視聴率0%の番組も…討ち死に続きだったTBS「いいともの裏番組」
2018年5月15日 更新

視聴率0%の番組も…討ち死に続きだったTBS「いいともの裏番組」

80年代~90年代の『笑っていいとも!』は、テレビ業界のお昼12時台に君臨する絶対王者でした。そんな完全無欠の王に立ち向かうべく、革命の使徒の如く立ち向かったのが、TBSです。お昼休みに覇権を奪うために、次々と迷番組・珍番組を繰り出し、その都度、壮絶な討ち死にを果たしてきたその歴史を、今回、振り返っていきたいと思います。

8,011 view

おじゃまします(1985年9月17日~1985年11月1日)

『いいとも!』最初期に生贄に捧げられたのが、この『おじゃまします』です。メインMCを務めたのは、当時売出し中だったお笑いコンビ・コント山口君と竹田君。かつて、くりぃむしちゅーが弱小芸能事務所プライムワン(現・プライム)に所属していた時に、共演する吉本・ナベプロ系の芸人たちと張り合うように「俺らの事務所にだってすごい先輩いるんだぞ!コント山口君と竹田君とか…」と言って、よくネタにしていたものです。

そんなコント山口君と竹田君が司会を担当する『おじゃまします』は、アルタと同じく新宿3丁目のスタジオから生放送し、冒頭で「打倒、いいとも!」とコールするなど、露骨なまでに『いいとも!』への対抗意識を燃やしていました。時には、山口君と竹田君が『いいとも!』の観覧に当選して、アルタ前に並んでいる観客を無理やり引き抜いて、自分たちのスタジオまで連れて行ったことも。アバンギャルドにもほどがあります。が、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった『いいとも!』には全く歯が立たず、結局、『おじゃまします』は、わずか1ヶ月半で打ち切りという壮絶な討死を果たしたのでした。
コント山口君と竹田君

コント山口君と竹田君

ぴりっとタケロー(1990年4月2日~1990年9月28日)

『おじゃまします』の次に同じ枠で開始された山城新伍の『新伍のお待ちどおさま』は4年半とそこそこ長持ちします。ところが、その後を引き継ぎスタートした森本毅郎司会の『ぴりっとタケロー』はわずか2クールの短期政権。キャッチコピーは「辛口のお昼ご飯、ぴりっとタケロー」というものでしたが、内容はかなりマイルドな情報番組になっていました。

ぴりっとタケロー

悠々!お昼です(1990年10月1日~1991年9月27日)

引き続き森本毅郎をメインMCに据えた『ぴりっとタケロー』のマイナーチェンジ版。スタジオとレギュラー陣が様変わりした以外、前番組と比べて真新しさはほとんどありません。『おじゃまします』の大爆死以来、すっかり戦意喪失してしまったTBSの保守的姿勢がにじみ出た番組編成と言えるでしょう。

悠々!お昼です

まだTDLについて特集しています…

吉村明宏のクイズランチ(1991年9月30日~1992年10月2日)

この閉塞感を打破すべく、TBSが動きます。当時、『アッコにおまかせ!』で名物リポーターとして名を馳せていた、モノマネ芸人・吉村明宏を司会に大抜擢。生活お役立ち系クイズや芸能系のクイズを扱うというお昼番組にしては珍しい構成になっていましたが、やはり、『いいとも!』の牙城は崩せず、1年あまりで終了してしまいます。
ちなみに、アシスタントは現・イチロー夫人で当時TBS入社3年目だった福島弓子が務めていました。
吉村明宏&真由美

吉村明宏&真由美

素敵な気分De!(1992年10月5日~1993年2月26日)

伊集院光司会で短命に終わった『素敵な気分De!』。そのハイライトとなったのは、番組の最終回。仇敵『いいとも!』のテレホンショッキングに出演していたせんだみつおが、『素敵な気分De!』における司会者の一人・大島さと子を友達に指名したことにより、TBS⇔フジテレビの電話中継が実現し、最後に大きなインパクトを残したのでした。

山田邦子のしあわせにしてよ(1995年4月3日~1997年3月28日)

当時、NHKの「好きなタレント調査」で好感度1位だった山田邦子と、既におニャン子・とんねるずの仕掛け人として名を馳せていた秋元康がタッグを組んだ、かなり気合の入った同番組。

番組開始前の記者会見において、山田は「自分が結婚するまで番組を続けます!」と高らかに宣言していましたが、結局、低視聴率を理由に、結婚する前に番組は打ち切られてしまうのでした。

山田邦子のしあわせにしてよ

河合奈保子 大人の「けんかをやめて」 1995年

宮本和知の熱血!昼休み(1998年3月30日~1998年9月25日)

昔、和田アキ子が「アッコさんがいいともの裏番組やったらどうですか?」と言われて、「10億積まれてもやるか!」とキレていたように、90年代における『いいとも!』の裏は、タレントならば誰もがやりたくない完全なる死に枠。ましてやTBSは、期待の新鋭・コント山口君と竹田君と、好感度タレント・山田邦子を相次いで没落させた“前科”があるため、ブッキングには相当苦労したことでしょう。

そこで、タレントがダメなら、無知な元スポーツ選手を司会に起用したらどうか…と思ったかは定かではありませんが、巨人を退団したばかりの宮本和知に白羽の矢を立てるという、大冒険をやってみせます。が、浅草キッドから「全盛期の防御率よりも低い」とネタにされるほどの低視聴率にあえいだ挙句、わずか半年で終了することに。

宮本和知の熱血!昼休み

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 35,777 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 826 view
サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

国内No.1ブランドコンドーム「サガミオリジナル」は、発売20周年を記念し、愛し合うすべてのカップルを対象にした「デート代20万円を100組にプレゼント」するキャンペーンを実施中です。併せて、キャンペーン特設サイトをオープンさせました。
隣人速報 | 2,575 view
「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 16,260 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト