奇才・諸星大二郎「暗黒神話」は週刊少年ジャンプで連載されていた!
2016年3月19日 更新

奇才・諸星大二郎「暗黒神話」は週刊少年ジャンプで連載されていた!

カルトな人気を誇る諸星大二郎先生。近年は、青年誌やホラー誌で発表されることが多いのですが、デビューしてすぐの頃発表された「暗黒神話」は週刊少年ジャンプで発表されていました。

7,258 view

諸星大二郎先生

http://ord.yahoo.co.jp (1606844)

1970年「COM」でデビュー。
漫画家歴46年のベテラン先生です。
あらためまして、諸星大二郎先生はどのような作品を発表されているかと言いますと、代表的なのは「妖怪ハンター」「西遊妖猿伝」「栞と紙魚子」などあります。
短編も非常に面白く、多くの短編集が発行されています。
主に、古代中国や日本の書物をもとにイメージをふくらませたもの、それ以外もどれも奇妙で不思議なお話が多いです。
そのため、ホラーや奇妙な話を愛好する読者から絶大な支持を集めています。

「暗黒神話」

http://ord.yahoo.co.jp (1606853)

週刊少年ジャンプで1976年、全6話掲載。
コミックスは全1巻。
この「暗黒神話」は諸星先生の長い漫画家人生の初期に描かれた作品ですが、この時から、古事記・日本書紀を題材に、奇妙で壮大なストーリーを描かれています。
週刊少年ジャンプに、このような作品が掲載されていたとは、現在のジャンプからは信じられないことに思えます。
諸星先生が新書判のあとがきで「1年半かけて構想したのに、6週で終わって拍子抜けした」とおっしゃっていますが、この独特の諸星ワールドはジャンプ読者には向かなかったのかもしれません。

主な登場人物

武

幼い頃、父が殺されその謎を追ううちに、次第にヤマトタケルの生まれ変わりとわかります。
出典 naruseriri
竹内

竹内

ヤマトタケルの伝承に詳しい老人。
作品の中で解説の役割をしてくれています。
出典 naruseriri
菊池彦

菊池彦

古代縄文人の血を引きます。
実は武の父を殺した犯人。
出典 naruseriri

あらすじ

父の残した書物と絵を手がかりに、武は西日本にある遺跡や古墳をめぐります。
その度に不思議な出来事や化物が現れ、なぜか体に聖痕ができていきます。
http://ord.yahoo.co.jp (1606870)

こんな化物が出ます。
そして、武がヤマトタケルの転生した者だとわかり、邪馬台国の謎が判明していく中、父の敵・菊池彦を倒します。
そして壮大すぎるラストページはこちら。
naruseriri (1606877)

「武は五十六億七千万後の未来で弥勒になったのかもしれない・・・」
出典 naruseriri
仏教の話になっていきます。
こんな壮大なスケールの話を、たった6話に収めたのですから、情報がたくさん盛り込まれていて、テーマに興味がない人には、ちょっと読みにくい作品かもしれません。
それが6話で終わった原因かはわかりませんが、それでも諸星先生はその後、ジャンプ以外の場でも徹底して自分の作品の赴きを変えたりしません。
いわゆる王道の、バトル、スポーツ、恋愛などは描かず、ひたすら古代や宇宙、近年では童話をモチーフに奇妙な物語を発表して、私たちを楽しませてくれます。
この話が76年にジャンプに掲載された時には、まさにそんな驚きを味わったものです。まあ多感な青春時代でもあったのですが、私の父親もこの話にどっぷり浸かってしまって、スクラップにした連載ページをずいぶん何度も二人で読み返したものです。私の友人は、この本が元で日本古代史に興味を持ったあげく、大学で神主の勉強を始めてしまいました。
すごいね、これ!
ちりばめられたいくつもの事項が収束するところは、まるで上質のミステリみたいだ。
何より、細部のつじつまがきちんと合っている。
こんな破綻のない物語を作る能力って、どうなってるんだろうと思うよ。
いろんな制限があったであろう週刊少年誌の連載で、よくここまでストーリーを書き込めたものだと思います。今だったら10巻くらいかけてじっくり読ませてもらいたいですね。
レビューを見ましても、諸星先生のファンの熱さを感じます。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 600 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 998 view
ニコチャン大王という摩訶不思議な生き物に関する考察と奇妙な偶然。

ニコチャン大王という摩訶不思議な生き物に関する考察と奇妙な偶然。

「ニコチャン大王」、かつての大人気マンガ「Dr.スランプアラレちゃん」に登場するユニークなキャラクターたちの中でも一際異彩を放つこの生き物についての考察。そして同じような構造をしたプリプリマンや後の時代に登場する変態仮面について。
青春の握り拳 | 83,428 view
「スラムダンク-あれから10日後-」人気絶頂時に連載終了、日常に戻った主人公たちの姿を描く。

「スラムダンク-あれから10日後-」人気絶頂時に連載終了、日常に戻った主人公たちの姿を描く。

1990年代ジャンプ黄金期の一角「SLAM DUNK」は一大バスケブームを生み出すほどの人気を誇りました。クライマックスはインターハイ2回戦山王工業高校との一戦、そこで劇的な勝利を収めたものの物語はあっさりと終了。まさに人気絶頂期での終了でした。20年以上にわたって続く「その後」への期待ですが、これまでに唯一描かれた「あれから10日後」についてご紹介します。
青春の握り拳 | 27,489 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 834 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト