me*meさんの記事

2000年に公開、『グラディエーター』――コモドゥスの統治で腐敗していくローマ帝国を止めるために戦う姿のマキシマスはかっこよかったですね。

2000年に公開、『グラディエーター』――コモドゥスの統治で腐敗していくローマ帝国を止めるために戦う姿のマキシマスはかっこよかったですね。

人望があり力があるがゆえに、望まぬ政争に巻き込まれる男、マキシマスの悲劇とも言える内容には悲しくも、正義心をもって戦い抜いたその姿は漢の中の漢でした。愚帝コモドゥスとの確執の戦闘シーンは心が震えましたね。そんな『グラディエーター』振り返ってみましょう!
me*me | 168 view
【幽☆遊☆白書】幻海、戸愚呂(弟)、仙水…彼らとともに生きた幽助の軌跡を辿る。人間/魔族どちらとして生きる?最終回は爽やかでしたね。

【幽☆遊☆白書】幻海、戸愚呂(弟)、仙水…彼らとともに生きた幽助の軌跡を辿る。人間/魔族どちらとして生きる?最終回は爽やかでしたね。

1990年代の週刊少年ジャンプを風靡した『幽☆遊☆白書』の主人公・幽助。彼の魅力の強さはいつの間にか仲間になってしまいたくなるほどの前向きさと裏表のない素直さ。そんな彼の魅力を振り返ってクローズアップしていきましょう。
me*me | 176 view
『あさきゆめみし』実は“三高”だった源氏の君の恋愛遍歴を探ってモテてみましょう

『あさきゆめみし』実は“三高”だった源氏の君の恋愛遍歴を探ってモテてみましょう

源氏の君はさまざまさまざまな女性を愛してきました。義理の母である、藤壷、年上の六条御息所、正妻の葵の上、行きずりの恋の相手・夕顔、不美人な末摘花、 朧月夜、流罪にされ出会った明石の御方、朝顔の姫君、玉蔓、秋好中宮(六条御息所の娘)、おっとりとした花散里、空蝉、三ノ宮などと遍歴の多かった 源氏の君はさまざまな美しい(中には美しくない女性を囲いましたが)女性を入れ食いしてきました。そんな源氏の君の魅力に迫りましょう。
me*me | 292 view
2000年に公開された「グラディエーター」 アカデミーを受賞した名優ラッセル・クロウの名演技に涙しました

2000年に公開された「グラディエーター」 アカデミーを受賞した名優ラッセル・クロウの名演技に涙しました

人望があり力があるがゆえに、望まぬ政争に巻き込まれる男、マキシマス(演:ラッセル・クロウ)の悲劇とも言える内容には悲しくも、正義心をもって戦い抜いたその姿は漢の中の漢でした。愚帝コモドゥス(演:ホアキン・フェニックス)との確執の戦闘シーンは心が震えましたね。そんな『グラディエーター』振り返ってみましょう!
me*me | 91 view
2000年に公開された『17歳のカルテ』――思春期に精神科病棟で過ごす彼女たちのヒューマンドラマでした

2000年に公開された『17歳のカルテ』――思春期に精神科病棟で過ごす彼女たちのヒューマンドラマでした

2000年に公開されたアメリカ映画。「カミソリは痛い、水は冷たい、薬は苦い、銃は違法、縄は切れる、ガスは臭い。生きてるほうがマシ」心が不安定な女の子たちの物語を、よどんだセピア色に展開されるものの、小さな力強い希望を貰えるそんな映画でした。
me*me | 147 view
女の嫉妬はなぜこんなにややこしいの?――『あさきゆめみし』から解く、六条御息所の自己肯定の弱さからくる嫉妬に燃え尽きてしまった恋物語

女の嫉妬はなぜこんなにややこしいの?――『あさきゆめみし』から解く、六条御息所の自己肯定の弱さからくる嫉妬に燃え尽きてしまった恋物語

80年代の月刊誌『mimi』にてあざやかに展開された『あさきゆめみし』。六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は年上の才女でしたね。教養深く筆も達筆で和歌もうまい。そんな気高い完璧な女性がなぜ年下の源氏の君に翻弄され挙句、自滅してしまったのでしょうか。そのわけを探っていきたいと思います。
me*me | 227 view
川原由美子の大人向け少女漫画『あなたに逢いたい』では舞台モノで、役者さんと恋できる内容でしたね。

川原由美子の大人向け少女漫画『あなたに逢いたい』では舞台モノで、役者さんと恋できる内容でしたね。

前略ミルクハウスや観用少女で定評のある川原由美子さんはこんな作品も生み出しておりました。『あなたに逢いたい』。今回は、当て馬役の沢中くんに触れてみましょう。
me*me | 122 view
チェッカーズの楽曲「あの娘とスキャンダル」を元にした恋愛漫画『あなたとスキャンダル』

チェッカーズの楽曲「あの娘とスキャンダル」を元にした恋愛漫画『あなたとスキャンダル』

チェッカーズ初の主演映画の曲「あの娘とスキャンダル」をもとにした椎名あゆみさんの『あなたとスキャンダル』。同性愛ものがほのかに含んでいますが人を好きになるときに男女関係なく理由はいらない…同性だと知ってもめげず諦めない友香を追っていきましょう。
me*me | 205 view
2000年公開された『オータム・イン・ニューヨーク』――プレイボーイな中年男性と余命幾ばくもない少女との切ない愛の物語でしたね

2000年公開された『オータム・イン・ニューヨーク』――プレイボーイな中年男性と余命幾ばくもない少女との切ない愛の物語でしたね

2000年に公開された『オータム・イン・ニューヨーク』は、親子のほど離れている恋物語でしたが、設定の中身が一味違いましたね。プレイボーイの中年が一回り下の(実は余命幾ばくもない)女性を愛するお話でした。
me*me | 68 view
2000年に公開『M:I-2(ミッション:インポッシブル2)』、愛する女を命がけで助けるイーサンを演じたトム・クルーズは最高にかっこよかったですね!!!

2000年に公開『M:I-2(ミッション:インポッシブル2)』、愛する女を命がけで助けるイーサンを演じたトム・クルーズは最高にかっこよかったですね!!!

トム・クルーズといえば、人を惹きつけてやまないカリスマ性がございますね。そんなトム・クルーズに熱狂したファンも少なくはないのではないでしょうか!?今回は彼のどんどんカッコよくなっていく愛する女を守るための快進撃とそのサバイバル&行動力に触れてみませんか?
me*me | 82 view
1962年公開『噂の二人』オードリー・ヘップバーンとシャーリー・マクレーンの残酷で美しい同性愛を描いた映画!

1962年公開『噂の二人』オードリー・ヘップバーンとシャーリー・マクレーンの残酷で美しい同性愛を描いた映画!

「愛するだけでも罪なのですか?」と訴えかけてくる映画、『噂の二人』。そんなことを考えさせられる内容でした。カレン扮するオードリー・ヘップバーンが一本道を颯爽と歩くシーンは、社会の変革に先駆ける女性を表しているようでしたね。そんな彼女の美しさは今も輝いています。
me*me | 1,077 view
フィギュアスケートの曲にも使われた!トリスタンの生きざまをとくと見よう!――『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』

フィギュアスケートの曲にも使われた!トリスタンの生きざまをとくと見よう!――『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』

1994年に公開された、『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』。エデンの東をほうふつとさせる一家間の愛憎劇をドラマティックに仕立て上げられたこの映画でブラピが挑んだ、一人の青年の生きざまは胸を焦がしてくれました。そんな作品をいまひとたび振り返ってみませんか。
me*me | 427 view
「バックトゥザフューチャー」や「フォレストガンプ」の監督が手掛けた『キャスト・アウェイ』ー無人島への漂着、生き抜いた男性の人生とは―

「バックトゥザフューチャー」や「フォレストガンプ」の監督が手掛けた『キャスト・アウェイ』ー無人島への漂着、生き抜いた男性の人生とは―

「フォレスト・ガンプ」の監督が贈る『キャスト・アウェイ』。ある日、あなたが無人島に漂着したら――。そんな過酷の中でも、“生きる”とは、“希望を持つ”ということは、一体何なのか、それをを体現したチャック演じる「トム・ハンクス」の演じ様を振り返りましょう。
me*me | 820 view
90年代に人気だった幽☆遊☆白書の魅力的な敵キャラをまとめてみた

90年代に人気だった幽☆遊☆白書の魅力的な敵キャラをまとめてみた

90年代人気漫画『幽☆遊☆白書(通称・幽白)』!幽助たちが戦ってきた敵キャラクターにはかつては正義漢であったもの、さまざまな“弱さ”にうちひしがれて己に絶望したがゆえに敵と化したキャラクターがいます。(中にはどうしようもねえってくらいにグズもいます。)そんなキャラの台詞を追って、妄想に馳せましょう。そしてその原動力を@次創作に……!
me*me | 7,619 view
あなたはどこ?私に見せるあなたも演技?――川原由美子さんが少女を通して描いた大人の青年の揺れ動く心『あなたに逢いたい』

あなたはどこ?私に見せるあなたも演技?――川原由美子さんが少女を通して描いた大人の青年の揺れ動く心『あなたに逢いたい』

舞台モノ『あなたに逢いたい』は川原由美子さんの隠された名作でしたね。当時は結ばれなかった二人の関係を今となって読み返すと、ヒロインの立場のみに留まらず、一人の男性の葛藤も味わい深く味わえるようになったのではないでしょうか。
me*me | 655 view
宝塚出演でTVドラマ化もされていた!大和和紀さんが送るラブコメディ王朝物語『ラブパック』

宝塚出演でTVドラマ化もされていた!大和和紀さんが送るラブコメディ王朝物語『ラブパック』

大和和紀さんといえば、王朝物語が有名ですね。あさきゆめみしが出てくるところですが、今回は元となったと思われる、また趣向が違ったラブコメディ『ラブパック』を知ってる方も知らない方も懐かしんでみませんか。
me*me | 656 view
大逆転劇!バック・トゥ・ザ・フューチャーの登場人物・ドクの華麗な生きざま

大逆転劇!バック・トゥ・ザ・フューチャーの登場人物・ドクの華麗な生きざま

何度も観返してもドキドキハラハラされられる、BTTF!じっくり観れば観るほど、ヒルバレーでは変人扱いされていたドクの華麗なる痛快な逆転劇がかっこよく見えてしまいますね。今回はそんなドクをクローズアップしたいと思います。
me*me | 3,234 view
現代版のシンデレラ・ストーリー『プリティ・ウーマン』は刺激的な内容てんこもりでしたが、実はディズニー映画だと知っていましたか?

現代版のシンデレラ・ストーリー『プリティ・ウーマン』は刺激的な内容てんこもりでしたが、実はディズニー映画だと知っていましたか?

大人のシンデレラストーリーバージョン『プリティ・ウーマン』はむくつけな欲望をほしいままに描いていましたのがちょっぴしショックでしたが、二人の恋物語はとても見ごたえがありましたね!そんなロバーツ・ジュリアの出世作となった『プリティ・ウーマン』を振り返りましょう!
me*me | 1,795 view
『神風怪盗ジャンヌ』ヒロイン・まろんとヒーローの稚空(ちあき)の微エロな恋の行方にはドキドキハラハラさせられましたね

『神風怪盗ジャンヌ』ヒロイン・まろんとヒーローの稚空(ちあき)の微エロな恋の行方にはドキドキハラハラさせられましたね

りぼんっ子ではおなじみ、種村有菜さん。彼女の作風はなぜかノスタルジックな雰囲気を感じさせられる彩りでしたね。りぼんと言えば男女間の恋模様。『怪盗ジャンヌ』では、稚空のエロいセリフに翻弄されまくったまろんはとても可愛く、二人の関係はりぼんにしてはギリギリな表現があり、えっちな妄想をかき立てられたのでは?
me*me | 4,128 view
「お嫁さんになってあげる!」「成長したらまたこいよチビスケ!」 小学6年生と中学3年生のラブストーリー『ベイビィ★LOVE』

「お嫁さんになってあげる!」「成長したらまたこいよチビスケ!」 小学6年生と中学3年生のラブストーリー『ベイビィ★LOVE』

「お嫁さんになってあげる!」に気軽な気持ちで「うんと大きくなったらな」と答えた柊(しゅう)ちゃん。 うんと大きくなって約束を果たしに来たヒロイン・せあら。彼女のアプローチの日々が続く!その結末は!?
me*me | 910 view
ジョジョ第三部の「空条」と「ジョセフ」のあのシーンは私たちに秘めていた腐女(男)子心を燃えさせてくれましたね。

ジョジョ第三部の「空条」と「ジョセフ」のあのシーンは私たちに秘めていた腐女(男)子心を燃えさせてくれましたね。

ジョジョと言えば、“スタンド”!ジョジョといえば、“週刊少年ジャンプ”。ジョジョと言えばそう……男同士の語らい。男同士の語らいといえば、BL(ボーイズ・ラブ、男性同士の恋愛)。腐女(男)子の得意技はホモじゃない男をBLに変換して読める技を習得していますが、今回取り上げるシーンは私たちの中にあるBL心を彷彿させてくれました!ではいざ!
me*me | 5,133 view
フラれても負けじと猛アピールをするモテ男の岡村誉くん。椎名あゆみさん作品!『無敵のヴィーナス』

フラれても負けじと猛アピールをするモテ男の岡村誉くん。椎名あゆみさん作品!『無敵のヴィーナス』

『無敵のヴィーナス』である意味暗躍したのは誉くんではないでしょうか。今回は、ケンカップルの脇で引き立て役になっている彼の見逃しがちな彼の魅力を振り返ってみませんか?
me*me | 896 view
男勝りの女の子がドタバタ活躍!椎名あゆみさん――『無敵のヴィーナス』

男勝りの女の子がドタバタ活躍!椎名あゆみさん――『無敵のヴィーナス』

ケンカップルといえば、『1/2らんま』のあかねちゃんと乱馬を思い出す方は多いんではないんでしょうか。今回は『りぼん』で活躍したケンカップルをクローズアップしたいと思います。
me*me | 1,185 view
男女の双子のシスコン弟が妹として女装して学校に通う四角形のラブコメ!――『ミントな僕ら』

男女の双子のシスコン弟が妹として女装して学校に通う四角形のラブコメ!――『ミントな僕ら』

女装ものといえば『艶姿純情BOY』、『らんま1/2』、『ストップ!!ひばりくん!』、『前略ミルクハウス』、『幽☆遊☆白書』でも『ジョジョの奇妙な冒険』でもありましたね。今回は少女漫画『ミントな僕ら』をクローズアップしたいと思います。
me*me | 1,952 view
『君しかいらない』んだ。だって君は運命の人だから――バツイチ女子高生に恋する男子高生を描いた吉住渉さん作品!

『君しかいらない』んだ。だって君は運命の人だから――バツイチ女子高生に恋する男子高生を描いた吉住渉さん作品!

お互いのパートナーを交換して再婚した『ママレード・ボーイ』の設定は強力でしたね。今回の作品も強力な設定のキャラクターが登場します。バツイチの女子高生と初心な男子高生の恋模様を描いた作品……これはほんとにりぼんで出てきたのでしょうか…(笑)
me*me | 3,016 view
48 件