【ランボルギーニ】歴代車種まとめ (ミウラ・カウンタック・ディアブロ・アヴェンタドール・ウラカンetc.)
2016年3月4日 更新

【ランボルギーニ】歴代車種まとめ (ミウラ・カウンタック・ディアブロ・アヴェンタドール・ウラカンetc.)

かつて日本で起こった“スーパーカーブーム”の火付け役である「カウンタック」を生み出したイタリアの自動車メーカー【ランボルギーニ】。フェラーリと並びスーパーカー界の頂点に君臨する【ランボルギーニ】の歴代モデルを振り返ってみましょう。

251,190 view
Lamborghini (ランボルギーニ)

Lamborghini (ランボルギーニ)

ランボルギーニは戦後のイタリアで「農民のトラクター」造りから始まり世界の誰もが憧れるスーパーカーブランドを育て上げたフェルッチオ・ランボルギーニがフェラーリの創始者エンツォ・フェラーリへの反発心が元で設立されたとされるイタリアの自動車メーカー。ランボルギーニ社のエンブレムは猛牛(通称:暴れ牛)であるが、その由来については諸説あり、創始者のフェルッチオ・ランボルギーニの星座が牡牛座だったからという説、また、フェラーリの跳ね馬のエンブレムに対抗したという説もある。

1960年代

350 GTV (1963年)

350 GTV (1963年)

●最高速度:280km/h

ランボルギーニが会社設立と同年に発表したプロトタイプ。1963年トリノショーに出品された世界にたった1台しかないクルマです。
 (1591716)

この350GTVは非常に目を引く独創性にあふれたフランコ・スカリオーネのデザインによるボディラインを持ち、性能面や上質なインテリア等で一定の評価を得ましたが、居住性やGT(グランツーリスモ)としての使い勝手で酷評を受けました。

そこで、翌年カロッツェリア・トゥーリングによりボディの手直しを受けた「350GT」が市販車第一号としてデビューします。
350 GT (1964-1966年)

350 GT (1964-1966年)

●最高速度:250km/h

現在の1,200万円相当の価格設定にもかかわらず130台以上も売れたそうです。
350 GT スパイダー (1965年)

350 GT スパイダー (1965年)

●最高速度:250km/h

1965年開催のパリモーターショーで初公開された、ランボルギーニ初となるオープンモデルです。
3500 GTZ (1965年)

3500 GTZ (1965年)

●最高速度:260km/h

1965年、ロンドンオートショーで発表され、2台が生産されました。
400 GT (1966-1968年)

400 GT (1966-1968年)

●最高速度:250km/h

350GTのホイールベースを延長して4座席とし、ルーフラインの変更により全高を40mm高くし実用性を向上させた改良発展型として開発されました。
V型12気筒3,929cc、320馬力のエンジンを搭載。
 (1591803)

当時の高級車の公式ともいうべき、本革とウッドでしつらえられたインテリア。
独創的なスタイルと快適性の高次での両立がエグゼクティブの間で話題となっており350GTは130台以上、400GTでは250台以上、当時の超高級GTとしては非常に良好なセールスを記録している。
Miura / ミウラ (1966-1973年)

Miura / ミウラ (1966-1973年)

●最高速度:280km/h (P400モデル)

1966年から1973年までに約750台が生産。1966年ジュネーヴ・モーターショーに登場した当時は、市販車としての構想はなく生産は30台程度とされていましたが、見た目のエレガントさとは裏腹な闘牛のように荒々しいまでもの性能で市場からの人気が高まり、量産車として販売をされたランボルギーニの歴史に残る伝説のクルマです。
 (1591808)

当時前例のない“V型12気筒をミッドに載せた”2シーターミッドシップスポーツ。

子供の頃こんな風に開くミニカーで持っていた人も多いのでは!?
Islero / イスレロ (1968-1969年)

Islero / イスレロ (1968-1969年)

●最高速度:260km/h
Espada / エスパーダ (1968-1978年)

Espada / エスパーダ (1968-1978年)

●最高速度:245km/h (400GTモデル)

エスパーダは完全4シーターのスーパーGTとして設計され、400GT、ミウラと同じV12エンジンをフロントに積み、全4輪ディスクブレーキを備えていました。

10年にわたる生産期間に累計1,217台という、当時のランボルギーニとしては比較的多い生産数。
Miura Roadster / ミウラ ロードスター...

Miura Roadster / ミウラ ロードスター (1968年)

●最高速度:280km/h

ミウラよりフロント・ウィンドウの傾斜がきつく、 車高もロールバーの位置で30mm低くなっています。

1970年代

Jarama / ハラマ (1970-1976年)

Jarama / ハラマ (1970-1976年)

●最高速度:260km/h

ヘッドライトは上部がカバーされていますが、点灯時には下にスライドします。
Urraco / ウラッコ (1972-1979年)

Urraco / ウラッコ (1972-1979年)

●最高速度:240km/h (P250モデル)

発売当初モデルのP250は、SOHCのV8エンジンを搭載し、最高出力は220PS、最高速度は240km/h。シリーズ計791台を生産して1979年に製造を中止。
Countach / カウンタック (1973-1981年)

Countach / カウンタック (1973-1981年)

1970年代後半から1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役!

プロトタ イ プのLP500が登場した、3年後の1973年に市販モデルのLP400が完成。
 (1591864)

画像のLP400モデルは1978年までに150台が生産。
これは、1999台が生産されたカウンタック・ シリーズの中で最も少ない。
67 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 962 view
給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

主に学校給食向けに販売されている牛乳調味品「ミルメーク」が、今年50周年を迎えた。「ミルメーク」には、粉末タイプとスポイト状の液体タイプの2種類がある。
red | 1,723 view
「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

講談社は、日本一有名な女の子「リカちゃん」の誕生50周年記念して、「公式 リカちゃん完全読本 50th ANNIVERSARY」を発売。また、銀座の松屋銀座では、「リカちゃん展」が22日から開催される。
red | 1,406 view
50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

今年50周年を迎える「リカちゃん」のアニバーサリー商品「50周年記念・リカちゃん 日めくりカレンダー 2017」が2月8日(水)に発売される。ケースは、初代リカちゃんハウスをイメージしたパッケージになっている。
red | 1,787 view
大人のためのトミカコレクション『トミカプレミアム』と『トミカリミテッドヴィンテージ』

大人のためのトミカコレクション『トミカプレミアム』と『トミカリミテッドヴィンテージ』

スーパーカーブームの1977年頃に伝説レベルに人気だったスーパーカーが続々と登場!伝説の人気刑事ドラマ『西部警察』や『太陽にほえろ』に登場していたあの懐かしい名車も続々と登場!人気のトミカから派生した大人向けのハイディティールコレクションブランドの『トミカプレミアム』と『トミカリミテッドヴィンテージ』は、大人の嗜好品として大人気!こだわりのハイクオリティブランドのトミカプレミアムは、クルマ好きだけでなくインテリアや 雑貨が好きな人にもささるような造りを意識して作られています。
ガンモ | 6,393 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト