【シャコタン☆ブギ】主な登場人物とその愛車を振り返る。1987年に東映系にて公開された実写映画作品も懐かしい!!
2016年11月26日 更新

【シャコタン☆ブギ】主な登場人物とその愛車を振り返る。1987年に東映系にて公開された実写映画作品も懐かしい!!

四国の地方都市を舞台にしたクルマとナンパに明け暮れる高校生のストーリー漫画、そして1987年に東映系にて公開された実写映画作品も忘れられないですね。

146,409 view

シャコタン☆ブギ

『週刊ヤングマガジン』の誌上企画で、漫画家が好きな歌をテーマに読み切りを描くという「歌謡マンガシリーズ」において、チェッカーズの1984年のヒット曲「涙のリクエスト」を取り上げて描かれた短編が本作の第1話となっている。作中の設定は全てそのままで1986年から連載が開始された。
 (1569268)

作者の別の作品である『湾岸ミッドナイト』と並行連載されていた時期がある。『週刊ヤングマガジン』誌上で交互に掲載されていた当初は本作品の頻度の方が高かったが、エピソードの区切りのいい時点で『湾岸ミッドナイト』の方に完全にシフトしてしまったため、本作品は明確な終わりを迎えないまま1995年の段階で連載が終了してしまった。なお、2002年ごろに特別編として「7年目のきまぐれ」という前後編のエピソードが発表された。同エピソードは、作者自身が語る当時の経緯とあわせて、『湾岸ミッドナイト C1ランナー』の単行本第12巻に収録されている。

ハジメ

山本はじめ

山本はじめ

ダブりの高校2年生。親に新車で買ってもらったソアラをシャコタンにして、日々ナンパに明け暮れる。トレードマークは白と青(連載中に幾度か変更あり)のツートンカラーと、ボンネットやドアに描かれた「67」番のゼッケン。顔も喧嘩の腕も冴えないが、男気と優しさは多分に備えており、多くの女の子から好意を寄せられているのだが、当人の無神経さと詰めの甘さから、今ひとつ上手くいかない。ギターの腕前はなかなかのレベル。ソアラのエンジンをRB26DETTに換装した頃から徐々に「走り」に目覚める。

出典 シャコタン☆ブギ - Wikipedia
10系トヨタ・ソアラ

10系トヨタ・ソアラ

このマンガに出てくるソアラは、コミックスでは何度もボディー色を変えましたね。
10系トヨタ・ソアラ 10系トヨタ・ソアラ

10系トヨタ・ソアラ 10系トヨタ・ソアラ

当時「女子大生ホイホイ」として知られた日本トップクラスのスペシャリティクーペ……だが、それをベタベタのシャコタン(初期はノーサス)に改造してしまう。白青ツートン塗装(時期により白赤、学園祭エピソードでは水玉模様)に“67”番ゼッケンが特徴。幾度となくクラッシュしてはジュンの手により復活し、後期は事故車のR32スカイラインGT-Rから移植されたフルチューンのRB26エンジンを搭載された通称“ソアラR”となる。

コージ

渡辺滉ニ

渡辺滉ニ

ハジメの気の優しい後輩(学年はハジメと同じ)。ハジメを「先輩」と呼んで慕っており、常にハジメと行動を共にする。ハジメのソアラの助手席に乗り、ナンパに繰り出す…が、上手くいくことはあまり無い。実はハンサムなので、女の子にモテているのだが、本人は気がついていない。

出典 シャコタン☆ブギ - Wikipedia
ヤマハ・チャンプ

ヤマハ・チャンプ

ヤマハのチャンプRS
シャコタン仕様!!

ジュンちゃん

野村純一

野村純一

実家の整備工場「野村モータース」にて整備士をしているが、仲間には工賃抜きの部品代のみで修理をしてやるために、全く儲からない。愛車のハコスカはL28をボアアップしたフルチューン仕様。車に強く、喧嘩に強く、女に強い、この街のヒーローである。普段は温厚であるが、自分のハコスカや仲間が傷つけられた場合は容赦なく制裁を加える。ハジメ・アキラ他、登場人物の車はよくクラッシュするが、ジュンちゃんの手によって幾度と無く復活している。夢は富士スピードウェイで自分のハコスカを走らせること。犬が大の苦手。

出典 シャコタン☆ブギ - Wikipedia
日産・スカイライン 2000GT (KGC10)

日産・スカイライン 2000GT (KGC10)

ハコスカはL28をボアアップしたフルチューン仕様
いわゆる“ハコスカ”“スカG”で、本来のL20型からL28改3.1リッターフルチューンのエンジンに換装され、外見上はワークスフェンダーと角目ヘッドライトが特徴。

アキラ

清水明

清水明

ハイメとコージのライバル的存在。職業はダンプの運転手。愛車のゼットはL28を3.0リッターにボアアップしたフルチューン仕様。外装はGノーズにワークスオーバーフェンダー、ボンネットやドアの「Yanky Mate!(読み方は悪仲間)」のロゴの組み合わせで基本的には変わらないが、たびたびオールペンする為か初期は「うんこ色のZ」と呼ばれていたものが、最終的には青色に落ち着いた模様。改造費は「新車のクラウンが買える(1987年当時)」と言われていることから、400万円を超える金額をつぎ込んでおり、更にその後で全損に近いクラッシュを何度か起こしているため、更に高くついている模様。Zの悪口を言う奴は片っ端から殴りつけ、Zよりも速い・目立つ車には突っかかっていく、とかなり問題のある性格であるが、仲間に対する面倒見は良い。

出典 シャコタン☆ブギ - Wikipedia
日産・フェアレディZ(S30)

日産・フェアレディZ(S30)

アキラの愛車“ヤンキーメイトZ”。ナンバーが“高56”(現在なら“高知500”相当か)なので、本来はL20と思われるがやはりL28改に換装&ワークスフルエアロ状態で、改造申請を出していない違法改造車(その点はジュンのスカGもハジメのソアラも同様だが)ということになる。

なお、「湾岸ミッドナイト」における“悪魔のZ”と異なりGノーズを装備している。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『シャコタンブギ』出演者のその後・・・気になりませんか?

『シャコタンブギ』出演者のその後・・・気になりませんか?

『シャコタン☆ブギ』は、楠みちはるによる日本の漫画、またこれを原作とした実写版映画1987年に東映系にて公開されました。その出演者のその後を追ってみました。
ギャング | 49,355 view
ビー・バップ・ハイスクール!!『番外編』キャスト達のその後を追ってみた!!

ビー・バップ・ハイスクール!!『番外編』キャスト達のその後を追ってみた!!

85年に映画化されたビーバップハイスクールの出演者、特にメインメンバー以外の方々が気になり、色々と調べてみました。
ギャング | 210,695 view
ビー・バップ・ハイスクール!!出演者のその後を追ってみた!!

ビー・バップ・ハイスクール!!出演者のその後を追ってみた!!

85年に映画化されたビーバップハイスクールの出演者のその後が気になり、色々と調べてみました。
ギャング | 1,495,654 view
”江口洋介”や”織田裕二”らを世に送り出した青春映画『湘南爆走族』

”江口洋介”や”織田裕二”らを世に送り出した青春映画『湘南爆走族』

漫画家『吉田聡』の代表作を、1987年に実写映画化した『湘南爆走族』。原作同様、青春グラフティ的な要素を含む内容に加え、若かりし頃の江口洋介や織田裕二、竹内力らの演技も観ることができます。
gogo-one | 27,411 view
嗚呼、懐かしき『昭和のヤンキー』!特徴的な服装や髪型、車などがイカしてた!喧嘩の武勇伝あるあるも振り返る!

嗚呼、懐かしき『昭和のヤンキー』!特徴的な服装や髪型、車などがイカしてた!喧嘩の武勇伝あるあるも振り返る!

青春時代に一度はヤンキーに憧れませんでしたか?実際に不良の仲間入りをした人もそうでない人も、お気に入りの服装や髪型、車、バイクなどがあったのではないでしょうか。本稿では昭和を彩ったヤンキーを特集します!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト