松村邦洋が主役の格ゲー「松村邦洋伝」とは?
2017年11月28日 更新

松村邦洋が主役の格ゲー「松村邦洋伝」とは?

90年代前半、『電波少年』でのアポなし企画などで人気を博した松村邦洋。彼の人気が全盛期だった1994年に『松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!!』というスーパーファミコン用ソフトが発売されました。チープな内容からクソゲーと名高い同作ですが、今回はそんな『松村邦洋伝』の魅力を紹介していきます。

1,375 view

80年代後半に発売されまくったお笑いタレントのゲームソフト

『たけしの挑戦状』『さんまの名探偵』『加トちゃんケンちゃん』『所さんの守るもせめるも』『風雲たけし城』などなど…

80年代後半に大流行した、お笑いタレントをモチーフゲームソフト。有名人の名を借りたことで一定の売り上げが見込めるとの安堵感からか、伝説のクソゲー『たけしの挑戦状』をはじめとして、そのクオリティは往々にして並み以下。多くのソフトが売り出し時を終えた後、ゲームショップのワゴンで、何度も値札を貼り直されて、たたき売りされていたものです。
たけしの挑戦状

たけしの挑戦状

そんなタレントゲームブームもひと段落していた1994年。性懲りもなく、1人の芸人を扱ったゲームが発売されます。その名も『松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!!』。当時モノマネ芸人として売出し中だった松村邦洋をアバターとして動かしていくこの作品も、なかなかのキワモノゲームでした。

『進め!電波少年』で人気者になった松村邦洋

松村邦洋といえば、つい最近、ライザップの新CMに登場したことで話題になりました。別人のような痩せ細り具合に、驚いた人も多かったのではないでしょうか。

松村邦洋、30キロの減量に成功!「こんな幸せない」 「ライザップ」新CM発表会1

もともと、ビートたけし・石橋貴明らのモノマネで頭角を現した彼は、高田文夫の「そうそう!それそれ!」との相槌が「バウバウ!それそれ!」と聞こえることから生まれたギャグ「バウバウ」によってブレイク。1992年からテレビに引っ張りだことなり、この年のゴールデン・アロー賞芸能新人賞を獲得するに至っています。
また同年には、『進め!電波少年』のMCにも抜擢。司会進行役をつとめつつ、「有名人の豪邸でウンコ」に代表されるアポなしシリーズや渋谷にたむろするチーマーの更生企画、一般公募の女性と婚姻してすぐに離婚し「バツイチ」になる企画など、身体をはった挑戦の数々で、一躍お茶の間の人気者となりました。
電波少年

電波少年

異色のゲーム『松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!!』とは?

そんな人気絶頂期だった頃の松村を主人公としたゲームが『松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!!』です。「対戦格闘ゲーム」を謳う同作のパッケージは、ご覧のように松ちゃんの顔写真がイラストの身体にアイコラされています。疑似空間の中を実写の顔が浮いているというデザインは、そこはかとなく『電波少年』を意識したのでしょうか。
松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!

松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!

パッケージには実際の顔写真を使っていますが、ゲーム中は、さすがにディフォルメされたアバターを使うのだろうと思いきや、これがなんと違います。ゲーム中も、写真ライクなリアルフェイスをもつ松村を動かしていくのです。

「ストーリーモード」と「対戦モード」が存在した

ゲームには2つのモードが存在し、1つは対戦モードで、もう1つはストーリーモード。「マツムラ・ファイター」と名付けられた対戦モードはその名の通り、タイマン勝負の格ゲーをプレイできます。フリーター、拳法使い、レスラーなど職業を選択できますが、顔はすべて松村。

ストーリーモードは、松村の所属事務所である太田プロ社長に呼び出されて、「自分を最強にしたゲームソフトを作ってもらうのだ!」と唐突に命令されるところからスタート。これまた、『電波少年』を意識したような始まり方です。
指令の通りに、ゲーム会社へソフトの開発をお願いしに向かう松村。街を歩いていると、チンピラや女忍者など、さまざまな一般人(?)からイチャモンをつけられて、対戦モードに突入。あらゆる攻撃をかわせる回避技「バウバウ」と、体力回復技の「ピロピロ」を駆使して並み居る強敵をなぎ倒し、ストーリーを進めていきます。
最終目的地であるゲーム会社へ行き、そこでラスボスを倒せば、ゲームクリア。晴れて、『松村邦洋伝』をつくってもらう約束を取り付けられ、ジ・エンドです。

【クソゲー】松村邦洋伝を実況プレイ!

敵キャラの顔は、公募で選ばれた素人の顔写真を使用

ちなみに、敵キャラもリアルな実写ライクの顔になっているのですが、こちらは『松村邦洋のオールナイトニッポン』のリスナー及び『ファミ通』内で行われた公募によって選ばれた一般人の写真を使用しているのだとか。キャラのモデルになった人は、ゲーム内において実名・年齢まで公開されていて、当時のプライバシー意識がいかにおおらかなものだったかをうかがい知ることができます。

松村邦洋伝のプレイ動画

ガッツリ一般の方の名前が記載されています。
こうしたチープなゲーム内容に加え、容易にハメ技が可能であり、しかもそれをコンピューターの敵キャラが仕掛けてくるという傍若無人なシステムゆえに、発売当初からクソゲー扱いされている『松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!!』。タレントゲーム全盛だった頃の徒花として、これからもゲーム史にひっそりと名を刻んでいくことでしょう。


(こじへい)
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ファイナルファンタジーⅤ】裏技・小技プレイがおもしろい!

【ファイナルファンタジーⅤ】裏技・小技プレイがおもしろい!

1992年にスーパーファミコンで発売されて以来、絶大な人気を誇る「ファイナルファンタジー5」。ジョブ、アビリティが豊富で自由度の高さが魅力でした。裏技・小技を使ったプレイも豊富!その技ありプレイでFF5を更におもしろくプレイできる方法を再確認してみましょう。
Yam | 9,901 view
佐賀県が「ストⅡ」とまさかのコラボ!?サガットならぬ「佐賀ット」が店長のショップがオープン!!

佐賀県が「ストⅡ」とまさかのコラボ!?サガットならぬ「佐賀ット」が店長のショップがオープン!!

佐賀県は、情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環として、90年代に大ブームを巻き起こし、シリーズ30周年を迎えた人気格闘ゲーム『ストリートファイターII』とのコラボレーション企画「ストリートファイター佐賀」を発表しました。
隣人速報 | 3,640 view
ヨッシー、恐竜ではなく亀の仲間だった。

ヨッシー、恐竜ではなく亀の仲間だった。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売を記念したインタビュー第5回「スーパーマリオワールド + ヨッシーアイランド篇」が公開されたんですが、そこでミドル世代驚愕の事実が発覚!ヨッシーは恐竜ではなく亀の仲間だった!?
隣人速報 | 7,210 view
SFCの隠れた名作『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』がコロンバスサークルから数量限定で再販決定!ご予約はお早めに!

SFCの隠れた名作『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』がコロンバスサークルから数量限定で再販決定!ご予約はお早めに!

コロンバスサークルから、数量限定でSFCソフトの隠れた名作『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』が再販される。2017年11月30日が発売予定日となっており、現在Amazonにて予約を受け付けている。
意外!?ミニスーファミは〇代の女性が最も購買意欲があった!予約受付は9月16日からいよいよ開始!

意外!?ミニスーファミは〇代の女性が最も購買意欲があった!予約受付は9月16日からいよいよ開始!

10月5日に発売を控えた「ミニスーファミ」。気がつけば発売まで1ヶ月を切っています。そこで「勝手にランキング」が各年代の方々に「ミニスーファミを購入する予定があるか」を徹底調査!そして驚きの結果に!?
隣人速報 | 11,423 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト