世界中で愛される手塚キャラがはんこになった!ポン!と押すたびに愛らしいキャラクターたちに出会えるはんこ「手塚ずかん」
2017年11月20日 更新

世界中で愛される手塚キャラがはんこになった!ポン!と押すたびに愛らしいキャラクターたちに出会えるはんこ「手塚ずかん」

アトムやレオ、ブラック・ジャックにピノコ、火の鳥にユニコ、サファイアまで。巨匠・手塚治虫が生み出した、世代を超えて愛されるキャラクターたちが「ずかんシリーズ」から登場!

204 view
世代を超えて世界中で愛される手塚治虫のキャラクターが登場するはんこ「手塚ずかん」の発売が開始されました!

「ずかんシリーズ」の新作ともなる「手塚ずかん」は、手塚作品やそこに登場するキャラクターの魅力を伝えたいという想いから、手塚プロダクションとのライセンス契約のもと企画したハンコです。
 (1943212)

「手塚ずかん」のイラスト第一弾はこちらの18種類。アトムやウランちゃん、ブラック・ジャックにピノコ、レオやパンジャ、火の鳥にサファイヤ、ユニコまで、手塚作品を代表する人気キャラクターから選ぶことができます。
※ちなみに第二弾はヒョウタンツギやスパイダー、メルモやブッコ、孫悟空や写楽保介、和登千代子などファンにはたまらないキャラクターが登場予定となります。
 (1943222)

書体は「て」「づ」「か」の3種類。愛らしいキャラクターと相性のよいフォントをチョイスしました。
書体は「て」「づ」「か」の3種類

書体は「て」「づ」「か」の3種類

ハンコは荷物の受け取りやサイン代わりに使えるシャチハタタイプ、全国ほとんどの金融機関で登録できる木彫り・黒水牛タイプの単品とセットより選ぶことができます。
「手塚ずかん」はパッケージもとってもユニーク。

「手塚ずかん」はパッケージもとってもユニーク。

筒型ケース

筒型ケース

フタをくるくる回すといろんなキャラクターが登場。天面と底面には手塚マンガには欠かせないヒョウタンツギをあしらいました。
セット用のBOXケース

セット用のBOXケース

セット用のBOXケースは手塚作品らしく「コミック風」のデザインに仕上げました。フタは表紙のようにめくれる仕様となっており、漫画の表紙をめくるときの「あのドキドキ感」が味わえます。
角型のシャチハタ用のクリアケース

角型のシャチハタ用のクリアケース

ファンにはたまらない9種類から選べるアクリル製のキャラクターストラップ(非売品)がセットされます。ストラップは角型のシャチハタにつけたり、スマホケースにつけてたのしむことができます。
アクリル製のキャラクターストラップ(非売品)

アクリル製のキャラクターストラップ(非売品)

来年2018年は手塚治虫の生誕90周年!現代の漫画やアニメーションの礎を築いたともいえる手塚作品の色あせない魅力をハンコにしました!

ハンコというと事務的でお堅いイメージがありますが、キャラクターデザインのハンコはちょっとしたブームの兆しが。手塚治虫の生み出した色褪せないキャラクターをハンコにしてはいかがでしょうか。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしの手塚キャラがiphoneケースに!「TEZUKA OSAMU × UNiCASE」 コラボ第2弾!

懐かしの手塚キャラがiphoneケースに!「TEZUKA OSAMU × UNiCASE」 コラボ第2弾!

漫画の神様「手塚治虫」が生み出したキャラクターがiphoneケースになりました!可愛らしいキャラクターがデザインされていて、子供から大人まで使えるスマホケースです!
手塚治虫の名キャラ達がサンダルに!ブラック・ジャックや鉄腕アトムモデルなどが発売!

手塚治虫の名キャラ達がサンダルに!ブラック・ジャックや鉄腕アトムモデルなどが発売!

株式会社RegettaCanoeは、自社オリジナルサンダルと手塚作品がコラボした懐かしくも、デザイン性の高いモデル第1弾を発売しました。機能性はそのままに、ブラック・ジャックや鉄腕アトムなどの手塚治虫作品と奇跡のコラボを果たしました。
愛すべき手塚治虫マンガに登場するサブキャラクター

愛すべき手塚治虫マンガに登場するサブキャラクター

「鉄腕アトム」「ブラックジャック」「火の鳥」・・・言い出せばきりがないほど、今日の漫画の基礎を気づいたとも言えるレジェンド・手塚治虫先生。数多くある手塚作品に漫画を超えて登場する愛すべきサブキャラクター達を紹介します。決してメインにはならないものの、名脇役の活躍をプレイバックしていきましょう。
yt-united | 2,065 view
【1960年代】アニメの出来や品質ではピカイチだった虫プロ製作アニメあれこれ

【1960年代】アニメの出来や品質ではピカイチだった虫プロ製作アニメあれこれ

1963年1月1日よりテレビで初めて日本で製作されたアニメが放映され始めた。それは手塚治虫を中心とするアニメ職人軍団である「虫プロ」が製作した『鉄腕アトム』であった。それ以前はというと、海外(特にアメリカ)で作製されたものを日本語に吹替していたのだ。これ以降、日本のアニメ制作会社が一挙に増え、TVアニメもドンドン増えていった。だが、「虫プロ」が製作したTVアニメはその出来映えや品質において他社とは比べられないほど良かったと当時の子供心の片隅に残っている。そんな「虫プロ」が作製したTVアニメを順に紹介することにしよう!!
マンガの神様・手塚治虫のデビュー70周年記念!鉄腕アトムの高級万年筆が発売!ヒョウタンツギも描かれた特別仕様!

マンガの神様・手塚治虫のデビュー70周年記念!鉄腕アトムの高級万年筆が発売!ヒョウタンツギも描かれた特別仕様!

マンガの神様「手塚治虫」のデビュー70周年を記念して、インペリアル・エンタープライズ株式会社から、“セーラー万年筆”が制作にあたった特別限定モデルの『高級万年筆』が発売された。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト