【訃報】俳優の菅井きんさん92歳で死去。「必殺仕置人」の姑役、「家なき子」のババア役、「太陽にほえろ!」「砂の器」「功名が辻」など。
2018年8月23日 更新

【訃報】俳優の菅井きんさん92歳で死去。「必殺仕置人」の姑役、「家なき子」のババア役、「太陽にほえろ!」「砂の器」「功名が辻」など。

俳優、名脇役で知られる菅井きんさんが8月10日に亡くなっていたことが公表された。心不全だった。

894 view

【訃報】菅井きんさん亡くなる

 女優として名脇役として知られる菅井きんさんが8月10日に亡くなっていたことが事務所により公表された。
 通夜、葬儀はすでに行われており、お別れ会などが開催される予定は今のところ無いという。

菅井きんさんの活躍

 菅井きんさんは1926年生まれ。《昭和》が始まるのは1926年12月25日からなので、厳密には大正15年生まれということになる。東京がまだ《東京府》と呼ばれていた時代だ。

 OLとしての生活を経てから昭和21年《劇団俳優座》に所属。その後、監督にスカウトされて映画に出演。1951年の「風にそよぐ葦」が映画デビュー作品となった。
風にそよぐ葦

風にそよぐ葦

 名脇役としての活躍はこの頃からすでに始まっており、例えば1954年の初代「ゴジラ」では《代議士》として出演している。これは出番こそ多くないものの個性と迫力あるキャラクターで、憶えているという方がけっこうおられるようだ。
 1973年になると「必殺仕置人」シリーズに準レギュラー出演。中村主水の姑《中村せん》役である。
 こちらも物語の中心になったり殺陣に登場したりという事は少ないものの、話の最初や最後で「むこ殿!」と叱りつける台詞は多くの人の印象に残っている。
 wikiによると、
この役があまりに有名になり、「せん役のイメージのせいで、娘の縁談に支障が出る」と降板を願い出たことがある
 という話まであったらしい。もっともこの件は、娘さんが結婚したことで降板しなくても良くなった――というオチがついている。

 また「太陽にほえろ!」でもジーパン(柴田刑事)の母親という、主人公に近い役を演じている。
太陽にほえろ!

太陽にほえろ!

 1994年の「家なき子」、2000年のドラマ「トリック」などでは悪役的な立ち位置にあり、その演技力と迫力を十分に見せつけてくれた。
 《善も悪も抱えている》のような多面性のある人物がひじょうに巧みで、2006年の大河ドラマ「功名が辻」の豊臣秀吉の母親(大政所)役はキャスティングとしてクリーンヒットだったろう。

 彼女は大河ドラマとよく関わっていた。
 1968年の「竜馬がゆく」から2010年「龍馬伝」まで、合計6本の大河ドラマに出演している。なかには「樅ノ木は残った」のような傑作大河も含まれている。
樅ノ木は残った

樅ノ木は残った

 受賞歴としては1984年の報知映画賞最優秀助演女優賞、翌85年の日本アカデミー賞最優秀助演女優賞がある。そのキャリアの豊かさは日本でも指折りで、1990年の紫綬褒章、1996年の勲四等宝冠章も受章。


 その経歴の豊かさに反して、主演であった事は一度しか無い。
 それは2008年「ぼくのおばあちゃん」での事で、当時の《世界最高齢映画主演女優》としてギネス記録になっていた。
ぼくのおばあちゃん

ぼくのおばあちゃん

18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 1,255 view
昭和を代表するホームドラマ 「時間ですよ 第2シリーズ」がBS12で放送開始!無料で観れます!

昭和を代表するホームドラマ 「時間ですよ 第2シリーズ」がBS12で放送開始!無料で観れます!

全国無料放送のBS12トゥエルビは、昭和の名作ドラマで好評の<嗚呼!日本のこころ>シリーズにて、ドラマ「時間ですよ第2シリーズ」の放送を決定しました。放送日程は2018年10月3日(月)夜8時00分から。
隣人速報 | 1,453 view
【訃報】「エコエコアザラク」の漫画家・古賀新一さんが死去。過去の映像作品も振り返ります。

【訃報】「エコエコアザラク」の漫画家・古賀新一さんが死去。過去の映像作品も振り返ります。

70年代のホラー漫画の金字塔「エコエコアザラク」の作者として知られる漫画家・古賀新一さんが、3月1日に病気のため死去していたことが明らかとなりました。81歳でした。
隣人速報 | 2,200 view
【追悼】2017年、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

【追悼】2017年、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

2017年、今年も昭和を代表する多くのスターがお亡くなりになりました。ドラゴンボールでお馴染みの鶴ひろみさんや、大女優・野際陽子さんなど、今年亡くなった方々を振り返ります。
隣人速報 | 6,641 view
沖雅也『太陽にほえろ!』スコッチ刑事の真相とエピソード

沖雅也『太陽にほえろ!』スコッチ刑事の真相とエピソード

1970年代から80年代にかけて活躍した、二枚目俳優の沖雅也の生い立ちから自死するまでの記録をたどってみた。乗っていたクルマ。養父の日景忠男や同性愛疑惑、沖雅也に関するエピソードを紹介したい。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト