ネットが無い時代、バックパッカーたちのバイブルだった『深夜特急』
2016年2月26日 更新

ネットが無い時代、バックパッカーたちのバイブルだった『深夜特急』

現在のようにインターネットのない時代、海外の情報が容易に手に入るはずもなく、海外旅行は一般的な娯楽ではありませんでした。そんな中、多くの若者を“一人旅”へと駆り立てた伝説の紀行小説『深夜特急』と、そのドラマ化作品『劇的紀行 深夜特急』について振り返ります。

15,887 view

作家・沢木耕太郎による紀行小説『深夜特急』

『深夜特急』は、作家の沢木耕太郎さんが“インドからロンドンまでをバスで旅する”という名目で海外に飛び立った体験を元に書いた紀行文です。

産経新聞に途中まで連載された後、1986年5月に1巻・2巻(第1便・第2便と称す)が、1992年10月に最終巻(第3便)が新潮社から刊行されました。また、1994年には新潮文庫から6冊に分冊化される形で出版もされました。
『深夜特急』沢木 耕太郎 (新潮社)

『深夜特急』沢木 耕太郎 (新潮社)

第一便 黄金宮殿
第二便 ペルシャの風
第三便 飛光よ、飛光よ
『深夜特急』 沢木 耕太郎 (新潮文庫)

『深夜特急』 沢木 耕太郎 (新潮文庫)

【1】 香港・マカオ編
【2】 マレー半島・シンガポール編
【3】 インド・ネパール編
【4】 シルクロード編
【5】 トルコ・ギリシャ・地中海編
【6】 南ヨーロッパ・ロンドン編
深夜特急マップ

深夜特急マップ

『深夜特急』【1】~【6】で、一年以上にわたるユーラシア大陸放浪の旅が描かれました。

『深夜特急』あらすじ

インドのデリーから、イギリスのロンドンまでを、バス(特に路線バス、高速バスなどの乗り合いバス)だけを使って一人旅をするという目的で日本を飛び出した主人公「私」の物語であり、筆者自身の旅行体験に基づいている。
当初は日本からデリーまで直行してしまうつもりだったが、途中2か所のストップオーバーが認められる航空券を手にした私は香港とバンコクを選び・・・、様々な人々と事件に出会いながらロンドンを目指す。
作家・沢木耕太郎

作家・沢木耕太郎

『深夜特急』は、バックパッカー達のバイブルに!

 (1586285)

刊行後、色褪せる事のない最高のノンフィクションとして、バックパッカーの間でいわばバイブル的に扱われるようになり、1980~90年代の日本における“個人旅行”流行の一翼を担いました。
1987年、『深夜特急』が第五回日本冒険小説協会大賞ノンフィクション・評論部門大賞を受賞。1993年に『深夜特急 第三便』が第2回JTB紀行文学賞を受賞している。
良くも悪くも『深夜特急』を読んだことで旅の魅力にとりつかれ、会社員という安定路線の人生を捨て、旅に出た人も多いと聞きます。

もちろん芸能人にも『深夜特急』の虜となった人がいます。

『深夜特急』に影響を受けた芸能人

松嶋尚美(お笑いタレント、元オセロ)

松嶋尚美(お笑いタレント、元オセロ)

『深夜特急』の大ファンで、レギュラー出演していた番組『世界の果てまでイッテQ!』内で「松嶋尚美の深夜特急」というコーナーを持っていました。
斎藤工(俳優)

斎藤工(俳優)

高校時代、ノンフィクション作家、沢木耕太郎の『深夜特急』に影響され、海外に1人で出かけるように。香港からローマまで同じルートを飛行機に乗らず陸路で旅をしたんだとか。

テレビドラマ版『深夜特急』

旅を愛する若者たちのバイブルとして圧倒的人気を得た大ベストセラー『深夜特急』は、ドキュメンタリードラマ『劇的紀行 深夜特急』として映像化もされました。小説より先にドラマを見たという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか!?
『劇的紀行 深夜特急』 (1996年-1998年)

『劇的紀行 深夜特急』 (1996年-1998年)

名古屋テレビ制作・テレビ朝日系列でテレビドラマ化。名古屋テレビ開局35周年記念番組として企画。ドキュメンタリーとドラマを複合させるという試みで、1996年から1998年にかけて一年ごとにドラマ制作と放映されました。全3部作の構成です。
主演は大沢たかお

主演は大沢たかお

主人公として若き日の“沢木耕太郎”を大沢たかおさんが演じます。(演じる大沢たかおさんも出演時は28歳くらいとお若い時ですが。)
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「司馬遼太郎」が原作だったテレビドラマ、歴史小説好きならぜひチェックしておきたいですね。

「司馬遼太郎」が原作だったテレビドラマ、歴史小説好きならぜひチェックしておきたいですね。

近年は昔の武将を様々にアレンジした漫画や「歴女」なんて言葉もあるように、以前よりも歴史が身近なコンテンツになっているように思います。それが良いか悪いかは別として、昔は司馬遼太郎の読み応え抜群の歴史小説を読み漁った「歴史好き」の人が多かったのではないでしょうか。
青春の握り拳 | 11,654 view
創刊40周年『増刊ハーレクインめちゃコミック号』が発売!他企画も実施予定!!

創刊40周年『増刊ハーレクインめちゃコミック号』が発売!他企画も実施予定!!

ロマンス小説『ハーレクイン』を刊行する株式会社ハーパーコリンズ・ジャパンは、株式会社アムタスと製作した漫画雑誌「増刊ハーレクインめちゃコミック号」を発売しました。40周年にあたり、ハーレクインでは他の企画も予定しています。
『夢見るリカちゃんのコーディネートブック』がAmazon編み物ジャンル1位に!乙女心くすぐるラインナップ!

『夢見るリカちゃんのコーディネートブック』がAmazon編み物ジャンル1位に!乙女心くすぐるラインナップ!

日本人なら誰でも知っているジャパニーズアイコン・リカちゃん。12月に発売された「週末で編めるかぎ針編み 夢見るリカちゃんのコーディネートブック」が、Amazonの編み物ジャンルで売上第1位を獲得するなど大人気となっています。
90年代のセガと任天堂の「ゲーム機戦争」がまさかのドラマ化!当時アメリカで任天堂に挑戦したセガの栄枯盛衰とは?

90年代のセガと任天堂の「ゲーム機戦争」がまさかのドラマ化!当時アメリカで任天堂に挑戦したセガの栄枯盛衰とは?

90年代にセガと任天堂の間で繰り広げられた、いわゆる「ゲーム機戦争」を題材としたノンフィクション小説「セガ vs. 任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争」が、アメリカでテレビドラマ化されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,107 view
幻の第1作原稿! 唐十郎氏の未発表作品「懶惰の燈籠」「幽閉者は口あけたまま沈んでいる」が発見、掲載される

幻の第1作原稿! 唐十郎氏の未発表作品「懶惰の燈籠」「幽閉者は口あけたまま沈んでいる」が発見、掲載される

1960、70年代を駆け抜けた伝説的劇作家、唐十郎。先日発見された幻の未発表作品「懶惰の燈籠」「幽閉者は口あけたまま沈んでいる」が、批評家樋口良澄の尽力により『文藝』に掲載される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト