RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(15)
2018年2月20日 更新

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(15)

今回はMSZ-006 Ζプラスのヴァリエーションのご紹介です。宇宙世紀でいえばグリプス戦役の終盤(ペズンの反乱)といったところが中心になっていきます。記事の順番が前後してしまいますが、MSVの中でも重要な機体だと思いますので、ここで一気に書いてみたいと思います。

14,826 view

はじめに

ファーストガンダム世代が大人になり、物作りを始め、ガンダムワールドにリアリティーを持ち込んだのが「ガンダム・センチネル」という作品だったのではないでしょうか?この作品の中で設定されていたのがZプラスという機体のシリーズでした。Sガンダムを始め、この先RX-0「ユニコーンガンダム」までを本来の意味でのファーストガンダムシリーズと考えるとその隙間を見事に埋めてくれたのがこの作品ですね。勿論公式に設定されています。

今回はMSZ-006 Ζプラスのヴァリエーションのご紹介です。

Zプラスは基本的にTMS(可変機)である為、勿論、それぞれがWRモードがあります。しかし元来の意味でのWRというのは大気圏への再突入の際、マッハ20もの超音速から起こるショック・ウェィヴ(衝撃波)を機体下面部に集中させ、波乗りのように飛行することが目的の機構です。しかし、これがいつの間にかその名残が習慣となり、高速巡行形態のことをWRモードと呼ぶようになったものです。この点は是非ご理解いただきたく思います。
Ζ plus C1

Ζ plus C1

ペズンの反乱時、使用された機体
出典 Gundam Sentinel Special Edition 大日本絵画
グリプス戦役中盤にアナハイム・エレクトロニクス社が完成させたMSZ-006 Ζガンダムのウェイブライダー (WR)・モードの有効性を、エゥーゴの支援組織カラバが注目。大気圏内専用機として再設計、一定数を量産ラインに乗せた機体がMSZ-006A1「ΖプラスA1型」でこれがΖプラスシリーズの基幹機種となった。
出典 https://ja.wikipedia.org/
元々は、『モデルグラフィックス』別冊『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』で表紙として描かれたものが、ガンダムセンチネルでC1型が3機登場し、SガンダムとFAZZ3機による6機編隊を組んでいるところから細かく設定されていったようです。ZガンダムのWR形態が有用であり、配備したいところだったのですが、余りにもZガンダムのコストが高すぎて実現できないところから、廉価版として開発されたとの設定になっているようです。しかし、この機体でも安いものではなく、少数が量産されたというところでしょう。しかし驚くほどヴァリエーションが多く、プランのみで終わった機種や文字設定のみで画稿のないものもあり、これから新たに画が起こされるにはあまりにも時間がたちすぎていて(約30年)幻のままで終わりそうな感が否めない機体も含めてご紹介したいと思います。

MSZ-006A1(MSK-006)

ΖプラスA1型

ガンダムセンチネルヴァージョン

ガンダムセンチネルヴァージョン

全高 22.11m
頭頂高 19.86m
本体重量 32.7t
全備重量 68.4t
出力 2,070kW or 2,017kW
推力 101,000kg
センサー
有効半径 16,200m
武装 バルカン×2
大腿部ビームカノン×2
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
WRモード

WRモード

機動戦士ガンダムUCヴァージョン

機動戦士ガンダムUCヴァージョン

型式番号はMSZ-006A1またはMSK-006。大気圏内用TMSとしてアナハイム・エレクトロニクス社とカラバが共同開発した機体で、Ζプラスシリーズの基幹機種。エース向けに少数が生産された。
地上用MSとしては優れた性能を持っていたが、空中戦闘を想定していなかったこともあり、WR形態時におけるドッグファイト性能は一般的な戦闘機には遠く及ばず、あくまで長距離侵攻時の移動用として考えられていた。Ζガンダムと比較し大気圏内用に機能を限定したためコストパフォーマンスに優れる。カラバが使用し、少数生産された後に増産もされた。
アニメ版『機動戦士ガンダムUC』では、シャイアン基地に6機配備されている。カメラアイの色は、グスタフ・カールに合わせて青色から赤色に変更になっている。
出典 ja.wikipedia.org/
地上用MSは行動範囲という点では非常に限られた範囲に絞られていることが当たり前だったものが、このZプラスという機体の登場で、単独でも何百キロも離れた地点まで移動が可能になったということから、このA1型の持つ意味はとても大きかったといえるのでしょう。 TMSの開発が盛んになるにつれ、空戦能力が求められてくるようになると、いささか見劣りがしてしまうのは、大気圏内専用としてのTMSの最初の機体と考えれば致し方の無いところではないでしょうか。それでも予算の少ないカラバにとってはコストパフォーマンスも考えれば増産もうなずけるところでしょう。実際、機動戦士ガンダムUCの0096では現役として登場していますし、(あっけなく撃破されていましたが)MSとしての性能がしっかりしていれば、十分運用に耐えられるものだったのでしょう。

MSZ-006A1

ΖプラスA1型試作機(アムロ・レイ専用機)

ガンダムセンチネルヴァージョン

ガンダムセンチネルヴァージョン

WRモード

WRモード

第18飛行小隊の隊長だったとされるアムロ・レイの専用機体。
カラバのプロパガンダ用に作られた機体とも言われている。試作1号機として完成した時点では後の他機体同様のグレーのロービジであったが、その後のカラーリングは他の機体と違い、最初のリペイント時は青と白のツートンカラー、2度目のリペイント時は赤と白のツートンカラーとなっている
出典 ja.wikipedia.org/
この機体の持つ意味は実戦のそれではなく、あくまでテスト用+アムロ・レイという生ける伝説を考えた、プロパガンダ的意味合いが大きかったのでしょう。「空戦能力向上機」としてのデータ収集の為、2回のみアムロ・レイが搭乗したとされていることからも、想像できてしまいます。A1型からの改修で2機ほど造られれ、その後はC型やD型の開発母体として改装され続けたと資料にあり、実戦には投入されていないはずです。
126 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ガンダムの完成品フィギュアシリーズの歴史:ROBOT魂・HCM・MIA・GFF・ガンダムコレクション・ZEONOGRAPHYほか

ガンダムの完成品フィギュアシリーズの歴史:ROBOT魂・HCM・MIA・GFF・ガンダムコレクション・ZEONOGRAPHYほか

1980年代中盤のハイコンプリートモデル(略称:HCMまたはハイコン)、1999年6月開始のMOBILE SUIT IN ACTION!!(モビルスーツ・イン・アクション)(略称:MS IN ACTIONまたはMIA)、2001年1月開始のGUNDAM FIX FIGURATION(ガンダム・フィックス・フィギュレーション)(略称:GFFまたはG.F.F.)から現在までのガンダムのモビルスーツの完成品フィギュアシリーズの歴史を振り返っていきましょう。
ガンモ | 42,528 view
「実物大ユニコーンガンダム立像」冬季限定ライトアップが実施! UCの後日談「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」の企画展やガンダムカフェスペシャルフェア情報も!

「実物大ユニコーンガンダム立像」冬季限定ライトアップが実施! UCの後日談「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」の企画展やガンダムカフェスペシャルフェア情報も!

お台場の実物大ユニコーンガンダム立像が冬季限定ライトアップに照らされるシーズンがやって参りました。間もなく上映される「機動戦士ガンダムNT」のピックアップにもご注目。イベント限定アイテムやスペシャルメニューの情報なども入っております。
ミドルエッジ世代待望!「セイラ・マス」の抜群なスタイルのフィギュアが再販決定!!

ミドルエッジ世代待望!「セイラ・マス」の抜群なスタイルのフィギュアが再販決定!!

機動戦士ガンダムに登場する人気ヒロイン「セイラ・マス」のフィギュア「エクセレントモデル RAHDXシリーズ G.A.NEO セイラ・マス」の再販が決定しました。価格は10,746円(税込)。
隣人速報 | 7,198 view
「このフィギュア…開くぞ!」機動戦士ガンダム食玩フィギュアに新シリーズ『マイクロウォーズ』が登場!!

「このフィギュア…開くぞ!」機動戦士ガンダム食玩フィギュアに新シリーズ『マイクロウォーズ』が登場!!

株式会社バンダイ キャンディ事業部では、モビルスーツ&可動式パイロットの組み合わせで遊べる食玩ブランドシリーズ『機動戦士ガンダム マイクロウォーズ』を、2019年3月より全国のスーパーなどのお菓子売場で販売することを決定しました。
隣人速報 | 2,280 view
ガンプラの「パッケージアート」が食玩に!メタリックやホロの豪華仕様カード全32種が登場!!

ガンプラの「パッケージアート」が食玩に!メタリックやホロの豪華仕様カード全32種が登場!!

株式会社バンダイ キャンディ事業部は、『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル“ガンプラ”の美麗なパッケージアートをプラスチック製コレクションカード化した商品『GUNDAMガンプラパッケージアートコレクション チョコウエハース』の発売を決定しました。
隣人速報 | 1,811 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト