誰もが同棲に憧れたという1972年。きっかけは勿論「同棲時代」。由美かおるの初脱ぎは必見です!
2020年2月23日 更新

誰もが同棲に憧れたという1972年。きっかけは勿論「同棲時代」。由美かおるの初脱ぎは必見です!

1972年から73年にかけて大ブームとなった同棲。きっかけは漫画の「同棲時代」でした。輪をかけたのが梶芽衣子と沢田研二によるテレビドラマ化。更に由美かおるの初ヌードでも知られる映画化。どれもこれも美しすぎです!

6,301 view

同棲時代

同棲。なんて甘美で魅惑的な言葉!クラっときてしまいます。誰だってそうでしょう。なんたって同棲ですから。
その同棲が「同棲時代」と、まぁ、あろうことか、時代として認識された時期があるんですね。1972年から73年です。そう、1972年は同棲時代の幕開けなのです。

その幕は、漫画家の上村一夫の作品によって切って落とされました。
同棲時代

同棲時代

上村 一夫
1972年3月2日号から1973年11月8日号まで「同棲時代」は双葉社の「漫画アクション」において掲載され大人気となりました。みんな愛に飢えていたんですかね?
「同棲時代」は同棲を扱った初めての漫画というわけではありません。その前に1970年から1971年まで連載された林静一の「赤色エレジー」があります。
赤色エレジー

赤色エレジー

林 静一 (著)
実は「同棲時代」は、「赤色エレジー」のパロディーとして制作されたのです。「赤色エレジー」も話題となっていましたから1年後に「同棲時代」が受け入れられる下地は出来ていたということですね。
ヒットした要因は絵が美しいということ、そして「赤色エレジー」に比べてストーリーが分かりやすいということが挙げられると思います。だからこそ女性をも巻き込んで社会現象にもなったのでしょう。

テレビドラマ-同棲時代

漫画がヒットしたことで、「同棲」は流行語となり社会現象を巻き起こしました。そう、同棲時代の始まりです。先ず「同棲時代」は1973年2月18日にテレビドラマ化されます。
主演はなんと梶芽衣子と沢田研二という豪華ダブルキャストです。

同棲時代~梶芽衣子 沢田研二 1973《編集済み》

1973年の沢田研二といえば、4月21日に「危険なふたり」が発売され大ヒットを記録するというソロとして最初のピークを迎える年です。当時の沢田研二は女性からすると美しすぎて見とれてしまう存在。片や梶芽衣子にとっても1973年は映画「女囚さそり」シリーズが大ヒットして世の男性たちを虜にしていました。
そんな二人の共演ですからね、注目されないわけがありません。
しかも脚本は後年「岸辺のアルバム」や「ふぞろいの林檎たち」などで知られる山田太一です。

主題歌はハイ・ファイ・セットのメンバーが在籍していたことでも知られている赤い鳥の「窓に明りがともる時」でした。
窓に明りがともる時

窓に明りがともる時

赤い鳥
更に挿入歌として吉田拓郎の「たどりついたらいつも雨ふり」、「春だったね」、「リンゴ」、「旅の宿」、そして、なんとサイモン&ガーファンクルの「バイ・バイ・ラブ」が使われているんです!

映画-同棲時代

1973年4月14日には由美かおる・仲雅美主演で映画が公開されます。題名には「同棲時代-今日子と次郎-」とサブタイトルが付いています。
同棲時代 今日子と次郎

同棲時代 今日子と次郎

チラシ
ここは、やはり何と言っても由美かおるでしょう。由美かおると言えば、時代劇「水戸黄門」での入浴シーンを思い出される方が多いのではないかと思いますが、実は「同棲時代-今日子と次郎-」が彼女の初ヌード作品なんです。
 由美かおる DVD-BOX

由美かおる DVD-BOX

初々しいとはまさにこのことでしょう。旬。そう言ってもいいでしょうね。
脱ぎっぷりもいいんですよね、この頃の由美かおるは。当然、見どころのひとつとなっています。

同棲時代

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

由美かおる(73)が「徹子の部屋」に出演!70代に入ってから再びミニスカートを着用していると明かす!!

由美かおる(73)が「徹子の部屋」に出演!70代に入ってから再びミニスカートを着用していると明かす!!

女優の由美かおる(73)がこのたび、5月20日にテレビ朝日系列で放送されたトーク番組「徹子の部屋」に出演し、70代に入ってから「再びミニスカートを履くようになった」というエピソードを語りました。
隣人速報 | 250 view
CS衛星劇場にて「陽のあたる場所」など沢田研二の出演作が5作登場!第96回キネマ旬報では“ショーケン”に言及!!

CS衛星劇場にて「陽のあたる場所」など沢田研二の出演作が5作登場!第96回キネマ旬報では“ショーケン”に言及!!

CS放送局「衛星劇場」にて、『リクエストスペシャル~もっと、ジュリー~』と題し、沢田研二の出演作が3月に特集放送されます。
隣人速報 | 414 view
名作アニメ映画「パンダコパンダ」50周年記念!限定プライズが1月より展開スタート!

名作アニメ映画「パンダコパンダ」50周年記念!限定プライズが1月より展開スタート!

アニメーション映画「パンダコパンダ」の公開50周年を記念して、アミューズメント専用景品(以下プライズ)が、1月下旬から投入されることが決定しました。
【阿久悠】ヒットチャートを席巻!作詞した曲が16曲チャートインした1977年12月5日

【阿久悠】ヒットチャートを席巻!作詞した曲が16曲チャートインした1977年12月5日

阿久悠が作詞を手がけた楽曲は、5,000曲以上と言われています。特に1970年代が多く、当時オリコンシングルチャートの上位に多くの曲が登場しました。その一例が1977年12月5日。ピンクレディーや沢田研二の全盛期で、年末の賞レースで盛り上がっていた頃です。100位以内にチャートインしたのは全16曲。上位から順に見てみましょう。
izaiza347 | 443 view
特別番組『マジンガーZ 50周年記念特番Z』が配信へ!闘病中の水木一郎も登場!!

特別番組『マジンガーZ 50周年記念特番Z』が配信へ!闘病中の水木一郎も登場!!

12月3日(土)、「中野×杉並×豊島アニメ・マンガフェス2022」のイベントとして、特別番組『マジンガーZ 50周年記念特番Z』が配信されます。肺がんで闘病中の“アニキ”こと水木一郎も登場します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト