2017年6月21日 更新

力道山なら勝てる!アメリカに勝てる! 敗戦で傷ついた日本人に勇気を与えたヒーロー

敗戦により荒廃し、占領された日本で、からだの大きな外人レスラーを叩きのめして、投げつけることで、鬱積とした日本人の感情を力道山は爆発させ勇気を与えた。

3,810 view

大関直前に自らマゲを切り落とす!

シムル

シムル

後に力道山となる金信洛は、日韓併合によって日本の一部となり、その統治下にあった朝鮮半島の威鏡南道(ハムギョンナムド)洪原(ホンウォン)郡の龍源(リョンウォン)村で生を受けた。
まだ10代のとき、大人に混じってシムル(朝鮮相撲)の大会に出場し3位になった。
その様子をみていたのが、警察官:小方寅一と小方の義父:百田巴之吉だった。
百田は相撲好きで、大相撲の二所ノ関部屋にコネがあった。
彼らは信洛に日本で相撲をするようにすすめたが、家族は大反対した。
 (1880878)

関釜連絡船

しかし小方は説得を続け、百田は日本に帰って、二所ノ関部屋の玉ノ海親方に信洛のことを話した。
2年間の説得の末、金信洛は故郷を後にし、釜山から日露戦争に勝利した日本が開いた関釜連絡船に乗り、玄界灘を越えて下関に上陸した。
奇しくも同年、後に極真空手を創始する大山倍達が渡日した。
ただし彼は密航だった。
昼に二所ノ関部屋の稽古場に... - 写真共有サイト「フォト蔵」 (1880876)

18歳の金信洛は、二所ノ関部屋に入門し、新弟子検査に合格した。
その当時の体格は175㎝、84㎏。
四股名は、「力道山」となった。
最初は日本語がわからず新弟子の生活はつらかった。
買い出し、マキ割り、チャンコづくり、給仕、掃除、洗濯、風呂では先輩の背中を流し、移動では大きな荷物を担がされ、使い走りをさせられた。
そんな生活を脱するには強くなるしかなかった。
強くなりさえすれば、出世、楽な生活、ファン、人気、全部ついてくる。
力道山は寝てもさめても、強くなろうと思い、寝てもさめても鍛錬、鍛錬、鍛錬だった。
先輩が来ると新弟子は土俵に上がれないので早起きして土俵で独り稽古をし、本稽古でも積極的に強い相手にぶつかっていった。
そしてご飯を丼15、6杯たいらげ、ビールも50本飲んだ。
力道山は驚くべきスピードで出世し、3年目で、3段目で全勝優勝し幕下に進んだ。
その頃には日本語もうまくなっていた。
太平洋戦争が激化し、力士たちも次々に徴兵された。
力道山も関西のベアリング工場に勤労奉仕に出た。
出来上がったベアリングを詰めた袋をトラックの荷台に積むのが仕事だった。
その袋は180㎏あった。
人の手を借りることを嫌った力道山は1人で担ぎ上げてトラックに積み込んだ。
 (1875123)

1945年8月15日、日本は戦争に敗れた。
勝利を信じていた日本人たちは路上に崩れ、日本の支配から解放された在日朝鮮人たちは喜び弾けた。
一部の在日朝鮮人たちも、それまでのうっ憤を晴らすように略奪や暴動を起こした。
入門から敗戦前まで素直で稽古熱心だった力道山も敗戦後、態度が一変した。
親方や先輩のいうことを聞かなくなり、日本人力士に対して威圧的になり、インディアンという大型バイクに乗って場所入りしたり、芸者通いするなど自由奔放な行動が多くなった。
しかし相撲に打ち込む姿勢は変わらなかった。
戦後初の大相撲、1945年の11月場所は、空襲で屋根が焼け落ちた両国国技館で行われ、8勝2敗で勝ち越した。

羽黒山 対 力道山

1947年の6月場所で、力道山は前頭8枚目ながら、9勝1敗で、優勝決定戦にまで進んだ。
力道山と同じく9勝1敗で残ったのは、横綱1人と大関2人。
優勝はこの4人の四つ巴戦で争われた。
力道山はその巴戦で、横綱:羽黒山を外掛けで寄り倒した。
しかし物言いがつき、力道山の勇み足のため横綱に軍配が上がった。
 (1877649)

1948年8月、アメリカの後押しを受けて大韓民国(韓国)が建国。
同年9月、ソ連を後ろ盾とする朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が生まれる。
力道山の故国は南北に分断されてしまった。
故郷は北朝鮮にあり、日本にいる力道山に故郷の情報は入りにくくなった。
 (1877655)

1949年1月場所を8勝5敗で終え、次の5月場所での関脇昇進が期待された。
しか2月に宴会で出された川カニが原因で、肺ジストマ(肺に吸虫類が寄生する病気)にかかり入院。
4月半ばに退院したときには20㎏も体重が落ちていた。
周囲には休めという者もいたが、力道山は、5月場所に注射を打ちながら出た。
(力道山は場所を休んだことはなかった。)
5月場所は、期待通り関脇になっていたが、結果は3勝12敗と惨敗。
次の10月場所は、前頭2枚目まで転落するも8勝7敗で勝ち越し。
翌年の1月場所では小結に昇進し10勝5敗。
5月場所では見事、関脇に返り咲き、8勝7敗で勝ち越した。
いよいよ次は大関かと期待された。
 (1877651)

太平洋戦争が終わって5年後、1950年6月25日、朝鮮戦争が勃発。
2か月後、大関昇進が期待された10月場所を控えた8月25日の夜更け。
力道山は自宅の寝室で1人起き上がり台所へ向かった。
そして髪をほどき、左手で束ねて持ち、右手で包丁を逆手に持ってマゲを切り落とした。
相撲を初めて12年後のことだった。
大関を目の前にした現役の関脇が自らマゲを切り落とすなど前代未聞のことだった。
この原因について、親方や先輩との軋轢、相撲協会への不満、差別問題など、いろいろなな憶測を呼んだが、明確な理由を力道山は終生、語らなかった。
 (1875129)

部長からプロレスラーに

新田新作(中央)

新田新作(中央)

その後、力道山はタニマチである新田建設の新田新作社長の下で働いた。
新田新作は全身に入れ墨が入った博徒だったが、アメリカ人捕虜収容所に勤めていたとき、その待遇があまりにひどいため上司の目を盗んでタバコやお菓子を差し入れをしたりした。
戦後、解放された捕虜が、恩を忘れず東京の下町一帯の復興事業を新田新作に任せた。
アメリカから入ってくる潤沢な資金で新田新作は財を成した。
力道山は新田建設の資材部長となり、建設資材の調達と現場に運ぶ仕事をした。
しかし生活は力士時代に比べ質素になった。
力士としてさらに上を狙える力を持ちながら廃業した力道山は、抑えることができない何かを酒とケンカでまぎらわせた。
そんなある日、アメリカ軍兵士のための慰問興行のために来日していたプロレスラーに出会いプロレスラーになることを薦められた。
数日後、力道山は彼の練習場を訪れ、プロレスの練習を開始した。
昼間は新田建設で働き、夜は練習。
車にもダンベルが置くほど、暇さえあれば体を鍛えた。
数週間後にはエキシビションマッチながらリングに上がりプロレスラーデビューした。
その後、慰問興行に参加し各地を周った。
目的が在日米軍を対象とした慰労興行だったため、観客はほとんどアメリカ人で日本人はほとんどいなかった。
プロレスは、まだ日本ではまったく未知のものだった。

アメリカで人気を得る

 (1878205)

3ヵ月後、力道山は新田新作社長の許可を得て、プロレスラー修行のためにハワイに旅立った。
だるまホテルに泊まり、毎日YMCAジムに通った。
180㎝、130㎏、お腹が大きい相撲体型だった。
相撲は瞬発力だが、プロレスには持久力も要求される。
相撲は投げられたら負けだが、プロレスは寝技に移行したり立ち上がって戦わなければならない。
毎日、バーベルやダンベルを使ってウエイトトレーニングを行い、ワイキキビーチを走った。
力士時代のただただ詰め込むという食事ではなく、高タンパク食を摂った。
首を鍛え、スクワットは3000回行った。
プロレスの関節技や投げ技も練習した。
脚が太くて短く高く上がらないので、蹴りは相手の下を狙った。
そして相撲の張り手を発展させ、空手の手刀、つまり空手チョップを打った。
チョップとは、材木などを「叩き切る」という意味。
まさに力道山は、プロレスという未開の地を、その手で叩き切るようにして開拓していく。
ハワイからアメリカ本土まで及んだ修業は13ヵ月間。
その間に力道山の肉体は改造された。
130㎏だった体重は110㎏に、ウエストは120㎝超から100㎝以下になり、そのかわりに首や胸や腕が太くなった。
グレート東郷

グレート東郷

Great Togo

また力道山はアメリカ人に媚びる日本人、日系人を嫌った。
アメリカでは真珠湾で不意打ちを食らわした日本に対して卑怯というイメージがあった。
当時、アメリカで活躍していたグレート東郷というプロレスラーのリングネームは、日本軍の元帥:東郷平八郎に因んでいる。
グレート東郷は、相手に攻められピンチとなると両手を合わせやめてくれと懇願し、相手が背中を向けた途端に殴りかかった。
彼を含めた多くの日系プロレスラーは、アメリカ人観客の感情を逆なですることで結果的に人気レスラーとなり稼いでいた。
力道山はそういうやり方を憎み軽蔑した。
そして自身はガチガチのストリートファイトを行い、一直線に前に出て、全力で攻めた。
日系のショーマンレスラーに慣れていたアメリカ人は、一心不乱で妥協のない力道山のファイトに驚き、声援を送った。
世界最大の格闘技誌「ボクシングマガジン」は、力道山を世界のプロレス最強ベスト10に入れた。

相撲の力道山、柔道の木村政彦、空手の大山倍達

エリオ・グレイシー(右)と握手する木村政彦(左)

エリオ・グレイシー(右)と握手する木村政彦(左)

木村政彦 vs エリオ・グレイシー

同時期、力道山同様、海外でリングに立った日本人格闘家が数人いた。
柔道の遠藤幸吉、大学1年ですでに柔道5段だった山口利夫、史上最強の柔道家:木村政彦、そして後に極真空手を創始する大山倍達である。
木村政彦は、ブラジルでグレーシー柔術のエリオ・グレーシーを大外刈りで叩きつけ、その腕をへし折った。
大山倍達は、ショーであるプロレスは拒否し、空手のデモンストレーションや賞金つきのリアルファイトなどを行った。

大山倍達

力道山道場

 (1880171)

帰国後、力道山は、日本でプロレスを普及させるために動き始める。
まずプロレスラーになる日本人をスカウトしに奔走した。
すでに柔道の遠藤幸吉は確保していた。
相撲で先輩だった駿河海は、膝のケガで引退し日本橋浜町でトンカツ屋をやっていた。
そこに連日押しかけ口説いた。
駿河海は、相撲をやめてすでに6年が経っていたので断り続けていた。
新田新作社長の許可を得て、新田建設の資材置き場を力道山道場にすることになった。
材木などはたくさんあったので力道山は自分でつくることにした。
それに相撲時代の後輩も手伝い、やがて駿河海も参加した。
彼らは結局、プロレスラーになった。
屋根と柱と壁しかない倉庫に、太い丸太を何本も通してその上に3㎝の板を釘で打ちつけてリングをつくり、入り口に「力道山道場」の看板を掲げられた。
力道山道場の道場開きで、力道山はプロレスの公開練習を行った。

vs ルー・テーズ

 (1878209)

Lou Thesz vs Rikidozan

力道山は、世界ヘビー級チャンピオン:ルー・テーズへの挑戦者決定トーナメントに参加するためにハワイに旅立った。
ルー・テーズは、936連勝を誇る不滅のプロレス界の「鉄人」である。
プロレスは、観客がいなければ成立しない。
単に強くて、すぐに試合を終わるのはダメ。
自分の技を出し、相手の技を受け、観客を喜ばせなければならない。
勝敗にこだわらず、観客の受けを狙うだけのレスラーもいる。
だが力道山は、勝つことにこだわった。
妥協せずにがむしゃらに闘い、相手を痛めつけるため「セメントレスラー」といわれた。
力道山は、ハワイのトーナメントで勝ち、チャンピオン:ルー・テーズへの挑戦権を得た。
そして同じくハワイで行われたルー・テーズ戦では、試合開始後、頭突きを放ち、空手チョップを乱打した。
無敵のチャンピオンにケンカファイトしかけ続けた力道山だったが、43分、ヘッドロックにいったところをルー・テーズのバックドロップに返されてマットに沈んだ。
92 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!こんな結果だったと言うお知らせとマツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆ににも投稿してもらいたいわよ!
テレビ朝日『プロレス総選挙』アントニオ猪木が「史上最高のプロレスラー」に決定!

テレビ朝日『プロレス総選挙』アントニオ猪木が「史上最高のプロレスラー」に決定!

テレビ朝日で、現役・OBレスラー200人と、ファン1万人がガチで投票した『プロレス総選挙』が放送され、「史上最高のプロレスラー」がランキングが明らかになった。
red | 1,421 view
“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

昨年引退した元プロレスラーの天龍源一郎(66)の引退までを描いたドキュメンタリー映画「LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-」の完成披露試写会が開催され、天龍が舞台挨拶を行った。映画は天龍本人も絶賛する仕上がりとなっている。
【プロレスラー入場テーマ曲ランキング・80~90年代】いつ聴いてもテンションが高まる!プロレスラー達の入場テーマ曲を主にヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲ランキング・80~90年代】いつ聴いてもテンションが高まる!プロレスラー達の入場テーマ曲を主にヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 394,564 view
ブルーザー・ブロディ  Bruiser Brody   「超獣」「暴走キングコング」 誰もこの男は止められなかった

ブルーザー・ブロディ Bruiser Brody 「超獣」「暴走キングコング」 誰もこの男は止められなかった

「超獣」 「暴走キングコング」 「インテリジェント・モンスター」 「プロレス界のチェ・ゲバラ」 「NOと言えるレスラー」 ブルーザー・ブロディは たくさんのニックネームを持つブルーザー・ブロディ その破天荒さ そのインテリジェンス その少年のような無邪気さ 彼はヒール(悪役)だったけれど 全然卑怯なことはしなかった というか 反則しても堂々としすぎているし 反則しなくても勝てる人だし 「ルールに縛って彼の野性を消したらダメ」 とWWF(世界野生生物基金 )的なことを思ってしまいます I Love ブルーザー・ブロディ!
RAOH | 32,209 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト