最速を目指したあの頃…ミニ四駆ブームを彩った「モーター」たち
2020年10月8日 更新

最速を目指したあの頃…ミニ四駆ブームを彩った「モーター」たち

ミニ四駆ブームだった90年代中ごろ。ひたすらマシンを速くするために、さまざまなパーツを駆使して、子供たちは自分のマシンをカスタマイズしていました。特に、動力源となるモーターは重要視されており、中には、タミヤ製ではない「非正規モーター」も多数売られていたものです。

64,948 view

1994年から始まった「第2次ミニ四駆ブーム」

1994年9月。ミニ四駆の『マグナムセイバー』と『ソニックセイバー』が発売されました。ほぼ時を同じくして、月刊コロコロコミックより連載開始になった『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』との相乗効果もあり、すぐに人気が爆発。世に言う「第2次ミニ四駆ブーム」の幕開けです。
爆走兄弟レッツ&ゴー!!

爆走兄弟レッツ&ゴー!!

80年代に巻き起こった第1次ブームとのもっとも大きな違いは、ミニ四駆の形状。第1次は、タイヤが露出したいわゆる「フォーミュラカー型」と呼ばれるデザインだったのに対して、第2次は、タイヤが車体に覆われた「フルカウル型」と呼ばれるモデル。そのデザイン性の高さも、大いに子供心をくすぐりました。
フォーミュラカー型ミニ四駆

フォーミュラカー型ミニ四駆

フルカウル型ミニ四駆

フルカウル型ミニ四駆

豊富に取り揃えていたグレードアップパーツ

もう一つ、第2次ブームの特徴があります。それは“グレードアップパーツの豊富さ”です。第1次ブームが下火になって以降も、コアなファンを満足させるために、マシンを強化するパーツは着々と開発が進められていたようで、マグナム&ソニックセイバー発売時には、かなりバリエーション豊かになっていました。
さまざまなパーツが売られていた

さまざまなパーツが売られていた

さらに、第2次ブームの影響で、高性能かつ高価格なグレードアップパーツも次々と開発されていきます。200円~300円程度なら、まだかわいいものですが、中には大型の「ベアリングローラー」などは、当時のミニ四駆本体と同価格の600円という破格の定価で販売されていたものです。
大型ベアリングローラー

大型ベアリングローラー

ミニ四駆限定 ミニ四駆35周年記念 ブルータイヤ&ゴー...

ミニ四駆限定 ミニ四駆35周年記念 ブルータイヤ&ゴールドメッキAスポークホイール

友人同士で競い合ったり、早いマシンを作り上げたりするのが醍醐味だった

これらのパーツを自由に組み合わせたオリジナルマシンで、友人同士速さを競えるのが、ミニ四駆の醍醐味。ちょっと広めの家に住んでいる子の家には、組み立て式のコースがあったりしたものです。
ミニ四駆のコース

ミニ四駆のコース

また、ひたすら速度を追及したい人のために、「ミニ四駆スピードチェッカー」なるものも販売されていました。
ミニ四駆スピードチェッカー

ミニ四駆スピードチェッカー

速いマシンをつくるために、もっとも大事なパーツとは?

このようなコースやチェッカー、さらには、大小さまざまな大会が開かれていたこともあり、当時は、ひたすら速いマシンをつくることが、多くのミニ四駆キッズたちの関心事でした。

では、どのグレードアップパーツが、もっともスピードに直結しやすいのでしょうか?一概にはいえないものの、やはり、1番分かりやすいパーツというと「モーター」になるのでしょう。中でも、初心者向けとされたのが、『レブチューンモーター』と『トルクチューンモーター』です。
さまざまな種類のモーターが売られている

さまざまな種類のモーターが売られている

タミヤ ミニ四駆 モーターカタログより
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ライモン 2022/3/5 04:54

    違法モーターを作ったメーカーを見たらアオシマ、童友社にアリイ、フジミとプラモデルではお馴染みのメーカーばかり…そんな所が如何にもイカつい暴走族のような雰囲気の怪しい名前とこれまた怪しい雰囲気の漂うパッケージのデザイン、そして最強!と謳うくらい異常過ぎるほど高くした回転数…あまりにも高すぎる故に子供のおもちゃで使うレベルを超えていたとかですが、タミヤから訴えられる事はなかったでしょうか?今でもそうした違法モーターが売られているそうなのですが…色々大丈夫なのでしょうか?

    ライモン 2022/2/22 21:38

    当時のミニ四駆の改造本とか読むと公認大会でよく使われていたのはレブチューンよりもトルクチューンの方でした。やはり大きな大会のコースは複雑なレイアウトのコースでストレートでのスピードよりもトルクの方を優先していたでしょう。(それと超速ギヤーの組み合わせが鉄板でした)
    違法モーターを使うととても危険です。火傷や思わぬ事故にもなるので自己責任となりますが使うならタミヤ製に限りましょう‼︎

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2022-2023」発売!ミニ四駆にまつわる”あるある”って何があった!?

「タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2022-2023」発売!ミニ四駆にまつわる”あるある”って何があった!?

ワン・パブリッシングより、「タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2022-2023」が現在好評発売中です。
隣人速報 | 533 view
全てのミニ四駆ファンに捧ぐ!『タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2021-2022』が好評発売中!!

全てのミニ四駆ファンに捧ぐ!『タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2021-2022』が好評発売中!!

株式会社ワン・パブリッシングより、『タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆超速ガイド2021-2022』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 608 view
ミニ四駆で遊んでた?ミニ四駆の流行から衰退までの流れと幼少期の思い出を語る

ミニ四駆で遊んでた?ミニ四駆の流行から衰退までの流れと幼少期の思い出を語る

皆さんは子供の頃、ミニ四駆で遊んだ思い出をお持ちでしょうか?アラフォー世代ならきっとドンピシャな懐かしいミニ四駆の流行~衰退の流れを紹介すると共に、自身のミニ四駆にまつわる思い出を語ります!
ゆうなパパ | 2,696 view
ミニ四駆世代必見!「タミヤフェア2017」が今年も開催されます!!

ミニ四駆世代必見!「タミヤフェア2017」が今年も開催されます!!

静岡の秋のホビーイベントとしてすっかり定着したタミヤフェア。注目の新製品の展示をはじめ、参加型の様々なイベント、さらに会場でしか買えない限定商品の販売や、掘り出し物の即売などのコーナーが展開されます。
隣人速報 | 2,083 view
ミニ四駆世代必見!タミヤが10月に発売する最新ミニ四駆を要チェックだ!!

ミニ四駆世代必見!タミヤが10月に発売する最新ミニ四駆を要チェックだ!!

株式会社タミヤが10月に発売する新製品を発表しました。ミニ四駆PROシリーズ、RCガイドブックなど、充実のラインナップ。かつてミニ四駆に夢中になった方なら要チェックの内容となっています!
隣人速報 | 6,030 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト