【小川眞由美】女ねずみ小僧として活躍!数々の作品でヌード・濡れ場も披露した名女優!
2021年2月2日 更新

【小川眞由美】女ねずみ小僧として活躍!数々の作品でヌード・濡れ場も披露した名女優!

昭和を代表する名女優のひとり、小川眞由美さん。日本アカデミー賞にも輝き、芸能界で多大な功績を残した存在です。今回の記事では、そんな彼女にスポットを当て、その経歴やエピソード・代表作品を紹介したいと思います。全盛期の輝きぶり、男性遍歴、宗教に傾倒していった晩年などを振り返っていきましょう。

1,985 view

昭和を代表する名女優・小川眞由美さん

小川眞由美さんのプロフィール

小川眞由美さんのプロフィール

別名  :小川真由美
生年月日:1939年
出身地 :東京都足立区
職業  :女優
活動期間:1961年~

小川眞由美さんの経歴

https://www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_8923.html (2254902)

1939年、俳優・小川丹真の愛娘として生を受けた小川眞由美さん。5歳の頃よりバレエや日本舞踊を習い、高校時代は歌舞伎ファンだったとのこと。
1961年、文学座付属研究所を受験すると合格。第一期生として入所されています。翌年の1962年には研究生として初舞台を経験して、1963年には映画『母』に出演し、俳優・武智鉄二さんとの激しいラブシーンを演じて話題となりました。
1964年には映画『二匹の牝犬』で初主演。しかし、悪役としての印象が強烈で、作品で共演した緑魔子さんと共に”悪女スター”などと呼ばれてしまいます。
1965年、文学座の研究員から正式な座員に昇格。1967年には文学座に所属していた俳優・細川俊之さんと結婚し、お二人の間には娘が生まれました。
1971年には引退を考え、文学座を退団。しかし、その後もオファーが相次ぎ、興味のある仕事に出会えたことで女優業に復帰しています。
1970年以降はテレビドラマ『浮世絵 女ねずみ小僧』を筆頭に、数々のシリーズものに出演し、女優としての全盛期を迎えました。
1973年には細川俊之さんと離婚され、その後、多くの俳優との熱愛がウワサされています。
1980年以降、女優として目立った活動がなくなっていましたが、真言宗の尼僧として出家していたことが明らかになりました。しかし、女優業から退くつもりはないそうで、現在では宗教団体との関わりは一切ないといいます。

小川眞由美さんにまつわるエピソード

男性遍歴について

28歳のときに細川俊之さんと結婚された小川眞由美さん。お二人の間には娘が生まれるも、2歳のときには別居状態に陥り、その後、離婚といった結末を迎えています。しかし、その美貌は健在で、バツイチになった小川眞由美さんは男性からモテモテだったそうです。
https://shes-management.co.jp/actor_more/ (2254911)

イケメン俳優・近藤正臣さんを始め、数名の男性との熱愛のウワサが週刊誌で報じられました。
http://www.enkikaku.jp/men'sprofile/hashizume-prof.html (2254912)

1981年には俳優・橋爪功さんとの婚約を発表し、世間を驚かせました。
結果的に、お二人の婚約は結婚まで至らず、1985年には婚約を解消されています。

娘・小川雅代さんと宗教について

細川俊之さん・小川眞由美さんの間に生まれた娘・小川雅代さん。現在はパンクロックのバンドで活動しているミュージシャンです。そんな彼女が、2012年、母親・小川眞由美さんの暴露本を出版したことは世間で大きな話題となりました。
『母・小川真由美との40年戦争』

『母・小川真由美との40年戦争』

出版社 :文藝春秋
発売時期:2012年
ページ数:292ページ
「小川真由美は素晴しい女優でしたが、”母親”としては失格でした。娘の私にしたこと、私の体験をすべてお話しします──」。
昭和を代表する大女優・小川真由美と、2011年に急逝した名優・細川俊之の一人娘として生を受けた著者だが、幼少時に両親が離婚してから、人生の歯車が狂い始めた。ドラマ『浮世絵 女ねずみ小僧』『アイフル大作戦』で人気を博し、映画『復讐するは我にあり』で日本アカデミー賞を受賞するなど大スターとした活躍した母・真由美は、私生活では奔放な男性遍歴を続け、育児には興味を示さず、娘に対して虐待やネグレクトを繰り返す。一週間も食事をさせず、放置されていたことさえあった。
著者は高校を中退し、母の仕事の手伝いをするようになる。しかし、真由美の奇行は止まらない。常軌を逸した浪費癖、さはらに占いや風水、怪しげな宗教に凝り出し、付き人は次々と辞めいく。真由美の歪んだ愛情に翻弄される著者は、うつ病を患い、逃げるように母から遠ざかる。そして、真由美は「出家」し、芸能界から消えてしまう──。
「この本がきっかけになって、出来れば平穏無事なごく普通の親子関係を取り戻したい」
 あまりに特異な環境で過ごした娘と母の40年の愛憎を、赤裸々な筆致で描いたドキュメント。
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

小学館より、女優・水沢アキ(66)の45年間にわたるグラビアアイドルとしての軌跡をまとめた写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 17,767 view
ヌードを披露からのグラビア入りした!『駒木なおみ』って覚えてる?!

ヌードを披露からのグラビア入りした!『駒木なおみ』って覚えてる?!

1990年代週刊プレイボーイでのヌード披露をきっかけに芸能界入りし、「イエローキャブ」に所属し、グラビアアイドルとして逆パターンで活躍した駒木なおみさん。懐かしく思い勝手に追ってみました。
ギャング | 19,601 view
【池上季実子】数々のドラマで主演を果たした名女優!プロフィール・代表作品など!

【池上季実子】数々のドラマで主演を果たした名女優!プロフィール・代表作品など!

大人びた雰囲気から漂う色香で、絶大な存在感を誇っていた女優・池上季実子さん。数々のドラマで主役をこなし、を受賞したのも一度ではありません。そんな彼女のプロフィールや半生・代表作品などを紹介していきたい日本アカデミー賞と思います。ぜひ当記事をご覧になって、ご一緒に池上季実子さんの魅力を振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 9,662 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 5,198 view
【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

出演したAV作品は一本限りなのに、その圧倒的な存在感は、現在にも語り継がれるほどの葉山レイコさん。そんな彼女に注目して、エピソードや出演作を中心にご紹介していきたいと思います。現在もその美しさは健在ですが、全盛期の葉山レイコさんの魅力をご一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 37,425 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト