おじさんがいないと始まらない~「ダイの大冒険」におけるおっさんキャラを考える~
2020年2月29日 更新

おじさんがいないと始まらない~「ダイの大冒険」におけるおっさんキャラを考える~

「ダイの大冒険」といえばクロコダイン談議になるのはなぜでしょう。今もやられキャラとしてネタになるほど愛されているクロコダインは、男気に溢れ、己の美学を貫こうと努力し続ける、かっこいい大人の男でした。そんな「ダイ」に登場する魅力的なおじさんキャラと、ダイの魅力をご紹介します。

168 view

DRAGON QUEST 「ダイの大冒険」とは

1989年から1996年までの間の7年間に渡り、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』として『週刊少年ジャンプ』にて連載された(全344話)。単行本は全37巻。2003年から2004年にかけて文庫化もされた(全22巻)。また、作品解説書『JUMP COMICS PERFECT BOOK 1』も1995年に刊行。アニメ化(テレビシリーズ、および劇場版作品3本)もされた。

Dragon Quest: Dai no Daibōken (ドラゴンクエスト・ダイの大冒険) - Opening TV - Yuusha yo Isoge !! -Jirou Dan - YouTube

 (1670185)

「ダイ」は友情、コンプレックスとの付き合い方、成長、男の在り方について教えてくれる漫画でした。
ふと気づくと何度も読み返し、話の展開は分かっているのに涙したり、感動したり、何回読んでも新しい発見がある素晴らしい漫画です。

アニメ化されましたが、こちらは残念ながら作画のほうがあまり良くなかった覚えがあります。
残念ながらTV局の改編のため「龍騎衆バラン編」の途中で終了してしまったのですが、再度リニューアルしてアニメ化してもらえないものでしょうかね。今年はドラクエ30周年の年でもありますし、ずっと読み継がれるべき漫画だと思います。三条陸先生&稲田浩司先生コンビの「冒険王ビィト」がこのほど連載再開されるということで、5月31日までダイ130話無料キャンペーンがありました(現在は終了)

ポップがどんどん強くなる過程や、ダイとの友情、敵とのバトルにも重きがおかれているのですが、作中どんどん重みを増していくのが、しぶいおじさんキャラです。「ダイ」は彼らの活躍も大きなウェイトをしめた漫画であり、敵、味方を問わず、魅力的な中年男性キャラが多く登場しました。
彼らを紹介しながら、ダイの魅力をお伝えしていきたいと思います。

通り名は「おっさん」 獣王クロコダイン

かっこいい!獣王クロコダイン

かっこいい!獣王クロコダイン

軍百獣魔を率いる団長で、ハドラーのあと、ダイたちの前に初めて立ちはだかる軍団長。
「我が名は獣王クロコダイン、魔軍司令ハドラー様が指揮する6軍団の一つ、百獣魔団の軍団長だ!」
名乗りは武人の嗜みです。でも次のセリフがすごい。「ハドラー様の勅命によりお前を討つ!」いや、殺す気で来てるじゃないですか!名乗っても意味ないんじゃ・・・と突っ込むとヒートブレスを浴びせられそうです。
屈辱の負傷・・・それが誇り高き男を変える

屈辱の負傷・・・それが誇り高き男を変える

ハドラー様から直々に討伐を命じられた対象、ダイ。侮った訳ではなかった。
しかし少年の稀有な才能と素質の前に、男は屈辱の敗退を喫する。
軍団長の誇りを汚されたクロコダインは「覚えていろよダイ・・・お前はオレの手で必ず殺す・・・必ずだ!」というセリフを残し、立ち去っていく。

葛藤を捨てられない潔癖な武人

誇りも名誉も失う・・・それだけは耐えられない

誇りも名誉も失う・・・それだけは耐えられない

軍団長ザボエラに、卑怯な手を使ってまでも勝つべきではないかと焚き付けられる。
あくまでも誇り高いクロコダインはそれを拒むのだが・・・「魔王軍に居場所がなくなるぞ・・・」
その一言に急所を突かれるクロコダイン。誇り高い武人であるとともに、人間くさい部分をもちあわせている。
ザボエラみたいな人っていますよね!クロコダインとて、魔王軍に所属する歯車であることを表している一コマ。汚れ仕事を躊躇う会社員のようでリアルですね。
己に対する怒りを爆発させる!!

己に対する怒りを爆発させる!!

人質を取るなど、自らの信念に背いた戦法をとったクロコダインは、武人として恥ずかしくないのか、と皆に責められ、怒りを爆発させる。これはふがいない己に対する怒りでもあるのだと思います。

「武勲のない武人など張り子の虎同然!何とでも言うがいい!誇りなど・・・とうに捨てたわッ!!」
己の信念に背いてまでも決して失いたくなかった武人としての武勲。生粋からの軍人なんですね。

しかしそんなクロコダインを利用して駒にしようとするザボエラ。
仲間を見捨てて自分だけぬくぬくと生きてるなんて・・・死...

仲間を見捨てて自分だけぬくぬくと生きてるなんて・・・死ぬよりカッコ悪ィやって・・・そう思っただけさ・・・

恐怖から一度はダイを置いて逃げたポップ。ニセ勇者のおじさんに励まされ、恐怖を堪えてクロコダインに立ち向かう。魔法力さえ尽きて、もう殺されるのを待つばかりのポップにクロコダインは問いかける。

ポップの言葉に思わず言葉を失うクロコダイン。
こんな無力な少年が、友情のため自らの命をかけて戦っている。それにひきかえ自分は何なのか。
軍人でありながら、卑怯な手を使って・・・と葛藤するクロコダイン。
「男の誇りを失ってまで得る価値のある勝利かっ・・・?」...

「男の誇りを失ってまで得る価値のある勝利かっ・・・?」と葛藤する

クロコダインの名言の一つだと思います。「勝つならば正々堂々と勝ちたい!」という潔癖さを持った軍人は、ハドラー軍においてはクロコダイン、ヒュンケル、バランなどの王道軍人タイプ。

その対極に位置するのが、ザボエラ、フレイザード、ミストバーンなどの性悪系軍人です。かれらにとって卑怯は褒め言葉です。陰謀、仲間を利用するなど、うまく渡っているタイプで、王道系軍人の潔癖さ、フェア精神、武士道すら彼らは利用するのです。

翻弄されるクロコダインの悲しさが現れたシーンです。
負けるなよ・・・勇者はつねに強くあれ・・・!

負けるなよ・・・勇者はつねに強くあれ・・・!

覚醒したダイによって一打を浴びせられたクロコダインは己の負けを悟り、自ら戦いに幕を引く。信念を曲げた償いのように、自ら崖から身を躍らせるのだった。

最後は誇り高く、自分らしさを貫こうとする名シーンです。かっこ良い男の引き際を教えてくれるシーン。

クロコダイン再び!

まさかの助っ人が!

まさかの助っ人が!

ヒュンケルとダイ一行が出会う。同じ師に学んだ兄弟子を、アバンの使徒の仲間と喜ぶダイたちだったが、ヒュンケルの正体は、ダイ抹殺命令を受けたハドラー軍不死騎団の団長だった。ヒュンケルは、ダイたちの甘さを切り捨て、ダイに一撃を浴びせたが・・・・!

なんと死んだと思っていた敵のクロコダインが自らの身を挺してダイを庇うのだった

なぜ元軍団長のクロコダインがダイを庇うのか・・・!理解できず、動揺するヒュンケルに、クロコダインは語り掛ける。
「人間は強い・・・そして優しい生き物だ!ともに力を合わせ喜びと悲しみを分かち合うことができる。
ただ強いだけのオレたち魔物とは違う・・・」
穏やかに説くクロコダインの言葉に、動揺を抑えきれないヒュンケル。
「その素晴らしさが・・・人間であるお前に分からぬはずがない・・・お前は見て見ぬふりをしているのではないのか・・・」
クロコダインの言葉は人間を憎んで生きてきたヒュンケルの胸を抉り、それを振り払うようにヒュンケルはクロコダインに斬りつける。
刃をあえて受ける

刃をあえて受ける

「ヒュンケル・・・いいぞ・・・人間は・・・今度生まれ変わるときは・・・俺も人間に・・・」
言い残して倒れるクロコダイン。
その言葉で揺さぶられた心を必死に押さえつけるヒュンケル。

刃を交えたことで相手を憎むのは簡単である。しかし相手を認め、「その相手のようになりたい」と願える者はどれほどいるのだろう。クロコダインの器の大きさが現れたシーン。
クロコダインはすでに彼が憧れる「人間」そのもの。誰よりも人間らしい心を持つ男だったのである。
伝播する魂

伝播する魂

軍団長フレイザードによって、死火山が活動を始める。
ダイたちを守るため、ヒュンケルは自らの身を挺してマグマに沈む。
人間を憎み、その感情に逃げ込んでいた自分の愚かさを恥じ、最後はせめて彼らを救いたいと心から願う。

「クロコダイン・・・今ならわかるお前の気持ちが・・・!この一瞬だけでいい!お前の剛力をオレに貸してくれ!」

クロコダインが命を懸けて訴えた言葉が、冷たく閉ざされていたヒュンケルの心に届き、伝播した名シーン。
出典 ameblo.jp
間違った判断をすることもある、けれどそれに囚われてはならない

間違った判断をすることもある、けれどそれに囚われてはならない

命を落としたと思われていたヒュンケルはクロコダインの手によって助け出される。
恩師の助けになるどころか、彼を恨み、魔王軍に入り弟弟子たちを殺そうとしてしまった自分。
いっそあのまま死んでいれば良かったと悔やむヒュンケルに、クロコダインは語り掛ける。

「オレは男の価値というのはどれだけ過去へのこだわりを捨てられるかで決まると思っている
たとえ生き恥をさらし万人にさげすまれようとも 己の信ずる道を歩めるならそれでいいじゃないか・・・」
小さなプライドに拘っていてはダメだと強く、しかし優しくクロコダインは語り掛けます。そうできるのは自分が間違った経験を重ねたから。

人は時に間違うこともある、しかし人はそれを間違っていたと認めることで、その行動を正しいものに変えることができる。おそらくクロコダインは、ヒュンケルがこのままで終わる男でない、ということを心から信じていたのだと思います。だからこそ、こうして言葉を掛けることができた。自分のことだけでなく、周囲にまで心が配れる男の優しさが溢れた名シーン。

クロコダイン感動の名場面②! ダイの大冒険 - YouTube

60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マニア感涙!ドラゴンボール「人造人間18号」のセクシーなフィギュアが登場!!

マニア感涙!ドラゴンボール「人造人間18号」のセクシーなフィギュアが登場!!

プレミアムバンダイより、漫画「ドラゴンボール」に登場する人気キャラクター・人造人間18号をフィギュア化した『HG GIRLS 人造人間18号』が、抽選販売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,167 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 1,135 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 2,062 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 1,282 view
ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 3,101 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト