奇才・諸星大二郎「暗黒神話」は週刊少年ジャンプで連載されていた!
2016年3月19日 更新

奇才・諸星大二郎「暗黒神話」は週刊少年ジャンプで連載されていた!

カルトな人気を誇る諸星大二郎先生。近年は、青年誌やホラー誌で発表されることが多いのですが、デビューしてすぐの頃発表された「暗黒神話」は週刊少年ジャンプで発表されていました。

6,417 view

諸星大二郎先生

http://ord.yahoo.co.jp (1606844)

1970年「COM」でデビュー。
漫画家歴46年のベテラン先生です。
あらためまして、諸星大二郎先生はどのような作品を発表されているかと言いますと、代表的なのは「妖怪ハンター」「西遊妖猿伝」「栞と紙魚子」などあります。
短編も非常に面白く、多くの短編集が発行されています。
主に、古代中国や日本の書物をもとにイメージをふくらませたもの、それ以外もどれも奇妙で不思議なお話が多いです。
そのため、ホラーや奇妙な話を愛好する読者から絶大な支持を集めています。

「暗黒神話」

http://ord.yahoo.co.jp (1606853)

週刊少年ジャンプで1976年、全6話掲載。
コミックスは全1巻。
この「暗黒神話」は諸星先生の長い漫画家人生の初期に描かれた作品ですが、この時から、古事記・日本書紀を題材に、奇妙で壮大なストーリーを描かれています。
週刊少年ジャンプに、このような作品が掲載されていたとは、現在のジャンプからは信じられないことに思えます。
諸星先生が新書判のあとがきで「1年半かけて構想したのに、6週で終わって拍子抜けした」とおっしゃっていますが、この独特の諸星ワールドはジャンプ読者には向かなかったのかもしれません。

主な登場人物

武

幼い頃、父が殺されその謎を追ううちに、次第にヤマトタケルの生まれ変わりとわかります。
出典 naruseriri
竹内

竹内

ヤマトタケルの伝承に詳しい老人。
作品の中で解説の役割をしてくれています。
出典 naruseriri
菊池彦

菊池彦

古代縄文人の血を引きます。
実は武の父を殺した犯人。
出典 naruseriri

あらすじ

父の残した書物と絵を手がかりに、武は西日本にある遺跡や古墳をめぐります。
その度に不思議な出来事や化物が現れ、なぜか体に聖痕ができていきます。
http://ord.yahoo.co.jp (1606870)

こんな化物が出ます。
そして、武がヤマトタケルの転生した者だとわかり、邪馬台国の謎が判明していく中、父の敵・菊池彦を倒します。
そして壮大すぎるラストページはこちら。
naruseriri (1606877)

「武は五十六億七千万後の未来で弥勒になったのかもしれない・・・」
出典 naruseriri
仏教の話になっていきます。
こんな壮大なスケールの話を、たった6話に収めたのですから、情報がたくさん盛り込まれていて、テーマに興味がない人には、ちょっと読みにくい作品かもしれません。
それが6話で終わった原因かはわかりませんが、それでも諸星先生はその後、ジャンプ以外の場でも徹底して自分の作品の赴きを変えたりしません。
いわゆる王道の、バトル、スポーツ、恋愛などは描かず、ひたすら古代や宇宙、近年では童話をモチーフに奇妙な物語を発表して、私たちを楽しませてくれます。
この話が76年にジャンプに掲載された時には、まさにそんな驚きを味わったものです。まあ多感な青春時代でもあったのですが、私の父親もこの話にどっぷり浸かってしまって、スクラップにした連載ページをずいぶん何度も二人で読み返したものです。私の友人は、この本が元で日本古代史に興味を持ったあげく、大学で神主の勉強を始めてしまいました。
すごいね、これ!
ちりばめられたいくつもの事項が収束するところは、まるで上質のミステリみたいだ。
何より、細部のつじつまがきちんと合っている。
こんな破綻のない物語を作る能力って、どうなってるんだろうと思うよ。
いろんな制限があったであろう週刊少年誌の連載で、よくここまでストーリーを書き込めたものだと思います。今だったら10巻くらいかけてじっくり読ませてもらいたいですね。
レビューを見ましても、諸星先生のファンの熱さを感じます。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
【後編】「週刊少年ジャンプ」創刊50周年を記念したニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータをミドルエッジ世代の三人がプレーしてみた!

【後編】「週刊少年ジャンプ」創刊50周年を記念したニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータをミドルエッジ世代の三人がプレーしてみた!

あの懐かしの名作「ファミコンジャンプ」を筆頭にジャンプ黄金世代を彩った作品をゲーム化したものが収録されているミニファミコン。「ミニファミコン少年ジャンプ記念バージョン」のレビューを沼田さんの漫画と共にお届けします!
沼田健 | 2,875 view
ジョジョ第三部の「空条」と「ジョセフ」のあのシーンは私たちに秘めていた腐女(男)子心を燃えさせてくれましたね。

ジョジョ第三部の「空条」と「ジョセフ」のあのシーンは私たちに秘めていた腐女(男)子心を燃えさせてくれましたね。

ジョジョと言えば、“スタンド”!ジョジョといえば、“週刊少年ジャンプ”。ジョジョと言えばそう……男同士の語らい。男同士の語らいといえば、BL(ボーイズ・ラブ、男性同士の恋愛)。腐女(男)子の得意技はホモじゃない男をBLに変換して読める技を習得していますが、今回取り上げるシーンは私たちの中にあるBL心を彷彿させてくれました!ではいざ!
me*me | 3,368 view
あなたは内に秘めたる激情を持つシーザー派?剽軽(ひょうきん)で多彩な表情を見せるジョセフ派?

あなたは内に秘めたる激情を持つシーザー派?剽軽(ひょうきん)で多彩な表情を見せるジョセフ派?

1980年代の少年週刊ジャンプを圧巻させた『ジョジョの奇妙な冒険』。第二部の主要キャラ、シーザーとジョセフ。二人の結びついた絆は男子心をめらめらと燃えさせた漫画でしたね。女子にとっては、やはり甲乙つけがたいところですが、彼らの魅力っぷり。男としてのカッコよさを見てしまうのが乙女心ですね。今回は二人の魅力ポイントを振り返りましょう!
me*me | 701 view
知らざあ言って聞かせやしょう!友の仁道に生き、恋の仁道にも生きる!ー90年代の少年ジャンプ連載「幽☆遊☆白書」の桑原!その真髄がわかった私達を振り返ってー

知らざあ言って聞かせやしょう!友の仁道に生き、恋の仁道にも生きる!ー90年代の少年ジャンプ連載「幽☆遊☆白書」の桑原!その真髄がわかった私達を振り返ってー

1990年代で人気を圧巻した『幽☆遊☆白書』内、名!脇役キャラクター桑原和真。幽☆遊☆白書は飛影・蔵馬が有名で主人公さしおいて人気を集めますが、忘れてはならない桑原和真くん。彼の魅力にはっと気づいたとき、わたしたちはすっかり大人になってしまいました。今回は彼の人間味溢れる魅力を知らぬなら言って聞かせましょう!彼の仁道を!
me*me | 1,339 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト