誰が決めたのか?通称や愛称で呼ばれた車 まとめ 広告キャンペーンから通称になる事が多いようです
2016年12月6日 更新

誰が決めたのか?通称や愛称で呼ばれた車 まとめ 広告キャンペーンから通称になる事が多いようです

最近の車は、通称や愛称で呼ばれる事ってすくなくなりましたよね。昔は多くの車が通称や愛称を持っていましたよね。そんな通称や愛称をまとめてみました。

80,362 view

日産スカイライン

通称:ハコスカ(3代目)

通称:ハコスカ(3代目)

有名なのは3代目スカイラインが箱のようなだから「ハコスカ」と呼ばれていましたね。
通称:ケンメリ(4代目 2ドアクーペ)

通称:ケンメリ(4代目 2ドアクーペ)

広告での「ケンとメリーのスカイライン」から「ケンメリ」
通称:ヨンメリ(4代目 4ドアセダン)

通称:ヨンメリ(4代目 4ドアセダン)

4ドアセダンはヨンメリと呼ばれる事もあるが、これは、「4(ヨン)枚(ドア)のケンメリ」の略である。
通称:ジャパン(5代目)

通称:ジャパン(5代目)

通称は、自ら「日本の風土が生んだ名車」であると名乗った広告キャンペーンのキャッチコピー「SKYLINE JAPAN」から
通称:ニューマンスカイライン(6代目 前期)

通称:ニューマンスカイライン(6代目 前期)

アメリカの俳優ポール・ニューマンを広告キャラクターに起用した事により「ニューマン・スカイライン」
通称:鉄仮面(6代目 後期)

通称:鉄仮面(6代目 後期)

後期型のRSでは薄型ヘッドランプとラジエーターグリルレスのデザインで「鉄仮面」の通称で親しまれました。
通称:7th(セブンス)、都市工学スカイライン

通称:7th(セブンス)、都市工学スカイライン

こちらも、当時の広告から7th(セブンス)、都市工学スカイラインと呼ばれていました。
通称 : 超感覚スカイライン(8代目)

通称 : 超感覚スカイライン(8代目)

広告でのコンセプトが「超感覚」ということらしいです

日産 初代フェアレディーZ

通称 : ダッツン・ズィー

通称 : ダッツン・ズィー

海外ではダットサンブランドで発売されて「DATSUN」と表記され現地の人たちから「ダットサン」ではなく「ダッツン」と呼ばれていたから

日産グロリア

通称:ハチマキ(2代目)

通称:ハチマキ(2代目)

ショルダーをぐるりと一周するモールから「ハチマキグロリア」と呼ばれる
通称:タテグロ(3代目)

通称:タテグロ(3代目)

特徴的なフロントデザインから「縦目グロリア」「タテグロ」などの愛称でも呼ばれる

日産ローレル

通称:ブタケツ、棺桶(2代目)

通称:ブタケツ、棺桶(2代目)

ハードトップはボディー外板(塗装面)に燈火類が無い特徴的なリアスタイルから、『ブタケツ』という愛称がある、またのローレルをリアから見てみると棺桶みたいだから。

日産ブルーバード

通称:柿の種(初代)

通称:柿の種(初代)

テールランプの形状から『柿の種』という愛称があるそうです
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハコスカ、ケンメリ等、昭和の名車「700台」奥伊吹へ大集合!6月25日に開催!

ハコスカ、ケンメリ等、昭和の名車「700台」奥伊吹へ大集合!6月25日に開催!

奥伊吹スキー場で6月25日(日)に「デュアルファクトリー中部ミーティングin奥伊吹」が初開催される。箱型のスカイラインの愛称・ハコスカ、ケンとメリーのCMが懐かしいケンメリ、フェアレディーZ、ブルーバード等といった「昭和年式の国産四輪車」が夏のスキー場に大集結。
ケンメリ・ハコスカ!愛のスカイラインTVCM

ケンメリ・ハコスカ!愛のスカイラインTVCM

今は昔、あの頃が懐かしいNISSANスカイライン。歴代スカイラインのケンメリ・ハコスカの愛のスカイラインTVCMをラインナップで紹介します。
今でも買えるの?昭和時代のヤン車たち!!(日産編)

今でも買えるの?昭和時代のヤン車たち!!(日産編)

車は新車がイイと言いますが、現在でも旧車や昭和の車好きの方も沢山いらっしゃいます。私も大好きです。元号も令和になった、現在でも売っているのでしょうか?気になったんで調べてみました。
ギャング | 7,229 view
王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車  トヨタ編

王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車 トヨタ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツ、ホンダ、スズキに続きトヨタよ!王道の中にもチャレンジした車があったわ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
憧れの“4灯式丸型テールランプ”、スカイライン以外にもあった?

憧れの“4灯式丸型テールランプ”、スカイライン以外にもあった?

スカイラインのアイデンティティとして受け継がれた“4灯の丸型テールランプ”は、1972年発売の4代目スカイライン(通称:ケンメリ)から始まりました。スカイラインのイメージが強い“4灯の丸型テールランプ”ですが、実は他の車にも採用されていました。どんな車があったのか、振り返ってみたいと思います。
ヤマダゴロー | 100,476 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト