ホノルルを舞台に暴れるチンピラ二人の青春活劇『ハワイアン・ドリーム』
2020年11月23日 更新

ホノルルを舞台に暴れるチンピラ二人の青春活劇『ハワイアン・ドリーム』

1987年、夏の終わりに公開された映画『ハワイアン・ドリーム』。1984年公開の『チ・ン・ピ・ラ』の続編的な位置付けにある作品。脚本・監督は川島透。出演者は時任三郎やジョニー大倉、桃井かおり。

491 view
1987年、夏の終わりに公開された映画『ハワイアン・ドリーム』は、バブル時代に全編ハワイロケを敢行した作品だ。脚本・監督は、アウトロー映画の名手である川島透。1984年公開の『チ・ン・ピ・ラ』の続編的な位置付けにある当作品は、今なお多くのファンに語り継がれている。
 (2240728)

あらすじ

ひょんなことから日本を飛び出した2人のチンピラ・川添達彦と山際翔史。2人がハワイに住み始めてから3年が過ぎた。現地の日系人になりすまし、観光客に偽のクスリを売ったりとやりたい放題。行きつけのバーのママ・レイコや日系二世の老人3人組・大原、島村、ロレンス、ダンサーを目指す日系人の美女・カレンとも仲良くなり、自由奔放な毎日を送っていた。
そんなある日、地元の名士・モランがマフィアと関係していることを知った達彦と翔史は、ピアス警部の依頼を受け、モランを逮捕するための“作戦”を実行する

キャスト

時任三郎 - 川添達彦
ジョニー大倉 - 山際翔史
タムリン・トミタ - カレン・サイトウ
桃井かおり - レイコ・ケイン
G・W・ベイリー - ピアス警部

ストーリー

ハワイアンドリーム CM 1987年

抜けるような青空と海にマッチする『夢の続き』

オープニングで映し出されるのは、アメ車のオープンカーに乗り込んでワイキキの街中を転がす主人公の二人組。ビーチ、パームツリー、カラカウア通り……そんな眩しい街並みに重なるテーマソング『夢の続き』は、爽快感に溢れて、南の風を感じさせて、そして、僕たちを80年代にトリップさせてくれる。因みに、僕がハワイに行く時に必ず持参しているのが、この楽曲が入ったアルバム。ホノルル空港でオープンカーを借りて、まず一発目に『夢の続き』を聴くのは通過儀礼ともなっている。

Baby, baby, don’t look so sad
There’s gonna be a better tomorrow
重い扉の向こうは
いつでも青空さ

Baby, baby, close your eyes
Go back into your endless dream
果てしない夢の続き
見させてあげるから

ハワイアン・ドリームという名のカクテル

心に深く残っている名シーンがいくつかある。主人公の一人である達彦(時任三郎)が恋人のカレン(タムリン・トミタ)と喧嘩をした後にヤケ酒を飲むシーンなのだが、様々な国の酒を混ぜ合わせてながら、ジャパニーズ、コリアン、チャイニーズと次々と国名を呟いていくのだ。すると、隣にいた客が「何という名のカクテルなんだ?」と尋ねる。そこで、達彦は「ハワイアン・ドリーム」と応えるのだ。関心を持った客は「どんな味がするんだ?」と続けて聞いてくる。そして、達彦はこう応える。「甘く、ほろ苦い」とーー。

ハワイには、多くの移民たちが住んでいる。彼らは、夢を見て、様々な国から移民してきた。夢に破れてしまった者もいれば、夢を諦めずにもがき続けている者もいる。そんな彼らをカクテルに喩えて描写するシーンは、まさに、ほろ苦く、切ない。

フザけながらも、真剣に人生を楽しむ

輝くワイキキの海をバックに達彦(時任三郎)と翔史(ジョニー大倉)がランチをするシーンも名シーンのひとつだ。仏頂面をしている達彦に翔史が言葉をぶつける。「いったい何が不満なんだよ。ここは、天国じゃないか!?」その言葉をうけて達彦はこう言い放つのだ。「天国に住めるのは、神様だけだろう!? 俺は人間なんだよ」

一瞬、二人はマジな顔になるが、それも束の間、いつも通りのフザけた調子に戻る。この洒落たやりとりを見ていると、フザけながらも真剣に人生を楽しむ大切さを感じてしまう。決して一人でもできないし、男女でも成立しないやりとり。阿吽の呼吸とも言える、気心の知れた男仲間だけに通じる言葉遊びのようなユーモア。しかしながら、笑い飛ばす表情や、台詞の行間に見え隠れする寂しげな想いもあり、それがジーンと伝わってくる。

世界には、「天国だ」と形容される場所は多くある。ハワイもそのひとつだ。だが、実際には、自分自身にとって心地よく感じるのは、どこででも、どんなパートナーとどれだけリラックスできる時間を過ごそうという心構えにかかっている。男同士の腐れ縁(弱音も見せ合える仲)という設定だからこそ、味わい深いシーンに昇華している気がするのだ。

ダブル・ミーニングを知ると切なくなる

翔史(ジョニー大倉)とつきあっているのが、ホノルル現地でラジオのDJをしているレイコ(桃井かおり)。シングルマザーの彼女は、将来、翔史と暮らしていくことを考えていた。しかし、結局、翔史はある事件に巻き込まれてレイコの元を去ることになる。

そんな彼女の心情を吐露したのがDJをしている際に「アロハー、ハワイはいつでもあなたを待っています」という言葉。これには、観光地としてのハワイへいつでもようこそという意味に加えて、自分の元を立ち去ってしまった翔史への想いがダブル・ミーミングで表現されているのだ。とても、切なさを感じてしまうシーンなのである。

DVD化が望まれる幻の名作

残念ながら、『ハワイアン・ドリーム』はDVD化がされていない。現在、流通しているのはビデオだけのようだ。当然のごとく、DVD化やオンライン化を望む声は多く、かくいう僕もその中の一人だ。加えて、ジョニー大倉の死去により、かつて川島監督が語っていた「ハワイを脱出した二人の続編」もどうなるのだろうと気が気ではない。もしかしたら、この作品もまた青春のように一度きりになってしまうかもしれない。だが、現在でも、そして、いつまでも輝きを失わない名作であり続けることは確かだろう。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

沖縄の美しい自然をバックに薬師丸ひろ子が映える「メインテーマ」をご紹介します。

沖縄の美しい自然をバックに薬師丸ひろ子が映える「メインテーマ」をご紹介します。

メインテーマは、眼前に広がる沖縄の大自然をバックに、織りなす男女の恋心を描く青春ドラマです。二十歳の薬師丸ひろ子がまぶしいほど可愛い素敵な作品です。
Kengreen | 5,323 view
Mr.ホワイティを覚えてる?元医者の刑事が活躍する漫画だったが・・・

Mr.ホワイティを覚えてる?元医者の刑事が活躍する漫画だったが・・・

高校鉄拳伝タフの作者で知られる猿渡哲也先生ですが、実は週刊少年ジャンプで異色の刑事漫画を連載していたことを知っていますか?連載期間の短さから覚えている人も少ない幻の作品を紹介します。
ゆうなパパ | 217 view
【禁断の目次録クリスタル・トライアングル】アニメ版・和製インディー・ジョーンズ!

【禁断の目次録クリスタル・トライアングル】アニメ版・和製インディー・ジョーンズ!

古代文明の謎を紐解く戦う考古学者・神代耕一郎。その在り様は、名作映画『インディー・ジョーンズ』を思い浮かべたミドルエッジ世代も多いはずです。今回の記事では、こちらの作品に焦点を当てて、その本編映画やストーリー・魅力をご紹介させていただきます。ハラハラドキドキの展開を一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 160 view
オレンジロード、ドラゴンボール、男坂、ガクエン情報部HIP.…1984年の週刊少年ジャンプで連載開始された作品一覧!!

オレンジロード、ドラゴンボール、男坂、ガクエン情報部HIP.…1984年の週刊少年ジャンプで連載開始された作品一覧!!

日本を代表する少年漫画誌・週刊少年ジャンプ。この記事では、1984年の同誌において連載が開始された作品を振り返ってみましょう。
OVA版【冒険してもいい頃】AV制作から始まるサクセスストーリー?魅力や関連商品など

OVA版【冒険してもいい頃】AV制作から始まるサクセスストーリー?魅力や関連商品など

アダルトビデオの制作事情をギャグテイストに描いた『冒険してもいい頃』。アニメとしては、あまりにも革新的な内容で男性ファンから注目されました。今回の記事では、OVA版『冒険してもいい頃』に注目して、その本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきたいと思います。関連商品も併せてご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 689 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト