昭和の素敵が漂う東京のオーセンティックバー
2022年3月12日 更新

昭和の素敵が漂う東京のオーセンティックバー

仲の良い友人や恋人と美味しい食事を楽しんだ後は、素敵なバーに行きましょう。本格時なバーに迷いもなく行ける人は、意外と少ないのではないでしょうか。友達や恋人を連れて、オーセンティックバーに一歩入れば、あなたのセンスの良さに友人も恋人も大感激すること間違いなしです。因みにオーセンティックバーとは、本格的なバーのことをいいます。素敵な大人なら、切り札となるお店を押さえておきたいところ。今回は、知っていれば得をする東京のバーのご案内です。

660 view

『Bar 石の華』(渋谷)

【息を呑む150秒】バーテンダー世界チャンピオンの石垣忍さん、1杯のカクテルができるまで。Ishinohana Bar ,Tokyo, Japan

東京でも有数の繁華街である渋谷にあるのが「Bar 石の華」です。渋谷駅の東口から歩いて5分ほどのところに位置する、ビルの地下一階にある静かなバー。評判のクラシックカクテルから、毎月変わるというオリジナルカクテルまで揃い、世界最高峰の1杯が楽しめます。そして、そのすべてが高水準という、最高のオーセンティックバーなんです。

こちらでオーナーバーテンダーをしてるのが石垣忍さん。毎年開催される国際バーテンダー協会公認の世界大会、2005年の大会に日本代表として出場し、最も権威のあるシニア部門(29歳以上)で優勝を果たした人。当然に、日本を代表するバーテンダーの1人です。そんな石垣氏が作り出すカクテルは、もう他のお店ではカクテル飲めないと思ってしまうほどの繊細さ。

3 Types of Cocktails / World Best Bartender Shinobu Ishigaki 3種類のカクテル / 渋谷 石の華 バーテンダー 石垣忍

「Bar 石の華」飲まないと後悔する一杯が、カクテルの王様「マティーニ」です。ドライジンとフレンチベルモットで仕上げる透明感が素敵な一杯です。ほどよい苦味と爽やかな香り、まさにキング・オブ・カクテルですね。時間をゆっくりと楽しむ感じで過ごして欲しいと、石垣さんは語ります。毎月メニューが変わる「Bar 石の華」、マンスリーカクテルで旬を感じてみてはいかがでしょうか。

『bar 城.【旧bar cafca.】』(南青山)

bar cafca 南青山 SUNSHOW

「bar 城.【旧bar cafca.】」は、南青山にあるオーセンティックバー。外苑前~表参道駅のほぼ間くらいの小道沿い、階段を降りた地下にあるバーです。間接照明で照度を落としたほの暗さが素敵な店内は、落ち着いた雰囲気に包まれています。「bar 城.【旧bar cafca.】」で味わっておきたいのが、オーナーである佐藤博和さんが20代から収集し続けている、ビンテージのウイスキーやスピリッツでしょう。どのお酒も、生産中止になっていたり、醸造法が変わって現行品とは味が異なる希少なお酒ばかり。その素晴らしいお酒を、これまたビンテージのグラスで楽しむことができるんです。

●→■ bar cafca.

とにかく「bar 城.【旧bar cafca.】」では、佐藤さんおすすめのウイスキーのストレートを飲まなくては始まりません。まずは、スコッチウイスキーのハイランドパークを佐藤さんセレクトでいただきましょう。スコットランド最北端の蒸留所で造られたシングルモルトウイスキー、70~80年初期のビンテージボトルが素敵です。お味は、スモーキー&フルーティーで大麦の麦感もあります。店内にはBGMはありません。お客様の話し声と佐藤さんが飲み物を作る音だけが響いています。友人や恋人など、大切な人と一緒にいいお酒が飲みたい時にぴったりのバーですね。

『Bar Ben Fiddich』(新宿)

Bar Benfiddich Creates A Cocktail With Nikka Whisky

「Bar Ben Fiddich(バー・ベンフィディック)」は、JR新宿駅から歩いて10分ほどのところにある、西新宿のビルの9階にあります。ウィリアム・リード・ビジネス・メディア社が発表する「アジア最高のバー50」において、毎年ランクインするほどの海外からの評価も高いバーなんです。なんといっても「Bar Ben Fiddich」の最大の魅力は、壁一面に並ぶ薬草や香草酒。自家製の薬酒を使って生み出す極上のカクテルは、どれも大胆で独創性を感じさせてくれるものばかり。

Hiroyasu Kayama /Bar BenFiddich(cocktail:fresh UNICUM Snowball)

「Bar Ben Fiddich」でおすすめしたいのが、「自家製SUZE(スーズ)トニック」。SUZEとはリンドウ科の植物で、ゲンチアナの根から造られるハーブリキュールです。本来はフランス産なのですが、こちらではなんと自家製の「SUZE」を使います。ゲンチアナの根を、高純度のアルコールや柑橘類のピールやスパイスなどに漬けて、一ヶ月も寝かせて造るそうです。まさに唯一無二、至高の一杯といえますね。その他にも、アブサン・ウニクム・キハダトニックなど、このお店でしか味わえない薬草や香草酒が揃っています。

『LAND BAR artisan』(新橋)

氷を入れるバーテンダー - No: 22704395|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2342825)

イメージ画像です。
東京でサラリーマンの聖地といえば新橋。その新橋でお昼の14時から営業しているバーがあります。それが「LAND BAR artisan(ランドバー アルチザン)」です。古いビルの地下にあるバーで、カウンター6席だけのコンパクトな名店です。まさに知る人ぞ知るといった言葉がぴったりのオーセンティックバー。オーナー伊藤大輔さんは、バー業界では職人と呼ばれるほどに評価の高い名バーテンダーの一人。特に定評があるのが、季節の果物や野菜などで作る季節感たっぷりの旬のカクテルです。
カクテル - No: 23077363|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2342826)

イメージ画像です。
桃太郎トマトを搾ってウォッカと合わせた「ブラッディーメアリー」は、トマトジュースのようなとろみはなく、生トマトでしか味わえない軽やかでフレッシュな味わいが広がるカクテルです。ベースがウォッカなのでアルコール度数は高めになりましが、思わず一気飲みしたくなる美味しさです。「LAND BAR artisan」では、野菜や果物は搾りたてと素材の良さにこだわっています。カウンターには、常に旬の野菜や果物が、それを選んでお任せのカクテルをいただくのも最高ですね。完璧な状態でサーブされる美しさと美味しさ、是非職人技を体験してみてください。

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

飯島直子が素敵な酒場でブッツケ本番トーク!『飯島直子の今夜一杯いっちゃう?』 FODプレミアムにて配信開始!

飯島直子が素敵な酒場でブッツケ本番トーク!『飯島直子の今夜一杯いっちゃう?』 FODプレミアムにて配信開始!

フジテレビが運営する動画配信サービスFODプレミアムにて、BSフジで放送された『飯島直子の今夜一杯いっちゃう?』の続編を配信することが決定いたしました。
日本の居酒屋文化を牽引した【居酒屋 御三家】って知ってる?

日本の居酒屋文化を牽引した【居酒屋 御三家】って知ってる?

日本人はもちろん、外国人観光客の方たちからも人気を誇る居酒屋。チェーン展開しているお店も数え切れないほど存在していますが、今回は80年代~90年代にかけて「居酒屋チェーンの御三家」と呼ばれたお店について振り返ってみたいと思います。
ハナハナ | 1,029 view
蘇るFM STATION感!鈴木英人のラベル・ウイスキー発売!夏らしいデザインに!!

蘇るFM STATION感!鈴木英人のラベル・ウイスキー発売!夏らしいデザインに!!

「鈴木英人「SANTA MONICA」ラベル・ウイスキー/シークレットアイラ2017」の抽選申し込み受付が開始されています。期間は2023年8月13日(日)23:59まで。
『花の慶次』がウイスキーになって登場!数量限定で発売!

『花の慶次』がウイスキーになって登場!数量限定で発売!

2ヶ月連続発売の『花の慶次』ラベル・ウイスキーウイスキー評論家・山岡秀雄が第1弾に選んだシングルモルトはグレンキース1998。2023年5月17日(水)昼12時より抽選にて販売開始!
三田村邦彦がのんべえの聖地でハシゴ酒!ナニワの美味いもん巡り「おとな旅あるき旅」放送!

三田村邦彦がのんべえの聖地でハシゴ酒!ナニワの美味いもん巡り「おとな旅あるき旅」放送!

三田村邦彦が訪れた先の土地を歩いて、地元の美味や美酒、風景を味わい、そして地元の人々とのふれあいの中から感じたことを伝える“おとなのための”旅番組。詳しくは番組HPまで。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト