日本沈没、大地震、新幹線大爆破…70年代半ばに大流行した「パニック映画」
2019年11月11日 更新

日本沈没、大地震、新幹線大爆破…70年代半ばに大流行した「パニック映画」

オイルショックなどの社会不安の中、70年代半ばに大流行した「パニック映画」。当時日本で流行した作品をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

2,393 view

70年代半ばに大流行した「パニック映画」

皆さんは70年代半ばに大流行した「パニック映画」を覚えていますでしょうか?パニック映画とは、災害などの異常事態が発生し、それに立ち向かっていく人間模様をテーマにした映画のこと。日本においては高度経済成長が一段落し、オイルショックによる社会不安が高まった70年代前半から後半にかけて、洋画・邦画問わず多数のパニック映画がヒットしました。この記事では、当時日本で流行したパニック映画からいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
 (2150038)

1973年に刊行され、驚異的なヒットを記録した五島勉の著書「ノストラダムスの大予言」。この書に代表されるように、ある種の終末感が日本を覆っていたのが70年代半ばという時代でした。

日本沈没

1973年公開の映画「日本沈没」。小松左京による同名小説を映画化したもので、日本列島が地殻変動及び地震により沈没していくさまを描いた、パニック映画の代表作とも言える作品です。小林桂樹、丹波哲郎、藤岡弘といった当時の人気俳優が数多く出演。本作では、ただパニックとなった人々を描くのみならず、国土を失った人々がその後もたくましく生きていこうとする姿勢も描写しており、娯楽性とともにメッセージ性も高い作品となっています。本作は国内で800万人を超える観客を動員、配給収入も16億円を超えるなど、1974年の邦画部門配給収入ランキングで堂々の1位を獲得しました。
 (2150039)

大地震

1974年に公開された映画「大地震」。ハリウッドにおけるパニック映画ブームを代表する作品のひとつで、“センサラウンド”と呼ばれる地震の疑似体験音響が採用され、劇中に自分がいるかのような臨場感あふれる音響が大きな話題となりました。そして「ベン・ハー」のチャールトン・ヘストン、「北京の55日」のエヴァ・ガードナー、西部劇「ボナンザ」のローン・グリーンといったオールスターキャストの出演もあり、1974年における映画の世界興行成績では第6位を記録、日本でも翌1975年度の外国映画配給収入で第2位を記録しました。
 (2150040)

新幹線大爆破

1975年公開の映画「新幹線大爆破」。1994年の映画「スピード」を彷彿とさせる「新幹線が走行速度80km/hを下回ると爆発する」という状況下での、犯人と国鉄・警察サイドの攻防に当時の日本は熱狂しました。高倉健、丹波哲郎、宇津井健、千葉真一といった当時の日本映画界のオールスターキャストが出演しただけでなく、犯人の犯行動機から読み取れる高度経済成長期への批判を暗示するなど、社会派な一面も垣間見える作品でした。
 (2150041)

東京湾炎上

1975年に公開された「東京湾炎上」。前述の映画「日本沈没」のヒットに加え、当時は石油タンカーの爆発事故が相次いでいた時期でもあったことから製作された映画で、シージャックされた20万トンの巨大タンカー「アラビアンライト号」における、犯人グループと乗組員・日本政府の攻防を描いています。丹波哲郎、藤岡弘、宍戸錠、水谷豊といった錚々たる面子が出演し、また7メートルを超える巨大セットの「アラビアンライト号」や、様々な薬品・火薬を調合しての大爆発の演出など、当時の特撮ファン垂涎の作品となりました。
 (2150052)

ノストラダムスの大予言

1974年公開の映画「ノストラダムスの大予言」。「日本沈没」のヒットにより生まれた東宝製作のパニック映画第2弾として上映され、当時ベストセラーを記録した五島勉による同名書籍を原作としています。寒天で海を制作することで赤潮を表現したり、山林が枯死するシーンを山のセットに希硫酸をかけて再現するなど、CG技術が未発達だった時代ならではのエピソードが多数残されています。このようなセットへのこだわりは、娯楽作品でありながらも「環境問題への警告」というテーマが本作に設定されていたためかもしれません。
 (2150067)

ジョーズ

1975年公開の映画「ジョーズ」。原作は1974年のピーター・ベンチリーによる同名小説で、当時若干28歳の若手監督であったスティーヴン・スピルバーグの名前を世に知らしめた作品として有名です。平和なビーチに現れた人食い鮫の恐怖、そしてそれに立ち向かう人間の奮闘を描いた、70年代におけるパニック映画の代表作と言えます。日本だけでも配給収入が50億円を突破する世界的ヒット作であり、翌1976年の第48回アカデミー賞においては作曲賞、音響賞、編集賞をそれぞれ受賞しています。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

ミドルエッジ男子必見!1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして蘇りました。
隣人速報 | 8,856 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 523 view
少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家で知られるいがらしゆみこが、銀座のランドマークのひとつ「GINZA SIX」6Fのプレミアムフードホール「銀座大食堂- GINZA GRAND Premium Food Hall -」にて、期間限定カフェをオープンしました。
隣人速報 | 621 view
70年代に日本を席捲した「アグネス・ラム」の2020年版カレンダーが発売されます!!

70年代に日本を席捲した「アグネス・ラム」の2020年版カレンダーが発売されます!!

70年代後半のアイドル界を席巻し、元祖グラビアアイドルとも称されるアグネス・ラムのカレンダーの最新版「アグネス・ラム 2020年 カレンダー」の発売が決定しました。発売予定日は10月12日。
隣人速報 | 7,077 view
ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

太田出版より、ミドルエッジ男子であれば誰もがお世話になった“エロ本”の歴史を特集した書籍「日本エロ本全史」が現在好評発売中です。
隣人速報 | 18,441 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト