岡田有希子と堀越高校で同級生だった、誕生日も5日違いのアイドル「岡村有希子」をご存知ですか?
2018年5月5日 更新

岡田有希子と堀越高校で同級生だった、誕生日も5日違いのアイドル「岡村有希子」をご存知ですか?

80年代を代表するアイドルにして、悲劇のヒロインでもある岡田有希子。一方、彼女と非常に名前の似ている「岡村有希子」というアイドルが同時期に活動していたのをご存知でしょうか?この記事では、ユッコの影に隠れてあまり語られることのない「岡村有希子」について書いてみたいと思います。

10,797 view

岡田有希子と一文字違いの「岡村有希子」ってご存知ですか?

80年代を代表するアイドルにして、悲劇のヒロインでもある岡田有希子。ミドルエッジ読者の皆さんであれば誰もがご存知であるかと思います。一方、彼女と非常に名前の似ている「岡村有希子」というアイドルが同時期に活動していたのをご存知でしょうか?この記事では、ユッコの影に隠れてあまり語られることのない「岡村有希子」について書いてみたいと思います。
 (2002706)

こちらは皆さんご存知の「ユッコ」こと岡田有希子ですが…
 (2001777)

こちらが「岡村有希子」。皆さんご存知ですか?

ユッコの5日前に生まれた同級生・岡村有希子!!

1967年8月17日、岡村有希子は山口県下関市に生まれました。岡田有希子が1967年8月22日生まれですから、わずか5日しか違わないことになります。なお堀越高校を卒業しており、ユッコとは高校の同級生でした。ちなみに本名は「岡村佳枝」で、ユッコの本名である「佳代」とこちらも一文字違いです。
 (2001794)

雑誌に登場した際の岡村有希子。画像の一番左の子です。

1984年、ユピテルレコードから歌手デビュー!

小学生の時から歌手を目指し、平尾昌晃ミュージックスクール福岡校に通っていた岡村有希子。当時から抜群の歌唱力で頭角を現し、中学3年生の時に上京。堀越高校入学後の1984年1月25日、ユピテルレコードより「哀しみのレイン・トリー」で歌手デビューしました。
 (2001776)

「哀しみのレイン・トリー」のジャケット。
C00021311/EP/岡田有希子「ファースト・デイト」 - ヤフオク! (2002724)

ちなみにユッコのデビューシングル「ファースト・デイト」は3か月後の1984年4月21日発売です。

立て続けにシングルを発表!!

岡村有希子はユピテルレコードとしても成長株として期待されており、デビューシングルに続き1984年4月25日には「眠れない...眠らない」、9月10日には「雨上がりのサンジェルマン」を立て続けに発表。タモリのラジオ番組に出演した際には、岡村有希子の憧れの存在であった松任谷由実の「ユーミン」を文字った「ユーリン」という愛称を貰いました。
EPA1224 岡村有希子/眠れない・・・眠らない/7... - ヤフオク! (2002728)

セカンドシングル「眠れない...眠らない」のジャケット。

テレビ出演時の動画。動く岡村有希子は超貴重!

岡村有希子(Yukiko Okamura) - 雨上がりのサンジェルマン 1984/08/13

芸名を「岡村佳枝」に変更!!

デビューから1年で上述の3枚のシングルをリリースし順風満帆に見えた彼女でしたが、4枚目のシングル「水曜日のリセエンヌ」を出す直前、なんとユピテルレコードが倒産してしまいました。
倒産のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (2002750)

※画像はイメージです。
加えて、当時先に人気の出たユッコとよく混同され、コンサートなどの会場にユッコのファンが間違えてやってくることもあり、「ユッコじゃねえ!」的な理不尽な対応も受けたとのことで、1985年には芸名を本名の岡村佳枝に変更しました。
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

松田聖子、石川優子、渡辺美里、吉川晃司らのヒット曲を手がけたレジェンド編曲家「大村雅朗」の代表作が4枚組のCDに!!

松田聖子、石川優子、渡辺美里、吉川晃司らのヒット曲を手がけたレジェンド編曲家「大村雅朗」の代表作が4枚組のCDに!!

昭和から平成にかけて作編曲家としてヒット曲を量産し、1997年に46歳の若さで世を去った大村雅朗の代表的な作品70曲を集めた4枚組CD「作編曲家 大村雅朗の軌跡 1976-1999」が、現在好評発売中です。
隣人速報 | 917 view
あの悲劇から33年…平成最後の4月8日、岡田有希子の墓前には今でも多くのファンが訪れていた!!

あの悲劇から33年…平成最後の4月8日、岡田有希子の墓前には今でも多くのファンが訪れていた!!

80年代を代表するアイドルにして、悲劇のヒロインでもある岡田有希子。1986年4月8日に彼女が亡くなってから、今年で実に33年が経過しました。彼女の命日には、今でも墓前に多くのファンが訪れています。
隣人速報 | 13,256 view
「恋のバッキン!」で大人気に!深夜番組“グッドモーニング”に出演していた「オナッターズ」って覚えてる!?

「恋のバッキン!」で大人気に!深夜番組“グッドモーニング”に出演していた「オナッターズ」って覚えてる!?

ミドルエッジ世代が若い頃、色々な意味でお世話になっていた深夜番組。80年代半ば、テレビ朝日系列で放送されていた深夜番組「グッドモーニング」で、マスコットとして活動していたアイドル「オナッターズ」を皆さん覚えていますでしょうか?
となりきんじょ | 16,456 view
「クラスで5番目に可愛い女の子」って!?83年にデビューした女性アイドルのキャッチフレーズ一覧!

「クラスで5番目に可愛い女の子」って!?83年にデビューした女性アイドルのキャッチフレーズ一覧!

昭和期に活躍したアイドルであれば誰もが持っていた「キャッチフレーズ」。松田聖子であれば「抱きしめたい!ミス・ソニー」、中森明菜であれば「ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)!」と、ある意味そのアイドルの看板として機能していました。この記事では、1983年にデビューした女性アイドルに付けられたキャッチフレーズについて振り返ってみたいと思います。
“偽マッチ”こと新田純一が出演した映画の主題歌を担当!少女隊のそっくりさん「乙女隊」とは?

“偽マッチ”こと新田純一が出演した映画の主題歌を担当!少女隊のそっくりさん「乙女隊」とは?

1984年にデビューし人気を博した3人組「少女隊」。ミドルエッジ世代でも覚えている方は多いのではないでしょうか。一方、彼女たちと同時期に名前のそっくりな「乙女隊」なるグループがいたのをご存知でしょうか?この記事では「乙女隊」にスポットを当ててみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト