人気女優の死体役も務めた無名時代。プロ根性がやはり違います。
2016年11月20日 更新

人気女優の死体役も務めた無名時代。プロ根性がやはり違います。

今は大女優でも売れてなかった無名時代には大変苦労されています。脇役中の脇役である映画やドラマでの死体役も数多くの有名女優が演じています。人気女優が演じたとは思えないほど怖い画像もあります。

79,646 view

深田恭子

深田恭子

深田恭子

1996年、中学2年生の時に歌手華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞し、芸能界入り。1997年、ドラマ『FiVE』(日本テレビ)にレギュラー出演し、女優デビュー。

1998年、スカウトキャラバンの出身者を中心に結成されたアイドルユニット「HiP」に参加(翌年夏の「HiP」卒業までラジオ番組やイベントなどに出演)。同年夏に放送された、金城武主演ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)で一躍脚光を浴びた。10月から2002年3月までニッポン放送のラジオ番組『深田恭子 IN MY ROOM』のパーソナリティーを務める。

『リング2』(1999年1月、東宝、監督:中田秀夫) - 沢口香苗 役 深田恭子は、幽霊に憑依された挙句に即死する役だった。

深田恭子は、幽霊に憑依された挙句に即死する役だった。

深田恭子は、幽霊に憑依された挙句に即死する役だった。

ぎゃあああ!衝撃の深田恭子さんの超絶な変顔・・・即死顔

ぎゃあああ!衝撃の深田恭子さんの超絶な変顔・・・即死顔

深田恭子さん「自分が怖かった」(リング2の映画パンフレットより)
深田恭子さんの伝説レベルの怖い顔。

深田恭子さんの伝説レベルの怖い顔。

これが深キョン?まさに超黒歴史でしょう。

竹内結子

竹内結子

竹内結子

『リング』(1998年1月31日公開、東宝) - 大石智子 役 竹内結子は「呪いのビデオ」の最初の犠牲者として死ぬ役だった。

竹内結子は17歳の時にジャパニーズ・ホラーブームの火付...

竹内結子は17歳の時にジャパニーズ・ホラーブームの火付け役となった「リング」に出演した。

「あん時、あんなに恐ろしい映画になるとは思わなくて。あれ(映画)見た後、しばらくトラウマに近いものになりました」と打ち明けた。
竹内は17歳の時にジャパニーズ・ホラーブームの火付け役となった「リング」に出演した。

「一番最初に死んだ女子高生。押し入れパーンと開けたら口開けて寝てる、あの…」と無名時代に出演した作品の役柄を説明。「あん時、あんなに恐ろしい映画になるとは思わなくて。あれ(映画)見た後、しばらくトラウマに近いものになりました」と打ち明けた。

 今は「お化けとか怖い」「見えないものに対する恐怖が…」としみじみ。最近も自宅で、LEDに付け替えたはずの電球が突然チカチカしだし、怖かったといい、「台本もそうですけど、(怖いものを)読んだ時とか、明るくしないと眠れませんね」とビビリぶりを明かしていた。
「呪いのビデオ」の最初の犠牲者として登場

「呪いのビデオ」の最初の犠牲者として登場

ぎゃあああ!竹内結子さんの怖い死に顔

ぎゃあああ!竹内結子さんの怖い死に顔

駆け出しの当時は死体役だった竹内結子も大女優になりました。
物語冒頭において「呪いのビデオ」の最初の犠牲者として登場し、その後口を大きく開き白目を剥いた苦悶の表情で死んでいるところを発見される。

映画版では遺体の死に顔の描写が、序盤における特に衝撃的な場面の一つとして演出された。

竹内結子の黒歴史扱いの、なんとも不思議な癒し系の名曲「ただ風は吹くから」

竹内結子「ただ風は吹くから」(1998年)

竹内には、世にあまり知られていない隠し事があるという。「それは、一部の古参ファンの間だけで語り継がれている“最初で最後の歌手活動”です」(音楽関係者)

その曲とは、「ただ風は吹くから」。
女優の竹内結子が、唯一歌った自身の曲「ただ風は吹くから」のレコーディングのエピソードを明かした。同曲は、SMAP中居正広(43)のお気に入りソングだという。

 22日放送された、フジテレビ系『おじゃMAP!!』では「おニューMAP!!」と題し、東名、新東名高速のSAを巡り新商品グルメを探すという企画でロケを敢行。竹内をゲストに迎え、番組レギュラーのSMAP香取慎吾(39)とお笑い芸人の山崎弘也の3人で車を運転し車内では様々なトークが繰り広げられた。

 その車内で、竹内が唯一リリースした1998年のシングル「ただ風は吹くから」が流された。運転していた香取は「すっごい中居くんが好きなんだって」と中居が同曲の大ファンであることを明かした。竹内は「ありがたいですね」とコメント。

 実際に曲を聴いた香取は「中居くんが好きそうな歌。1年に1度くらい自分のラジオで流してる、この曲が好きで」とアコースティックな音楽に、当時17歳だった竹内の透き通る歌声が合わさる、心安らぐこの曲に中居が心酔していることに理解を示した。

 山崎は「中居さん、こういうの好きなんだ~」と初めて知る中居の音楽の趣向に関心を持った様子。竹内は「えずきながらレコーディングしてました。歌うのに抵抗がありすぎて」と曲のイメージとはかけ離れたレコーディング風景を告白。

 山﨑は「え? あまりお好きじゃないんですか?」と質問。竹内は「はい。鼻歌くらいならいいんですけど、この歌声を人に聴かせるのかと思うと、気持ち悪くなっちゃって」と当時の苦悩を明かした。

仲間由紀恵

仲間由紀恵

仲間由紀恵

『リング0 バースデイ』の山村貞子役のオーディションに合格してから見出され、『TRICK』や『ごくせん』などの主役に抜擢され、大ブレイクした。
出典 jinfo.jp

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』 仲間由紀恵はミイラ化してしまう。作中の出演時間はほぼ1分ほどしかない。

ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒(1999年3月、大映) ...

ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒(1999年3月、大映) - 女性キャンパー 役(特別出演)

女性キャンパー
演:仲間由紀恵
南明日香村で友人の大輔(演:本田大輔)たち数人とキャンプをしていた女子高生。イリスの捕食によりミイラ化され死亡する。作中の出演時間はほぼ1分ほどしかない。
仲間由紀恵さんの役は名前もない女性キャンパー。作中の出...

仲間由紀恵さんの役は名前もない女性キャンパー。作中の出演時間はほぼ1分ほどしかない底辺の端役だった。

 (1787657)

イリスの捕食によりミイラ化され死亡する。

イリスの捕食によりミイラ化され死亡する。

仲間由紀恵さんがミイラになってしまいました。

仲間由紀恵さんがミイラになってしまいました。

波瑠(はる) 朝ドラの主演が決まるまでは苦労し、オーディションは合計で200敗した。

波瑠(はる) 清楚な雰囲気が漂うショートカット美人。N...

波瑠(はる) 清楚な雰囲気が漂うショートカット美人。NHK連ドラご用達の昭和風お嬢様なスタイルでブレイクした。

NHK連続テレビ小説『あさが来た』のヒロイン・白岡あさ役
2015年3月12日、NHK大阪放送局での記者会見で波瑠に決定したと発表された。当時歴代最多の2590人が応募した。
『実写映画 マリア様がみてる』(2010年11月6日、...

『実写映画 マリア様がみてる』(2010年11月6日、ジョリー・ロジャー / リバプール / 名古屋テレビ) - 主演・小笠原祥子 役

スッピンの波瑠さん

スッピンの波瑠さん

波瑠さんは昭和の大女優の夏目雅子さんに似ていると言われます。
スッピンの夏目雅子さん

スッピンの夏目雅子さん

夏目雅子さんの泣き顔

夏目雅子さんの泣き顔

波瑠さんの泣き顔・・・似てるかも。同じ系統の昭和顔なの...

波瑠さんの泣き顔・・・似てるかも。同じ系統の昭和顔なのではないでしょうか。

波留さんのふとした表情が、夏目雅子さんを思い出させることが確かにあります。

2008年の映画『リアル鬼ごっこ』 波瑠(はる)は冒頭で電車に跳ね飛ばされて亡くなるだけの役だった。台詞も何もない。

波瑠(はる)さんの役は、映画が始まってすぐに、電車に跳...

波瑠(はる)さんの役は、映画が始まってすぐに、電車に跳ね飛ばされて死亡するだけの女子高生役だった。

橋本マナミ 13歳でデビューして17年間鳴かず飛ばずだった。

橋本マナミ

橋本マナミ

橋本 マナミ(はしもと まなみ、1984年8月8日 - )は、日本の女優、グラビアアイドル。本名、細川 愛実(ほそかわ まなみ)。旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(読み名同じ)。 アービング所属・業務提携ハーモニープロモーション。

大人びたセクシーさを売りにし「平成の団地妻」「愛人にしたい女No.1」「国民の愛人」など独特のキャッチフレーズで知られる。
写真集の表紙にこの写真を選んだ理由について「服を着ていてもセクシーさをいかに出せるか。グラビア界では禁断ですが、ポチっと旋風を巻き起こしたい。最初は恥ずかしかったが、今はぜんぜん平気で麻痺しています。」とコメント。
橋本マナミさん(当時13歳・中学1年生)「国民的美少女...

橋本マナミさん(当時13歳・中学1年生)「国民的美少女コンテスト」(1997年)の時の貴重な橋本マナミさんのすっぴん画像。

1997年、中学1年の頃に第7回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し芸能界入り。

デビュー当初は本名の細川愛実で活動していたが、本名だと同じオスカープロ所属の細川直美との混同の恐れから、母方の橋本姓を名乗って橋本愛実として芸能活動をすることになった。
橋本マナミさん(当時14歳)。 ブルマー姿で謎のダンス!

橋本マナミさん(当時14歳)。 ブルマー姿で謎のダンス!

 (1787594)

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 389 view
あの裕木奈江が大抜擢!!25年の時を経て製作された「ツイン・ピークス」の新シリーズが待望のブルーレイ&DVD化!

あの裕木奈江が大抜擢!!25年の時を経て製作された「ツイン・ピークス」の新シリーズが待望のブルーレイ&DVD化!

日本でも空前の社会現象となり、 その後の海外ドラマブームの先駆けとなった「ツイン・ピークス」が、25年の時を経て新シリーズとして帰ってくることが発表されました。
隣人速報 | 171 view
この人も歌ってたんだ!!90年代に女優さんが発売した8センチシングルを紹介

この人も歌ってたんだ!!90年代に女優さんが発売した8センチシングルを紹介

仲間由紀恵、瀬戸朝香、葉月里緒奈etc、90年代、ドラマや映画でも活躍していた女優さんが発売した8センチシングル8曲をジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!
シノラーの面影、無し!!あの篠原ともえが深田恭子とのツーショットを公開!

シノラーの面影、無し!!あの篠原ともえが深田恭子とのツーショットを公開!

30代後半とは思えない若さ!現在アーティスト・デザイナーとして活躍する篠原ともえが、インスタグラムにて深田恭子とのツーショット写真を公開しました。
隣人速報 | 3,226 view
【波乱万丈の人生】フィリピン出身の大女優【ルビー・モレノさん】

【波乱万丈の人生】フィリピン出身の大女優【ルビー・モレノさん】

映画「月はどっちに出ている」などで1990年代に大活躍した女優、ルビー・モレノさん。当時の活躍と今を調べてみました。
ジバニャンLOVE | 2,525 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト