男性映画俳優・昭和の二枚目俳優の歴史(戦前から1960年代に活躍した俳優)46名
2016年6月5日 更新

男性映画俳優・昭和の二枚目俳優の歴史(戦前から1960年代に活躍した俳優)46名

ハンサムなイケメン男性映画俳優・昭和の二枚目俳優を生誕順(1900年から1945年まで)で戦前から1960年代までに特に活躍した46名をおさらいしてみましょう。国内映画産業が黄金期だった頃のイケメン俳優たちは、やはり凄いかっこいいです。

378,812 view
森 雅之(もり まさゆき)

森 雅之(もり まさゆき)

森 雅之(もり まさゆき、1911年1月13日 - 1973年10月7日)は、北海道上白石村(現在の札幌市白石区)生まれ、東京都出身の俳優。父は小説家の有島武郎。本名は有島 行光(ありしま ゆきみつ)。
森 雅之(もり まさゆき)

森 雅之(もり まさゆき)

池辺良

池部 良(いけべ りょう)

池部 良(いけべ りょう)

池部 良(いけべ りょう、1918年2月11日 - 2010年10月8日)は、日本の俳優・随筆家。東京市大森区出身。立教大学文学部英文科卒業。
池部 良(いけべ りょう)

池部 良(いけべ りょう)

三船敏郎

三船 敏郎(みふね としろう)

三船 敏郎(みふね としろう)

三船 敏郎(みふね としろう、Toshiro Mifune、1920年4月1日 - 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。本名は同じ。
三船 敏郎(みふね としろう)

三船 敏郎(みふね としろう)

三船 敏郎(みふね としろう)

三船 敏郎(みふね としろう)

岡田 英次(おかだ えいじ)

岡田 英次(おかだ えいじ)

岡田 英次(おかだ えいじ)

岡田 英次(おかだ えいじ、1920年6月13日 - 1995年9月14日)は、日本の俳優。千葉県銚子市生まれ。身長166cm。慶應義塾大学経済学部卒業。

1946年、村山知義の第2次新協劇団に入団。1949年に『花の素顔』で映画デビュー。
1950年、今井正監督の『また逢う日まで』で久我美子の相手役を演じたことで一躍注目を浴びる(ガラス越しの接吻シーンは戦後の自由な映画を象徴するものとして有名)。
「新協劇団」分裂後の1954年、劇団青俳を木村功らと設立。後に現代人劇場を経てフリーに。『真空地帯』『ここに泉あり』などの話題作に次々と出演したほか、1959年にはアラン・レネ監督の『二十四時間の情事』に出演。世界的にも知られることに。

テレビドラマでは『樅ノ木は残った』『高原へいらっしゃい』『白い巨塔』などに出演した。
その日本人離れした彫りの深い整った風貌から「和製ジャン・マレー」と云われ、親しまれた。
1995年9月14日、心不全のため死去。75歳没。
従妹は遠藤周作と結婚した。

三國 連太郎(みくに れんたろう)

三國 連太郎(みくに れんたろう)

三國 連太郎(みくに れんたろう)

三國 連太郎(みくに れんたろう、1923年(大正12年)1月20日 - 2013年(平成25年)4月14日[1])は、日本の俳優。本名は佐藤 政雄(さとう まさお)。群馬県太田市生まれ。身長181cm、体重75kg。

個性派俳優として日本映画界を牽引し、圧倒的存在感をスクリーンに残した 国民的名優 の1人。

デビュー以後、『ビルマの竪琴』(1956年)、『飢餓海峡』(1965年)、『はだしのゲン』(1976年)、『ひかりごけ』(1992年)など社会派作品から、『未完の対局』(1982年)、『三たびの海峡』(1995年)、『大河の一滴』(2001年)など中国を中心にした国際合作、『犬神家の一族』(1976年)、『野性の証明』(1978年)、『マルサの女2』(1988年)などの娯楽大作まで、主演・助演を問わず幅広く出演、映画出演の本数は180本余りに及ぶ。 その徹底的な役作りは真骨頂と評され、エピソードも残している。
三國 連太郎(みくに れんたろう)

三國 連太郎(みくに れんたろう)

船越 英二(ふなこし えいじ)

船越 英二(ふなこし えいじ)

船越 英二(ふなこし えいじ)

船越 英二(ふなこし えいじ、本名 船越 榮二郎、1923年(大正12年)3月17日 - 2007年(平成19年)3月17日)は、日本の俳優。東京都出身。専修大学経済学部卒業。
兄は同じく俳優三島謙(本名・船越榮太郎)。長男は同じく俳優の船越英一郎。妻は女優の長谷川裕見子。

1947年(昭和22年)、兄の友人が冷やかし半分で大映第2期ニューフェイス募集に船越の応募書類を送付したところ合格。同年3月に大映東京撮影所演技研究所に通い、4月には大映と専属契約、『第二の抱擁』で折原啓子の恋人役でデビュー。

最初は出来心で俳優になったが、地元の新宿商店街に後援会まで発足してしまったので引っ込みがつかず、中途半端な心境のためか、当時を知る映画関係者によるとあまり印象に残らない俳優だったという。役柄も真面目青年しか与えられなかったが、1952年(昭和27年)に『安宅家の人々』、『秘密』の演技が好評を呼ぶ。

以降も二枚目俳優として大映のプログラムピクチャーに出演、もっぱら主演女優の引き立て役が多かったが、1956年(昭和31年)に『日本橋』、『四十八歳の抵抗』、翌年の『満員電車』、『夜の蝶』で演技派俳優として開花、それまでの単なる二枚目俳優から飄逸さと人間的逞しさを併せ持つ性格俳優となった。

中でも1959年(昭和34年)の大岡昇平原作、市川崑監督の『野火』に主演し、極限状況における敗残兵を演じきり、絶賛されたその演技は各映画賞を総なめにした。その後も大映に欠かせないスターとして、美男のルックスと個性を活かして様々なジャンルの作品でその役柄をこなす手堅い演技派として活躍。菅原謙次や根上淳ら同年代の大映現代劇の男優たちよりも息の長い活躍を見せた。

和製マルチェロ・マストロヤンニとも謳われ、1971年(昭和46年)の大映倒産まで映画で活躍。その後は主にテレビドラマにて、『時間ですよ』『熱中時代』『暴れん坊将軍』など学園ドラマ・現代劇・時代劇問わず活躍し、いずれも代表作となった。

鶴田浩二

鶴田 浩二(つるた こうじ)

鶴田 浩二(つるた こうじ)

鶴田 浩二(つるた こうじ、1924年(大正13年)12月6日 - 1987年(昭和62年)6月16日)は、日本の俳優、歌手。本名は小野 榮一。兵庫県西宮市出生。静岡県浜松市出身。昭和を代表する映画スターとして数多くの映画やドラマに主演した。また歌手としても多くのヒットを出し、独特の歌唱法でも有名だった。
鶴田 浩二(つるた こうじ)

鶴田 浩二(つるた こうじ)

鶴田 浩二(つるた こうじ)

鶴田 浩二(つるた こうじ)

148 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 通りすがり 2018/9/3 00:52

    ネット記事貼り付けの底の浅〜い記事。ページが進むにつれて内容が薄くなっていく。記憶の浅い人、知らない人も思わず調べてみたくなるような紹介をお願いしたいものだ。あ、もうこのサイト利用しないけどね。

    TATSU 2018/6/27 19:13

    こう見るとみんな眉毛が太く濃く、目はキリッとした彫りの深い、ハーフみたいな人が多い。これは大衆の外国人への憧れからなのか、それとも古くからの二枚目の条件なのか。でもなぜか和服が絶妙に似合うんだよね。
    それにしてもこれ見てると今の薄顔俳優は女だね。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

田中邦衛が「若大将シリーズ」で演じた青大将とは?

田中邦衛が「若大将シリーズ」で演じた青大将とは?

『若大将』シリーズを大いに盛り上げてくれた田中邦衛演じる「青大将」こと石山新次郎を解説。田沼雄一(加山雄三)のライバルでしたが、プライベートでの関係はどうだったのでしょうか。
【伊丹十三】20年の時を越え、いま甦る伊丹スタイル!『Men`s Precious』で伊丹十三特集!

【伊丹十三】20年の時を越え、いま甦る伊丹スタイル!『Men`s Precious』で伊丹十三特集!

映画監督、俳優、エッセイスト――戦後からバブル崩壊後にかけて様々な分野で活躍、当時の日本人に多大なる影響を与えた男、伊丹十三。彼の〝妻にして戦友〟の宮本信子さんを中心に、こだわる男のための『Men`s Precious』が伊丹十三特集を組んでいる。
ニュースFレン | 1,045 view
大五郎と言えば「ちゃーん」!乳母車や演じた俳優を振り返る!

大五郎と言えば「ちゃーん」!乳母車や演じた俳優を振り返る!

子連れ狼シリーズに登場する拝大五郎。「ちゃーん」の台詞が印象的でしたね。さらに大五郎が乗る箱車(乳母車)や演じた俳優を振り返ります。
日本を代表する俳優「エースのジョー」こと宍戸錠!!

日本を代表する俳優「エースのジョー」こと宍戸錠!!

昭和を代表する俳優であり、ドラマ・映画だけでなく時にはバラエティでも活躍する大物「宍戸錠」。この記事では、彼の様々なエピソードを交えて半生を振り返ってみたいと思います。
松田優作ファン感涙!「蘇える金狼」「野獣死すべし」とコラボしたファッションアイテムが登場!!

松田優作ファン感涙!「蘇える金狼」「野獣死すべし」とコラボしたファッションアイテムが登場!!

有限会社ハードコアチョコレートは、有限会社OFFICE作とのコラボ商品として、松田優作の主演映画「野獣死すべし」「蘇える金狼」のファッションアイテム全4種を現在発売中です。
隣人速報 | 657 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト