【大竹まこと】やりたい放題の元祖暴走キャラ!略歴やエピソード・出演番組など!
2020年8月7日 更新

【大竹まこと】やりたい放題の元祖暴走キャラ!略歴やエピソード・出演番組など!

現在では芸能界のご意見番としての印象が定着している大竹まことさん。その一方、芸能界の中でも危険な匂いのする人物として、現在では一つのカテゴリーにもなっている暴走キャラの先駆けといえる存在です。そんな大竹まことさんの略歴やエピソード・出演番組をまとめましたので、ぜひ記事をご覧になってください。

2,539 view

ご意見番のイメージが定着した大竹まことさん

大竹まことさんのプロフィール

大竹まことさんのプロフィール

本名  :大竹 真
生年月日:1949年5月22日
出生地 :東京都目黒区
血液側 :A型
職業  :タレント
活動期間:1977年
出典 ash-d.info

大竹まことさんの略歴

1971年、劇団『俳優小劇場』の養成所に入るのですが、その養成所では幹部たちの争いが絶えず、入所にかかった費用を全て返金してもらったうえで退団。後に同じ境遇の仲間たちが集まり、返金されたお金を元手に劇団『表現劇場』を結成します。

1979年、大竹まことさんは、劇団『表現劇場』の仲間だった斉木しげるさん・きたろうさんの三人でコントユニット『シティーボーイズ』を結成されました。
劇団時代は役者以外の副業はせず、女性からの援助を受けてヒモとして暮らしていましたが、次第に収入のない生活に行き詰まるようになったそうです。
ある公開イベントで『シティーボーイズ』のコントを披露すると、その芝居ぶりが業界関係者の目を引いて記事となります。すると、事態は好転していき、芸能事務所『人力舎』とタレント契約を結ぶことになり、クイズ番組の司会に抜擢されました。しかし、慣れない司会で取り乱してしまい、そのことでテレビ局からは暴れるタレントとして認知されてしまい、そのインパクトは出入り禁止を申し渡されるほどのものでした。

1980年代、お笑い界の重鎮・上岡龍太郎さんが大竹まことさんの噂を聞いて、関西の自身が担当する番組に呼ばれます。しかし、そのせっかくの機会も、萎縮してしまって、何もできないまま終えてしまいます。
次に声がかかることはないと落胆していると、再び上岡龍太郎さんからオファーがあり、何をしてもいいから、好きなようにやるようアドバイスを受けました。これで開き直った大竹まことさんは二度目の番組内で暴走。やりたい放題に乱暴狼藉を働くと、上岡龍太郎さんは腹を抱えて笑ってくれて、結果的には関西地方での活躍の足がかりとなります。
こうして大竹まことさんの暴走キャラというイメージが定着し、危険な匂いがする人物という印象も強くなりました。

大竹まことさんのエピソード

岡本麗さんのヒモだった!?

大竹まことさんが下積み時代に、女性から経済的な支援を受けていたことを略歴でも軽く紹介させていただきました。その部分を掘り下げていくと、その相手は、現在も女優として活躍している岡本麗さんだったという情報が出回っています。
岡本麗さんのことを紹介したミドルエッジの記事のリンクも掲載しておきます。
当時はポルノ女優として活躍していた岡本麗さん。そう考えると、当時は経済的に潤っていて、大竹まことさんの面倒を見ることも大きな負担ではなかったのかもしれませんね。
もっとも経済的な支援を受けていた女性は、岡本麗さん一人だとは限りませんが…

双子の弟・オサムの都市伝説

大竹まことさんのことを大嫌いだと公言していた名優・丹波哲郎さん。偶然、NHKで顔を合わせてしまったとき、自分自身に双子の弟がいることを利用して、咄嗟に「僕は双子の弟でオサムです」と言ってトラブルを回避したそうです。
しかし、このエピソードは一人歩きするようになり、大竹まことさんの弟がNHKに勤務しているといった都市伝説を生むことになってしまいます。身から出たサビとは言いますが、本当の双子の弟さんは料理人みたいなので、お兄さんの嘘によって振り回されたオサムさんは気の毒ですね。

長女が大麻取締法違反で逮捕

2018年、大竹まことさんの長女が大麻取締法違反で逮捕されたと報道され、世間から悪い意味で注目されてしまいました。この件については、親の監督不行届として会見を開いて謝罪しています。
こういった事件が起こると、成人した子供のしたことについて、親はどこまで責任を負うべきなのかという話も出てきますよね。このときに限っては、破天荒なキャラクターとは違った印象をみせた大竹まことさん。親としての素の表情は、厳しさを覗かせつつ、優しいものだったように思えます。

大竹まことさんの主な出演番組

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

人気ドラマに多数出演の俳優!【阿部サダヲ】の嫁や子ども・実業家・私生活が気になる~!!

人気ドラマに多数出演の俳優!【阿部サダヲ】の嫁や子ども・実業家・私生活が気になる~!!

数々の舞台作品での活躍で演技力への評価を高め、舞台を中心にテレビドラマ、映画と幅広く活躍され、人気ドラマに多数出演されてる、阿部サダヲさん。家族や私生活が気になりまとめてみました。
ギャング | 2,892 view
レギュラー番組が10本以上あったのに解散した女芸人コンビ!『おきゃんぴー』が復活?!

レギュラー番組が10本以上あったのに解散した女芸人コンビ!『おきゃんぴー』が復活?!

1985年太田プロダクションに所属していた女芸人コンビの「おきゃんぴー」って覚えていますか?1980年代半ばから1990年初頭に活躍した女芸人コンビ「おきゃんぴー」が懐かしく思いまとめてみました。
ギャング | 15,837 view
元祖リーゼント俳優『三浦洋一』46歳で亡くなった早すぎる死!残された家族は?!

元祖リーゼント俳優『三浦洋一』46歳で亡くなった早すぎる死!残された家族は?!

『池中玄太80キロ』での前川秀也(ヒデ)役、『さすらい刑事旅情編』での香取刑事役を演じた三浦洋一さん私生活では「隠し子発覚」と激しいバッシングを浴び、その後、46歳という若さで他界されました。そんな三浦さんをまとめてみました。
ギャング | 14,527 view
「ちょっとだけよ」など【加藤茶】が演じたコントでのキャラクターを一部振り返ります。

「ちょっとだけよ」など【加藤茶】が演じたコントでのキャラクターを一部振り返ります。

みんなが知っている「ザ・ドリフターズ」の初期メンバーとしてお笑い界を盛り上げ、コントの中で生まれてきた「加藤茶」のギャグを抜粋して紹介します。
ローズリー | 3,107 view
お笑い界のレジェンド!【志村けん】のコントで演じた人気キャラクターを振り返ってみました!

お笑い界のレジェンド!【志村けん】のコントで演じた人気キャラクターを振り返ってみました!

志村けんの冠番組などで登場した人気キャラクターや、おもしろキャラクターを一部紹介していきたいと思います。皆さんの記憶にはどんなキャラクターが残っているでしょうか?
ローズリー | 17,770 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト