脇役でも個性が光る!岡田義徳さんの出演ドラマまとめ
2023年5月7日 更新

脇役でも個性が光る!岡田義徳さんの出演ドラマまとめ

1990年代から俳優として活躍している岡田義徳さん。岡田さんの出演ドラマをまとめました。

270 view

ドラマデビューまで

岡田義徳さんはテレビ東京系列で放送されていた「浅草橋ヤング洋品店」のモデルオーディションにお姉さんと一緒に受けたことで芸能界入りします。16歳の時ですね。お姉さんもオーディションに受かり、番組に出演していました。女優・タレントの岡田理江さんです。

その後岡田さんは1994年に「アリよさらば」でドラマデビュー。矢沢永吉さん主演の学園ドラマで岡田さんは生徒役で出演していたんですよ。

その後もちょこちょことドラマ出演していましたが、ドラマだけでは生活できずアルバイトなどをされていたそうです。

「イグアナの娘」

 (2525476)

1996年には月曜ドラマインで放送されていた「イグアナの娘」に出演。

主演は菅野美穂さんで岡田さんはヒロインの相手役でした。

菅野さん演じる青島リカは普通の人間の女の子なのですが、自分と母親にはイグアナの姿に見えていてコンプレックスを感じている女の子。岡田さん演じる岡崎昇はリカの幼馴染で、リカに思いを寄せていて、コンプレックスに打ち勝ってほしいという思いがありました。

リカをライバル視する同級生橋本かをり(小嶺麗奈さん)が嫌がらせで昇にちょっかいを出して着たりもしたのですが、それにも理由があったことが後半で分かります。

昇はリカとかをり、両方の気持ちがわかりついかをりにも優しくしてしまう優柔不断な一面が。最終的にはリカと結婚します。

この役をきっかけにヒロインの相手役をすることが増えました。

「おそるべしっっ!!!音無可憐さん」

 (2525477)

1998年には「おそるべしっっ!!!音無可憐さん」に出演。

こちらは榎本加奈子さん演じる音無可憐の相手役、武田軍司を演じています。鈴木由美子さんの漫画が原作で、漫画では大学生設定ですがドラマ版は高校生。その他にも設定が大きく異なります。

音無可憐は武田軍司のことが大好き。ある日、軍司が冗談で話していた好みのタイプを真に受け、ぶりっこかつストーカーになってしまいます。

最初はうっとうしいと思っていた軍司ですが、可憐の一途さに心惹かれるようになり最終回では結婚しています。

翌年の「可愛いだけじゃダメかしら?」も榎本さんと岡田さんのコンビで、原作は鈴木由美子さん。

本当は地味で内向的だった杉山ゆうこが、大学デビューをして派手になり自分と同じくらい派手な女子大生に出会うという物語。
岡田さんはゆうこの真の姿を知る大学生・内田コウジを演じています。

このドラマのドラマ内ドラマとして「おそるべしっっ!!!音無可憐さん2」が放送されていました。ゆうこはこのドラマを楽しみにしているという設定で、可憐と軍司も榎本さんと岡田さんが演じています。

「世界で一番パパが好き」

1998年には「世界で一番パパが好き」に出演。主演は明石家さんまさん。

さんまさん演じる岡田善三は13年前に妻の浮気が原因で離婚。妻との間には仲町たみ(広末涼子さん)という娘がいました。

ある日元妻が亡くなり、たみが善三の前に現れます。たみは母親から善三の浮気が原因で離婚したと聞かされていて、善三を恨んでいました。

ですが一緒に住むことになり徐々に父子の絆が生まれていくという物語。岡田さんはたみの恋人・清水賢太を演じています。

「恋愛詐欺師」

 (2525481)

1999年には「恋愛詐欺師」に出演。主演は椎名桔平さん。

椎名さん演じる波留正彦は、結婚詐欺師。女性を虜にしてしまい、いつも逮捕直前で女性側が告訴を取り下げてしまいます。

石田ゆり子さん演じる阿川貴理子は岡田さん演じる新米刑事の白石拓也と波留を追っていきます。

天才的な結婚詐欺師・波留と彼に関わる女性たちを1話完結で描いていくドラマ。9話完結の予定だったのですが人気のため1話追加され最終回は拡大版で放送されました。

これまではヒロインを優しく見守る相手役が多かったですがこの辺からちょっと頼りない後輩役も多くなってきましたね。

「カバチタレ!」

 (2525483)

2001年には「カバチタレ」に出演。

漫画が原作ですが、主人公の2人を男性から女性にし設定もガラッと変えたドラマでしたが人気がありましたね。

ひょんなことから知り合った、天真爛漫な女性田村 希美(常盤貴子さん)と正義感の強い行政書士・栄田 千春(深津絵里さん)の2人の友情を描きつつ、大野行政書士事務所に依頼に来た依頼を解決していくというコメディたっちの法律ドラマでした。

岡田さんが演じたのは千春の後輩の金田 銀四郎。資格はなく、千春に使われているのですが実は恋心を抱いていて告白もするという役どころでした。

「木更津キャッツアイ」

 (2525485)

2002年には「木更津キャッツアイ」に出演。岡田准一さんと櫻井翔さんのダブル主演で、草野球チーム木更津キャッツの5人の日常を描いたドラマ。裏の姿は「木更津キャッツアイ」で非合法な手を使いながらも街で起こる事件を解決していきます。

岡田さん演じるぶっさんは、余命半年を宣告されているのですが、だからこそ日常を楽しく生きる姿が光るドラマでしたね。といってもコメディですが。

毎回「表」と「裏」に分かれていてこの時裏ではこんなことが起こっていました、という種明かしがあるのが楽しかったですね。

岡田義徳さんが演じたのは5人の中でも謎の多いうっちーです。このドラマに出演したことで岡田義徳さんのファンの幅が一気に広がりました。

その後も、現在まで数々のドラマに出演されている岡田義徳さん。今後の活躍も楽しみですね。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

名脇役として数々のドラマに出演!渡辺いっけいさんの出演ドラマまとめ

名脇役として数々のドラマに出演!渡辺いっけいさんの出演ドラマまとめ

数々のドラマに出演してきた渡辺いっけいさん。主演ではなくてもそこにいるだけで安心するような存在で90年代から現在まで数々のドラマに出演されています。渡辺いっけいさんの出演ドラマを振り返ってみましょう。
saiko | 296 view
【追悼】スーパー戦隊シリーズや人気ドラマで名脇役を務めた『ドン貫太郎』!!

【追悼】スーパー戦隊シリーズや人気ドラマで名脇役を務めた『ドン貫太郎』!!

1990年代から2000年代初頭にかけてスーパー戦隊シリーズやドラマを中心に名脇役として活動していたドン貫太郎さん。追悼の意味も含めてまとめてみました。
ギャング | 1,058 view
名バイプレーヤー【宮川一朗太】10代の頃はどんな作品に出ていた?

名バイプレーヤー【宮川一朗太】10代の頃はどんな作品に出ていた?

数々のヒット作品に出演し存在感を放つ宮川一朗太さん。2023年にデビューから40年を迎えました!この記事では、そんなベテラン俳優である宮川一朗太さんが、まだ10代だった頃に出演されていた作品について振り返ってみました。
ハナハナ | 734 view
【追悼】僅か40歳の若さで亡くなった、ポッチャリ系俳優『松山幸次』!!

【追悼】僅か40歳の若さで亡くなった、ポッチャリ系俳優『松山幸次』!!

1994年にNHK連続テレビ小説「春よ、来い」でデビューし、ぽっちゃり体型が特徴で、多くのドラマや映画で脇役として活躍していた松山幸次さん。2015年11月21日に40歳の若さでお亡くなりになられています。今回追悼の意味も含めてまとめてみました。
ギャング | 3,253 view
【西村雅彦さん】シリアスな役からドジな役まで!三谷作品に多数出演!

【西村雅彦さん】シリアスな役からドジな役まで!三谷作品に多数出演!

「古畑任三郎」の今泉くんでブレイクした西村雅彦さん。コミカルな役が多いイメージですが昔から三谷幸喜さんの作品に出ていてシリア図な役も多かったんですよ。西村雅彦さんの出演ドラマをまとめました。
saiko | 373 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト