カーナビがなかった時代、長距離ドライブに欠かせなかったカーマップ。愛車に後部座席にはマップルが常備されていました。
2016年5月30日 更新

カーナビがなかった時代、長距離ドライブに欠かせなかったカーマップ。愛車に後部座席にはマップルが常備されていました。

いまやカーナビは当たり前の時代。新しい土地に行くのもまったく困らないですよね。そんなカーナビのなかった時代、愛車にはカーマップ(地図)を常備していました。買ってきた地図にマジックや蛍光ペンなどで追記して、自分のよく使うルートに情報を書き込んでいたのです。

3,259 view

いまやカーナビは自動車の標準装備

近年では、もはやカーナビは標準装備されています。
カーナビのついていない自動車を探すのが難しいくらいです。
自動車でのドライブ昔は、大変ではなかったのですか? カーナビの無い時代は?
1970年代 1980年代の頃は、自動車でドライブ大変でしたよね?自分で、地図見て 計画して、苦労したよね? 笑笑笑
カーナビがない時代に車で遠出て無理ゲーじゃね?
このような声も聞かれるくらい、カーナビは必需品となりましたね。

カーナビのない時代、常備品だったカーマップ

私はマップルがお気に入りでしたね。
意外と値段の高かったカーマップ、どれを使ってましたか?

意外と値段の高かったカーマップ、どれを使ってましたか?

カーマップは数千円の代物。
一度買ったらけっこう使い込んだ人が多かったのではないでしょうか。
新年度ごとに買い替える人もいましたね

新年度ごとに買い替える人もいましたね

我慢して、数年に一回買い替えたりしてました。
ここまで揃ってれば無敵!

ここまで揃ってれば無敵!

出版社によっても特徴が違ってて、見やすいマップを探したものですね。
広域から詳細まで、ドライブの強い味方

広域から詳細まで、ドライブの強い味方

地図を見ながら、行ったことのない土地にドライブするのも楽しかった。
自動車で営業の方に欠かせなかった都市マップ

自動車で営業の方に欠かせなかった都市マップ

ちょっとした車内休憩、昔は道路脇でしたもんね。
「後部座席にカーマップ」はお約束

「後部座席にカーマップ」はお約束

後部座席か助手席に放置している人が多かったですね。
マジックや蛍光ペンで印をつけてましたよね

マジックや蛍光ペンで印をつけてましたよね

良く使うページに付箋貼ったり、人それぞれの使い込みがありました。
カーナビがなかった時代、ドライブで一度通った道は憶えてる人が多かったですよね。

道路マニアや地図マニアなんて呼ばれる人が、仲間内に一人はいませんでしたか?
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都府舞鶴市の「ドライブインダルマ」!立ち並ぶ自動販売機とレトロゲーム…ここは昭和にタイムスリップする場所!?

京都府舞鶴市の「ドライブインダルマ」!立ち並ぶ自動販売機とレトロゲーム…ここは昭和にタイムスリップする場所!?

まだコンビニが普及していない時代、自動販売機ってジュースや煙草だけでなく何でも(?)買えましたよね。ハンバーガーにうどんやラーメン、いかにも昭和風情なレトロ感が漂うあの自動販売機が、ズラリと立ち並ぶドライブインが京都府舞鶴市にあるのです。まるでタイムスリップするかのようなお店の名前は「ドライブインダルマ」、店内の様子をご紹介いたします!
ツインリンクもてぎに懐かしのレーシングマシンが大集合!メーカーの垣根を越え、2輪4輪のレースシーンを振り返る!

ツインリンクもてぎに懐かしのレーシングマシンが大集合!メーカーの垣根を越え、2輪4輪のレースシーンを振り返る!

ツインツインリンクもてぎは3月18日から5月31日までの期間、開業20周年記念の第1弾として、特別展示「Racing History of Last 20 Years 【Part1】レースシーン1997-2001」を開催する。
時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第3話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第3話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
カバヤ食品のビッグワンガムはもはやプラモデル?食玩流行の元祖、その功績を振り返る。

カバヤ食品のビッグワンガムはもはやプラモデル?食玩流行の元祖、その功績を振り返る。

グリコやビックリマンチョコなど「おまけ欲しさにお菓子を購入する」もののなかで、一番強く印象に残っているもの。それが「ビッグワンガム」!!ロボダッチやガンプラ(ガンダムプラモデル)などのプラモデルが人気のあった時代、本格的なプラモデルが100~150円で買える食玩「ビッグワンガム」は大ヒットしました。
青春の握り拳 | 247,072 view
【1970年代を彩った憧れの名車たち・世界のオートバイ編】子どものころに憧れたカッコイイ名車たち、あえて時を遡って当時の名車たちに触れてみよう!!

【1970年代を彩った憧れの名車たち・世界のオートバイ編】子どものころに憧れたカッコイイ名車たち、あえて時を遡って当時の名車たちに触れてみよう!!

【1970年代を彩った憧れの名車たち】「世界の自動車大百科」などの図鑑、子供の頃に目を輝かせて読みふけった記憶はありませんか?「西部警察」「あぶ刑事」80年代にいくつも登場したカッコイイ自動車やバイクが活躍するドラマ、そんなドラマに夢中になった私たちが幼いころに憧れたのは70年代を彩った数々の名車だったのかもしれません。そんな1970年代を彩った憧れの名車たち【世界のオートバイ編】を振り返ります。
青春の握り拳 | 34,557 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト