2016年7月9日 更新

科学について学ぶ事が出来たアニメ『ミームいろいろ夢の旅』謎の妖精の知識が凄かった!!

アニメ『ミームいろいろ夢の旅』は、NTTの一社提供番組として作られました。TBSで放送された『まんがはじめて物語』に類似していた物語の内容で、主に科学を中心とした教養アニメでした。

3,265 view

ミームいろいろ夢の旅

アニメ『ミームいろいろ夢の旅』

アニメ『ミームいろいろ夢の旅』

放送期間:、1983年4月3日~1985年9月29日まで毎週日曜 11:00 ~11:30 に TBS系列で放送。
全127話、番外の実写特別編が2回放送。科学教養アニメ。
1984年厚生省児童福祉文化奨励賞受賞作品。
『ミームいろいろ夢の旅』は、妖精と思しきキャラクターのミームと一緒に、子ども達が科学について知っていく学習アニメだ。制作は日本アニメーションで、監督は横田和善。民営化をひかえた電電公社の一社提供で、放映中に電電公社がNTTになった。
そう遠く無い将来、実現しているだろう通信機器を使って電話の先にある未来の情報通信の姿を描く・・というのが番組のコンセプトだったらしい

アニメシリーズについて

(1話から50話)

12歳の大助と8歳のさやかは、ある日パソコン画面から飛...

12歳の大助と8歳のさやかは、ある日パソコン画面から飛び出した妖精ミームと出会い、仲良しに。2人はミームの案内で興味の赴くままに科学の広大な世界へと飛び込んでいく。

主人公のトリオが、ガリレオやニュートンなどといった歴史上の人物を訪ねてその功績を学び、視聴者の子供たちに魅力的な科学の世界を分かりやすく伝える科学探求。
物語は毎回さやかの疑問に答えられない大助がミームを呼び出し、ミームが2人の質問に答える形式で始まる。
海のむこうへ沈む夕日を見ていた大助とさやかの兄妹。大助...

海のむこうへ沈む夕日を見ていた大助とさやかの兄妹。大助は太陽ではなく地球の方が動いているのだとさやかに教えるが、詳しく説明することはできなかった。帰宅した2人はこのことを調べようとマイコンを使い、ガリレオ・ガリレイについて検索する。その最中、マイコンの画面から突如「ミーム」が飛び出した。これ以降2人はマイコンからミームを呼び出し、疑問に思うことを尋ねるようになった。

第1話で初登場直後にミームは、「ガリレオの心。……分身ってとこかな」と自己紹介する。

ミームいろいろ夢の旅 第1A話 それでも地球は… HD 2015 - YouTube

出典 youtu.be

ミームいろいろ夢の旅 第1B話 それでも地球は… HD 2015 - YouTube

出典 youtu.be

(51話から127話)

2年目となる第51話以降は、ミームと関わる子供たちが大...

2年目となる第51話以降は、ミームと関わる子供たちが大谷兄妹から強い個性を持った「科学探偵団」の7人に交代するなど、設定の改変がされた。このキャラクター交代に伴い、オープニングアニメーションも一新された。

以前の教育的・説明的な内容は弱まり、物語にはコメディー要素や日常色が盛り込まれた。プラスチックや木材などの素材、天気の発生[9]や血液型性格分類の信憑性など日常生活から発生する素朴な疑問、放送当時開催されたロサンゼルスオリンピックに関連した古代オリンピックやスポーツの話など、視聴者の子供達にとって身近な題材が取り上げられた。
モニター地区として全世帯にINSを導入し、通信端末とな...

モニター地区として全世帯にINSを導入し、通信端末となるパソコンが配布されることになった桜町(さくらまち)が舞台。子供たちは早速パソコンを使いこなし、自宅にいながら友達と一緒にコンピュータゲームをしたり、テレビ電話で話をしたりと大喜び。しかし、次第に大人がパソコンを占有するようになってしまう。この状況に不満を持ったサトルなど科学探偵団の子供たちは、ガラクタから部品をかき集めて自分たちだけのパソコンを作る計画を立て、なんとか完成させる。そこにミームが現れた。

物語設定にはINSが組み込まれ、作中のINS端末機は電...

物語設定にはINSが組み込まれ、作中のINS端末機は電話機・キーボード・ファクシミリを兼ねたプリンター・ディスプレイ ・ビデオカメラなど、多数の機器が付けられたパソコンの姿で描かれた。

後の世代では当たり前となったさまざまな情報サービスの検索、自宅からのネットバンキングや電子商取引、双方向テレビ番組への参加、在宅勤務・学習などが、番組内ではINSによる通信網・ケーブルテレビ・キャプテンシステムなどのニューメディアとコンピュータの普及により実現する近未来の技術として紹介された。

キャラクター紹介

ミーム(電子の妖精(?))

ミーム(電子の妖精(?))

豊富な科学知識を持つ本作の主役であり、解説役を務めるキャラクター。面倒見のよい姉御肌といった性格で、子供たちに様々な科学知識を教えてくれる。口数が多いため、時には子供たちからお節介でやかましい奴と言われることもある。自分のことを「わたし」「あたし」と呼ぶなどの言葉遣い、正月に振袖を着るなどの行動から女性と推測できるが、はっきりしたことは不明。
「ミーム」という名前は、イギリスの動物行動学者リチャード・ドーキンス(Richard Dawkins)が、著書「利己的な遺伝子(THE SELFISH GENE)」の中で提唱した「人同士のコミュニケーションにより伝達される文化・文明の遺伝子」のミームから名付けられたもので、「模倣する」という意味のギリシア語(mimeme)をベースに「記憶する(memory)」などを引っかけた作られた造語です。
遺伝による情報伝達の単位を『遺伝子(ジーン:gene)』と呼ぶのに対し、文化的伝達の単位を『ミーム(meme)』と呼びます。
外見の特徴は人間の頭くらいの背丈、白い体と手の代わりも...

外見の特徴は人間の頭くらいの背丈、白い体と手の代わりもするピンク色の長い髪の毛(自分でもどこまでが髪の毛でどこからが手なのか分からないらしい)。

空中を自在に飛び回って移動し、電話回線などの通信網や電...

空中を自在に飛び回って移動し、電話回線などの通信網や電気回路の中を自在に移動できる能力を持つ。

(1話から50話までの登場人物)

大谷 さやか(左)と大谷 大助(右)

大谷 さやか(左)と大谷 大助(右)

・大助(小学生の少年。12歳。宿題をするのを嫌がったり後回しにしたりと面倒くさがりな性格。自分のパソコンを持っており、その扱いには慣れている。ヨットのマークが描かれた青いシャツをいつも身につけている。高層マンションに住んでおり、同居している家族には父親と母親、妹のさやかがいる)
・さやか(大助の妹。8歳。何かにつけて兄に注意や質問をするしっかり者。ミームの説明を簡潔にまとめることが多い。大助と色違いの赤いシャツを身につけている。)
大助とさやかは、当初はただミームの話を聞いて質問をする...

大助とさやかは、当初はただミームの話を聞いて質問をするだけの立場で名前を付けられておらず、エンディングの配役紹介では単に「少年」「少女」と表記されていたが、

物語にシミュレーションの要素を取り入れた第16話「氷の...

物語にシミュレーションの要素を取り入れた第16話「氷の海を行く 北極」で初めて名前が明らかにされた。

(51話から127話までの登場人物)

大空 サトル(おおぞら サトル)

大空 サトル(おおぞら サトル)

小学生の少年。科学探偵団のリーダー的な存在で、鶏のトサカのような髪型が特徴。性格はお調子者で、遊ぶことと野球などスポーツが大好きだが、勉強は苦手。科学探偵団で結成した、地元の少年野球チーム「チェリーズ」のピッチャーを務めている。父親はサラリーマンの一平(いっぺい)、母親は専業主婦の信子(のぶこ)。
大空 マリ(おおぞら マリ)

大空 マリ(おおぞら マリ)

サトルの妹で、兄と同じような髪型に赤毛と八重歯が特徴。すぐ泣いたり笑ったりと感情の起伏が激しい。サトルのことはダメ兄貴と思っている節もある。科学探偵団はマリを除いて全員サトルの同級生で結成されているため、メンバーの中では一番年下となる。
大沢 武(おおさわ たけし)

大沢 武(おおさわ たけし)

小学生には似つかない巨体を持つ少年。背格好は身長165センチ、体重75キログラムと、大人と同じくらいかそれ以上ある。食いしん坊の大食漢。常にチェリーズの野球帽を被り、冬でも横縞のランニングシャツ、緑色の半ズボンの服装を貫いている。科学探偵団は彼のおじが所有する廃ビルの地下室、その後建て替えられたビルの屋上を借り、そこを集会場所としている。
薬師寺 ひろ子(左)と博士(右)

薬師寺 ひろ子(左)と博士(右)

・ひろ子(しっかり者でおしとやかな性格、かわいらしい外見の少女。ミームの話を簡潔にまとめて質問を返すなど物分りがよく、学校の成績も優秀。科学技術への興味が強くアマチュア無線の免許を所有。家族には父親と母親、社会人の姉がいる。その性格と容姿から、サトルは彼女に好意を持っている)

・博士(メガネを掛けており、誰とでも敬語で話す生真面目な少年。科学探偵団の頭脳とも言える存在で、皆からも頼りにされているが、多少頑固な面もあり、時には暴走することもある。科学探偵団が使用するパソコンの「レインボー」や、ロボットのピコ等は彼が中心となって製作した。ひろ子と同様にアマチュア無線の免許を所有。)
秋子(左から2人目のメガネの女の子)と笠原 光男(一番...

秋子(左から2人目のメガネの女の子)と笠原 光男(一番左側にいる帽子を被った少年)

・秋子(メガネを掛けており、威勢のよい言葉遣いをする、外見は丸っこくやや太めの少女。食べることが何よりも好きで、スナック菓子やハンバーガーなどのジャンクフードをいつも持ち歩いてはパクついている。父親はケーブルテレビ局の職員。途中で熊本県へ引っ越したためにレギュラーメンバーから外れたが、夏休み中のエピソード等で再登場した)
・光男(色黒で小柄な少年。武と同じようにいつもチェリーズの野球帽をかぶっている。スポーツ全般が得意で、クラス選抜の400メートルリレーではアンカーを務める。個性的な面々の多い科学探偵団の中ではあまり目立たないが、マリに縄跳びを教えたり犬を飼ったりと面倒見のよい性格。途中で北海道へ引っ越したためにレギュラーメンバーから外れたが、夏休み中のエピソード等で再登場した)
玉三郎(手前の赤いロボット)

玉三郎(手前の赤いロボット)

ミームが作った雑用ロボット。しかし、最初のプログラムのインストール時に、間違えて演歌のカセットテープを入れてしまったため、演歌を歌うカラオケロボットになってしまった。リモコンなどで操られることなく、自分で思考・行動が可能な完全自立ロボット。語尾に「マル」と付ける口癖を持ち、感情表現を行うなど、およそロボットとは思えない行動を取る。普段は従順で命令もちゃんと聞くが、頭に強い衝撃を与えると性格が豹変し、梅沢富美男の「夢芝居」等の演歌を歌いまくる。秋子が熊本県へ引っ越す際に引き取られ、一緒に九州へ行ったためにレギュラーメンバーから外れたが、夏休みのエピソードで再登場。第126話では再び東京へ送り返された。そして次の最終回(第127話)では、ラストに都はるみの「好きになった人」のワンフレーズを歌って番組を締め括った。

【他のロボット】

・ピコ

博士が作ったオリジナルロボット。二足歩行が可能だが自律行動はできない。無線電話を使って音声認識によるリモコン遠隔操作や、内蔵されたカメラによる映像や音声の中継・記録、操縦側の声による会話、タイマー録画や撮影など様々な機能を有する。しかし、転倒しても自力で起き上がれないなど未完成部分も多く、後にミームのアドバイスにより改良。ミームが中のコンピューターに入って操作も可能。

・オム

サトルとマリの叔父にあたる大作(だいさく)が、イギリスの知り合いから貰った探偵ロボット。正式な名称はシャーロック・ホームズからその名を拝借したSHERLOCK 00M(シャーロック ダブルオーエム)だが、長すぎて言いづらいとの理由から「オム」の愛称が与えられた。音声認識機能で命令を聞いて行動するが、最初は英語でしか認識できず、しかも誰の命令でも聞くなど未完製品で、誰でもワトソン君と呼ぶなど欠陥も多かった。その後、科学探偵団のメンバーの手で日本語フォーマットに変更され、音声認識もメンバーの声以外の命令は聞かないように改良された。本体にモニターやマイコンを内蔵しており、無線電話回線でネットにも接続可能。これにより、オムから直接ミームを呼び出すことも可能。その他にも各種のセンサを備えるなど様々な機能を有する。他のロボットとは違い、二足歩行ではなくキャタピラ(無限軌道)によって移動する。
学習アニメなので硬いイメージがあるかも知れませんが、登場するキャラクターが個性的で面白いので、気軽に楽しみながら観ることが出来ました。

科学万博 ・つくば'85がアニメで登場

電電公社がパビリオンを出展した科学万博つくば'85に関する話題も番組内で積極的に採り上げられた。物語中では登場人物が万博開催までの日数などを話題として、各パビリオンの紹介を目的とした話も制作された。特別企画として、万博開幕当日の1985年3月17日にはアニメの放送に代わって万博会場からの実写生中継が行われた。科学万博閉幕直後の1985年9月29日に番組は終了した。

ミームいろいろ夢の旅 第86話 科学万博 ・つくば'85 HD 2015 - YouTube

出典 youtu.be

テーマ曲

43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『花嫁はエイリアン』90年代の美女“キム・ベイシンガー”が出演していたSFコメディー

映画『花嫁はエイリアン』90年代の美女“キム・ベイシンガー”が出演していたSFコメディー

ある惑星が絶滅の危機に陥り、そのピンチを救うため惑星からやって来たエイリアンが、研究一筋の科学者と結婚し、地球で生活する物語です。1990年代の美女の代表と言われるキム・ベイシンガーが出演していた作品です。
星ゾラ | 3,195 view
隠れた名作アニメ「雲のように風のように」日本ファンタジーノベル大賞最初の受賞作品だった!

隠れた名作アニメ「雲のように風のように」日本ファンタジーノベル大賞最初の受賞作品だった!

長編アニメ「雲のように風のように」は、1990年に公開された長編アニメ作品です。新皇帝の後宮として生活する少女たちの姿や、新皇帝の座を巡っての陰謀、さらにそんな国情を逆手にとっての謀反の勃発、そして、主人公と皇帝のせつない恋愛が、80分という短時間の中で描かれています。
ニコニコ | 10,512 view
アニメ「魔法のエンジェルスイートミント」ほうきじゃなくて、掃除機に乗った魔法少女だった!

アニメ「魔法のエンジェルスイートミント」ほうきじゃなくて、掃除機に乗った魔法少女だった!

アニメ「魔法のエンジェルスイートミント」は、1990年に放送を開始したタカラ初のオリジナル魔女っ子作品でした。主人公はお姫さまでありながら、お転婆で大食いでした。また、魔法アイテム形態が2種類ありました。
ニコニコ | 1,100 view
アニメ「ガタピシ」天才すぎる犬が主人公!犬のモデルは作者・園山俊二の愛犬だった!!

アニメ「ガタピシ」天才すぎる犬が主人公!犬のモデルは作者・園山俊二の愛犬だった!!

アニメ「ガタピシ」は、朝日新聞夕刊に連載されていた園山俊二による4コマ漫画「ペエスケ」を元に、1990年4月~1991年3月までテレビ朝日系列で放送されていた作品です。天才犬ガタピシと、ペエスケ一家のほのぼのした日常が描かれています。
星ゾラ | 1,279 view
アニメ『無責任艦長タイラー』1隻で敵を撃退するオンボロ駆逐艦「そよかぜ」は、宇宙戦艦ヤマトのような形だった!

アニメ『無責任艦長タイラー』1隻で敵を撃退するオンボロ駆逐艦「そよかぜ」は、宇宙戦艦ヤマトのような形だった!

1993年1月25日から放送されたアニメ『無責任艦長タイラー』は、吉岡平のライトノベル『宇宙一の無責任男』シリーズが原作のSFコメディ作品です。「そよかぜ」の艦長に出世した楽観的な主人公が、クルー達と共に宇宙で活躍します。
星ゾラ | 5,718 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト