2017年1月24日 更新

『スーパーマンⅡ 冒険編』。実は、もう一つのスーパーマンⅡがあったのを、あなたは知ってましたか?

ご存知クリストファー・リーヴ主演作品ですね。1作目の続編として作られた本作も、SF的なアクション満載。スーパーマンの正体がロイスにとうとうバレてしまったりするロマンスもあります。もう一つのスーパーマンⅡと共にご紹介しましょう。

1,484 view

スーパーマンⅡ冒険編 1980年公開

監督;リチャードレスター。主演;クリストファー・リーヴ。
1作目の続編として同時進行で作成されました。

第1作でファントムゾーンに幽閉されたゾッド将軍一味がよみがえり、
スーパーマンと対決します。
今回の悪役はこの3人と、ジーンハックマン扮するレックス・ルーサー。
そして、スーパーマンの正体が、とうとうロイスに。。。
 (1808991)

この映画、実は製作段階で相当もめたようです。
Ⅱの冒険編にはスーパーマンの父親役のマーロンブランドが一切出てきません。
元々1作での契約だったのが、2作目にも出演することになりギャラの問題が発生。
大モメになったようです。
これが発端となり、色々な面に波及し、監督交代劇となり、マーロンブランドのシーンはすべてカットのうえ、何か所も撮り直しをすることになったようです。
本作製作の時点では、監督は前作に引き続きリチャード・ドナーが担当する予定であり、前作の撮影と完全に同時進行の上で第1部と第2部、あるいは前編と後編といった連作として制作された。
しかし、制作費がかかりすぎることによる映画会社との確執、ドナーと製作総指揮のサルキンドとの間の対立が表面化し、大半の撮影を終えながらドナーは監督を途中降板させられ、後任にはレスターが就くこととなった。

これに伴い、第1作の内容にも影響が出ている。スーパーマンが地球の自転を巻き戻してロイス・レーンを救うシークエンスは、本来2作目のラストのために用意されたもので、1作目で行われる予定ではなかった。

予告編

Superman II ( Trailer ) 1980

もうひとつのスーパーマンⅡ

スーパーマンⅡ ドナーカット版  2006年公開

 (1809284)

監督;リチャード・ドナー。
大半の撮影をしていたにもかかわらず、途中降板したドナーが当時のフィルムを再編集し、作成したものです。
ですから、2006年に公開されてはいるものの、中身は1980年当時のものです。

冒険編と大筋のストーリーは一緒なのですが、所どころ最初に撮影した部分が使われています。

①父親役のマーロンブランドが出演している。
②冒険編の冒頭のエッフェル塔のシーンは全面カット。(3悪人の復活は1作目のミサイルによるものとなった)
③ケントがスーパーマンではないかとロイスに疑われるシーン。(会社のビルから飛び降りようとする)
④メトロポリスや秘密基地でのスーパーマンとゾッド将軍一味の対決シーン。
⑤ラストでのロイスの記憶を消す方法。(キスではなく冒険編に使われた地球を逆回転させる方法になっている)

などなど、結構要所要所が変わっています。
ドナー自身は、思い入れのある作品だったのですね。

このような経緯がもとで、同時期に作成されたにもかかわらず、同一作品名・同一ストーリー・同一キャスト(ほぼ)の2つの映画ができてしまったのですね。
 (1809396)

 (1809398)

インターネットを中心に本来の構想であるドナーによる『II』の製作が望まれており、シリーズ復活となった2006年に主演のクリストファー・リーヴへの追悼の意も込めて膨大なフイルムから再編集作業が行われ[1]、『ドナー・カット版』として結実した。
2014年現在、劇場公開版のレスター版は『冒険篇』、ドナーの再編集したものは『ドナー・カット版』として区別されている。

主役はこの人!

イケメン!クリストファー・リーブ。
ホントにスーパーマンがピッタリという俳優さんですねぇ。

今回は同等の力を持つ3人の悪とルーサーが相手。
そして、ロイスとのロマンスもあり、主役は大忙しですね。
 (1809722)

そして、ヒロイン

前作に続いてのヒロイン、ロイス・レーン役のマーゴット・キダーです。
この他にもいい作品はあるのですが、スーパーマンシリーズが彼女の代表作と言えるのではないでしょうか。

スーパーマン=クラーク・ケントの疑念を抱き、正体を知り、ロマンスに落ちる。
ロイスの試練と葛藤と愛を見事に演じています。
 (1809761)

出典 ciatr.jp

今回の悪党たち

ゾッド将軍一味

今回の悪役メインキャストですね。
追放されたクリプトン星の極悪トリオを、人間が作った核ミサイルが復活させてしまう。という皮肉な結果から始まります。

地球に来る前に月に寄ってひと暴れ、地球に来るなりヒューストンで暴れて、スーパーマンとの対決。なんせ力は互角で1対3。スパーマン危うしです。
 (1809707)

左から、
力持ちのノン(ジャック・オハローラン)
ゾッド将軍(テレンス・スタンプ)
副官のアーサ(サラ・ダグラス)
 (1809736)

クリプトン星で処罰され。
出典 ameblo.jp
 (1809739)

ファントムゾーンに追放されたのに
復活してしまったのです。

お色気クールビューティ

本作品のお色気No1はアーサ役のサラ様でしょう。
エナメルブーツに大きく開いたハイスリット。
お見事です。
 (1809829)

 (1809812)

レックス・ルーサー

ご存知、ジーン・ハックマンのルーサーです。
1作目では悪役のメインキャラクターでしたが、今回はちょっと控えめです。
ゾッド将軍がいますので。でも、ズッコケぶりは健在です。
スーパ-マンと強敵ゾッド将軍とのからみでは、何とも言えないコミカルないい味を出しています。
悪役なのにユーモアがあって、う~ん、憎み切れないですねぇ。
 (1809653)

スーパーマン対ゾッド将軍一味

月で

 (1809733)

地球に来る前に、まずは月で準備運動とばかりに
ひと暴れ。
出典 ameblo.jp

メトロポリスで

 (1809838)

スーパーマン対ノンの壮絶な戦い。
 (1809843)

秘密基地で

51 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

映画「シャイニング」は、1980年に制作されたホラー映画です。雪山のホテルに家族だけで住み、主人公は精神を病み、狂気と殺戮へと展開していきます。そして、主人公は殺人者へと変貌を遂げていきます。スティーヴン・キング原作の小説をスタンリー・キューブリックが映画化しています。
星ゾラ | 3,023 view
映画『ロング・ライダーズ』実在した最強の強盗団の物語を描いた西部劇作品だった!!

映画『ロング・ライダーズ』実在した最強の強盗団の物語を描いた西部劇作品だった!!

映画『ロング・ライダーズ』は、実在した南北戦争後の西部7州を荒らしまわった最強の強盗団のたちの物語でした。登場するギャングは、実際の兄弟俳優たちが演じていました。またライ・クーダーの初の映画音楽作品でした。
星ゾラ | 428 view
『ファイナルカウントダウン』。最新鋭原子力空母がタイムスリップ。そこは1941年の真珠湾だった!

『ファイナルカウントダウン』。最新鋭原子力空母がタイムスリップ。そこは1941年の真珠湾だった!

時空のゆがみによって、真珠湾攻撃の直前のハワイ沖にタイムスリップしてしまった原子力空母ニミッツ。乗組員の葛藤や人生の変革を描いた超大作SFファンタジー。CGのない時代の見事な作品をご紹介しましょう。
ナベゲン | 2,353 view
ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

鬼才ジョン・カーペンター監督が80年に製作したホラー映画で、不気味な霧の中から現れた亡霊が、100年前の復讐をするために町の人を恐怖に陥れていきます。
星ゾラ | 2,691 view
ホラー映画の金字塔・13日の金曜日part1のあらすじまとめ【ネタバレ有り】

ホラー映画の金字塔・13日の金曜日part1のあらすじまとめ【ネタバレ有り】

1980年の公開以来、2002年までシリーズ通算10もの作品が製作された13日の金曜日。スプラッタホラーの金字塔として多くのファンが存在します。今回はそのシリーズ第一作についてまとめてみました。
bohemianrhapso1 | 60,398 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事