーに復活を阻止されるが、パズスとの戦いの混乱に乗じて地上に復活をとげる。
復活した後はデビルサイダーに地上を支配させて圧制を敷くが、サタン自身は人間にあまり興味がないらしく、実際の統治はルキフグスやアスタロトなど配下に任せきりだった。
終盤では魔王子として覚醒した霊気(実際は演技)を迎え入れ、リリスらを連れて天界を襲撃、仇敵の大天使ミカエルと死闘を繰り広げるも、途中で真の敵である超高次元の魔神が正体を現したため戦いを中断。魔神との戦いで傷ついた霊気との融合を果たし、天使長ルシファーとして復活する。

霊気に対しては自らの息子として愛情に似た感情を持っているらしく、自分のもとに来るように何度も誘っている。サルガタナスの挑戦的な態度も「幕僚としての意見」として笑って流したり、何度も敵対した霊気をあっさり息子として迎え入れるなど、身内に対してかなり寛容な面が見られる。
(出典:Wikipedia「ゴッドサイダー」)
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 8,804 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,039 view
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト