〝缶コーヒーの最長寿ブランド〟でギネス記録に!間もなく販売50周年を迎える「UCC ミルクコーヒー」がご当地キャラとコラボ!
2018年8月2日 更新

〝缶コーヒーの最長寿ブランド〟でギネス記録に!間もなく販売50周年を迎える「UCC ミルクコーヒー」がご当地キャラとコラボ!

2018年5月に〝缶コーヒーの最長寿ブランド〟としてギネス登録された「UCC ミルクコーヒー」。来年の発売50周年も記念して、UCCは関東・中部・関西の人気ご当地キャラとコラボした「UCC ミルクコーヒー ご当地キャラ缶250g」3種類を8月6日から地域数量限定で新発売します。

1,433 view

ギネス記録! 〝缶コーヒーの最長寿ブランド〟

UCCとご当地キャラがコラボした《UCC ミルクコーヒー ご当地キャラ缶250g》が8月6日から新発売!

 2018年5月に〝缶コーヒーの最長寿ブランド〟としてギネス登録された《UCC ミルクコーヒー》。
 来年の発売50周年も記念して、UCCは関東・中部・関西の人気ご当地キャラとコラボした《UCC ミルクコーヒー ご当地キャラ缶250g》3種類を8月6日から地域数量限定で新発売します。
UCC ミルクコーヒー ご当地キャラ缶250g

UCC ミルクコーヒー ご当地キャラ缶250g

 ご当地キャラ缶はエリアごとに3キャラクターをデザインしており、関東エリア編には《ぐんまちゃん》《チーバくん》《ねば~る君》が、中部エリア編には《ミナモ》《オカザえもん》《しっぺい》が、関西エリア編には《タボくん》《ちっちゃいおっさん》《コーベアー》が登場しています。
 彼らキャラクターたちとUCCがコラボレーションするのは初めてのこと。

《UCC ミルクコーヒー ご当地キャラ缶250g》製品概要

関東エリア編

関東エリア編

中部エリア編

中部エリア編

関西エリア編

関西エリア編

コラボレーションしたご当地キャラクターについて

コラボレーションしたご当地キャラクターについて

製品特長

・レギュラーコーヒー100%使用。香料不使用。
・乳飲料規格。乳糖プラス。
・ミルクの甘みがやさしい、まろやかなミルクコーヒー。

希望小売価格
 115円(税抜)

カロリー
 44kcal(100gあたり)

ケース入数
 250g×30本

販売地域/チャネル
 関東・中部・関西エリアの量販店など

飲料メーカーの接戦

「ミナミの帝王」がちょうど100巻を迎える頃だったと思いますが、《緑茶戦争編》というエピソードがありまして。

 これは数々のヒット商品に恵まれながら緑茶部門だけがヒットをとばせない某大手飲料メーカーにおいて、新しい緑茶商品の開発を任された女子社員の奮闘を描いたエピソードとなっております。

 これが金融漫画らしくなかなかおもしろくできていて、
・日本の緑茶飲料のシェアは《お~いお茶》が非常に高い。
・コンビニで飲料が置かれるスペースを考慮すると、業界でも1位2位ぐらいの売上を保っていないと陳列されない(売れるものはさらに売れ、売れないものはさらに売れなくなる)
・歴史的にも《お~いお茶》の功績が強すぎる。生半可な新商品では対抗できない。

 という業界情報が盛りだくさんです。というかここまで書くとおわかりの方もいると思いますがサントリー《伊右衛門》の開発秘話です。作中はもちろん名前が違いましたが。

「ミナミの帝王」も漫画なので業界情報にしろ開発秘話にしろ鵜呑みにするのはよろしいことではありません。
 とはいえ《お~いお茶》のシェアが非常に高いのは事実で、《生茶》《伊右衛門》《綾鷹》など強力(?)な緑茶飲料が出揃ってきた近頃ですら《お~いお茶》はシェア40%程度を誇っているというからおそろしい話です。
 シェア1位獲得年数でいくと伝説級。2014年の時点で〝20年間シェア1位〟という記事が存在しているのと、上記商品たちが《お~いお茶》を抜いたという話も聞かないのでこの記録は現在も更新中であると思われます。おお、つよいつよい。

 さておき、このあたりの事情がそこそこ紹介されているのが「ミナミの帝王」の緑茶戦争編。
 いつもの銀ちゃんの、裏世界の方々との切った張ったこと少ないものの幾人かの女性との関係を巡ってどこか寂しそうな顔を見せる銀ちゃん、その顔を見せる原因となった意外な過去の出来事が紹介されるなどなかなかの名エピソードかな思っているわけです。はい。
ミナミの帝王 100

ミナミの帝王 100

 では本題。缶コーヒー業界の方に目を向けてみましょう。

 缶コーヒーの年表を確認してみますと、世界初の缶コーヒーは1876年アメリカで開発されたとする説があるようです。
 日本で登場したのは1959年から。なかなか古い話ですから《ダイヤモンド缶コーヒー》と聞いてオッとなる人はなかなかの缶コーヒー通ではないでしょうか。

 その後、明治の《明治コーヒードリンクス》、日本橋三越の《ミラ・コーヒー》などが缶コーヒー史黎明期に続々登場。
 我らが上島珈琲の《UCCコーヒー ミルク入り》が登場するのは開幕から10年後の1969年の事と相成ります。
UCCコーヒー ミルク入り

UCCコーヒー ミルク入り

 当時(割と現在もですが)はコーヒー牛乳と言えばビンだった時代です。
 ので《UCCコーヒー ミルク入り》は〝持ち歩けるコーヒー牛乳〟としてヒットしたという噂があります。

 1973年に入るとホット専用自販機、そして《つめた~い》も《あったか~い》も提供できる自販機が設置されていきます。これによって飲料全体の市場が活性化されたのはもちろん、アイスでもホットでも愛される缶コーヒーの消費量ががんがん上がっていくことになります。そらもうウハウハです。


 ところが。
 市場の需要が高まるという事は注目度が高まり、競争率が高まるという事に直結します。


 1975年、日本コカ・コーラ社のブランド《ジョージア》が登場。
 さらに1980年代も半ばになるとサントリー、キリン、アサヒといった大手飲料メーカーも市場に参加。
 この頃には例のコンビニ売上の問題も発生することでしょう、缶コーヒー市場には嵐が起こり、商品とブランドはものすごい勢いで淘汰洗練されていきます。
 危急存亡の秋、実際この頃に消えていった商品たちは結構な数になることでしょう。


 しかしUCCは残ります。しかも《UCCミルクコーヒー》も残ります。
 ここで打たれた手が面白い、UCCは〝沖縄〟に目を向けたのでした。

 地域が変われば売れる飲料も変わってくる、UCCは《さんぴん茶》(つまりジャスミン茶)、《シークワサー》など沖縄を感じさせる飲料を開発し、開発済であった《霧の紅茶》やコーヒー系飲料を並べて自販機事業を継続させます。

 本土では大手メーカーに押されていた自販機事業ですが、先んじて展開できれば地元企業も同然です。wikiの
沖縄県では自販機事業を継続しており、日本コカ・コーラに匹敵する数の自販機がある。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ルービックキューブ」がついに発明50周年!同じく50周年を迎える「超合金」とのコラボ商品を発売!!

「ルービックキューブ」がついに発明50周年!同じく50周年を迎える「超合金」とのコラボ商品を発売!!

ルービックキューブ発明50周年を記念し、さまざまな記念商品を展開するメガハウスが、BANDAI SPIRITSが展開し誕生から50周年を迎える『超合金』ブランドとのコラボレーション商品「超合金 ルービックキューブ」を発売します。
隣人速報 | 243 view
「週刊プロレス」と「ワンダ モーニングショット」が再びタッグマッチ!『ファミリーマートのプロレス缶』が登場!!

「週刊プロレス」と「ワンダ モーニングショット」が再びタッグマッチ!『ファミリーマートのプロレス缶』が登場!!

ファミリーマートにて、ベースボール・マガジン社のプロレス専門雑誌「週刊プロレス」とアサヒ飲料「ワンダ モーニングショット」のコラボ商品『週刊プロレス×ワンダ モーニングショット ファミリーマートのプロレス缶』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 290 view
仮面ライダーとglambがアパレルコラボ!新作「仮面ライダーリバイス」ではホバーバイクが登場!!

仮面ライダーとglambがアパレルコラボ!新作「仮面ライダーリバイス」ではホバーバイクが登場!!

1971年4月にテレビシリーズ第一作が放映開始され、50周年を迎える「仮面ライダー」。アパレルブランドのglambとのコラボや”令和仮面ライダー”の第3弾となる新作『仮面ライダーリバイス』の情報もお伝えします。
「仮面ライダー」50周年と「たまごっち」25周年を記念したコラボ商品『仮面ライダーっち』が登場!!

「仮面ライダー」50周年と「たまごっち」25周年を記念したコラボ商品『仮面ライダーっち』が登場!!

バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」にて、2021年に50周年を迎える「仮面ライダー」と25周年を迎える「たまごっち」のコラボ商品『仮面ライダーっち(ジェネシスグリーン/レガシーゴールド)』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,241 view
ドリフターズの面々が缶コーヒー「BOSS」や大関の「ワンカップ」とコラボを実施!!

ドリフターズの面々が缶コーヒー「BOSS」や大関の「ワンカップ」とコラボを実施!!

サントリー食品インターナショナルは「ボス ゴールデンタイム」を全国で新発売し、それに伴った「ザ・ドリフターズ」とのコラボキャンペーンを実施中です。また大関株式会社も、志村けんさんの言葉をラベルに記した『ワンカップ大吟醸180ml瓶詰(志村けんの言葉ラベル)』を全国で発売します。
隣人速報 | 1,582 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト