スーパーカーブームを牽引した“ランボルギーニ”は今も人気! 2億円超えの新型「チェンテナリオ」が完売=3
2016年3月3日 更新

スーパーカーブームを牽引した“ランボルギーニ”は今も人気! 2億円超えの新型「チェンテナリオ」が完売=3

イタリアのスポーツカーブランド“ランボルギーニ”は、ジュネーブモーターショーで新型スーパーカー「チェンテナリオ」を発表した。チェンテナリオとはイタリア語で「100周年」。創業者故フェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年を祝う限定モデルだ。

6,374 view

創業者生誕100周年記念☆ランボルギーニ「チェンテナリオ」が完売

ランボルギーニは、『ジュネーブモーターショー2016』において「チェンテナリオ」を世界初公開した。
ランボルギーニ「チェンテナリオ」

ランボルギーニ「チェンテナリオ」

チェンテナリオとはイタリア語で「100周年」の意。

ランボルギーニ社の創業者、故フェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年を記念して作られた。
クーペ20台、ロードスター20台の計40台≪限定生産≫

クーペ20台、ロードスター20台の計40台≪限定生産≫

チェンテナリオはランボルギーニの“ワンオフ戦略”で生み出され、自分たちが持つ高度なエンジニアリングと革新的なデザインを世界にアピールするモデルとなる。
 (1592743)

 (1592745)

販売価格は175万ユーロ(税抜)となっており、日本円で約2億1,600万円。すでに全40台が売約済みである。

最高速350km/h超!ランボルギーニ新型「チェンテナリオ」

最高出力770hpを発揮するV12エンジンを搭載

最高出力770hpを発揮するV12エンジンを搭載

ランボルギーニ史上最もパワフルといえるエンジンは、最高速度は350km/h、0-100km/h加速をわずか2.8秒で駆け抜ける。
最高出力770hpを発揮するV12エンジンを搭載

最高出力770hpを発揮するV12エンジンを搭載

ランボルギーニ史上最もパワフルといえるエンジンは、最高速度は350km/h、0-100km/h加速をわずか2.8秒で駆け抜ける。
スタイリングは、ウラカンのように典型的なウェッジ・シェイプ

スタイリングは、ウラカンのように典型的なウェッジ・シェイプ

ランボルギーニ「ウラカン」

ランボルギーニ「ウラカン」

ボディはフルカーボンファイバー製

ボディはフルカーボンファイバー製

1520kgの軽量ボディを実現。グロス仕上げのカーボンファイバーボディにイエローのラインをアクセントとして使っている。
車内のトリム類などもカーボンファイバーで構成

車内のトリム類などもカーボンファイバーで構成

スポーツシートも軽量カーボンファイバー製となる。ダッシュ中央部の10.1インチ高解像度タッチスクリーンではインターネットの閲覧やインターネットラジオなどのオンラインアプリが利用可能で、Appleの「CarPlay」にも対応する。
可変リアウイングの採用により高速域で圧倒的なダウンフォ...

可変リアウイングの採用により高速域で圧倒的なダウンフォースを発揮

リアウイングは最大150mmまでの伸展と最大15度まで回転が可能で、ハイパフォーマンス時における空力効率を最適化する。

さらに後輪駆動としたことで俊敏性と安定性に貢献するとしている。
ステファン・ヴィンケルマンCEOは、「センテナリオは伝統と革新を完全に組み合わせた車。フェルッチオ・ランボルギーニの100周年にふさわしく、彼と、そして我々が信じる未来のためのスーパースポーツカーだ」と述べた。

「ランボルギーニ」とは?

イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」

イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」

トラクター王フェルッチオ・ランボルギーニのエンツォ・フェラーリへの反発心が元で設立された。エンブレムの牛(通称:暴れ牛)はフェルッチオが牡牛座生まれだということが由来だが、フェラーリの跳ね馬に対するアンチテーゼという説もある。

車種名はカウンタックを除き闘牛の名前を使っている。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ランボルギーニ】歴代車種まとめ (ミウラ・カウンタック・ディアブロ・アヴェンタドール・ウラカンetc.)

【ランボルギーニ】歴代車種まとめ (ミウラ・カウンタック・ディアブロ・アヴェンタドール・ウラカンetc.)

かつて日本で起こった“スーパーカーブーム”の火付け役である「カウンタック」を生み出したイタリアの自動車メーカー【ランボルギーニ】。フェラーリと並びスーパーカー界の頂点に君臨する【ランボルギーニ】の歴代モデルを振り返ってみましょう。
ヤマダゴロー | 251,118 view
スーパーカーブームを覚えていますか?

スーパーカーブームを覚えていますか?

70年代後半から巻き起きたスーパーカーブーム。 スーパーカーの撮影会なんかも各地で開催されました。
BMイワ王 | 26,730 view
新シリーズ「トミカプレミアムRS」に〝ランボルギーニ〟が登場! 大人のための贅沢なトミカをこの手に。

新シリーズ「トミカプレミアムRS」に〝ランボルギーニ〟が登場! 大人のための贅沢なトミカをこの手に。

大人のためのトミカ、〝トミカプレミアムRS〟より「Lamborghini Countach LP 500 S」が登場。スケールは1/43。対象年齢を14歳にひきあげたことによりデザインがより洗練され、細かいギミックも可能に。発売は2018年11月7日を予定。
ニュースFレン | 3,400 view
え?軽自動車なのにガルウィング?!そう、世界最小のスーパーカー、それが「マツダAZ-1」だ!!

え?軽自動車なのにガルウィング?!そう、世界最小のスーパーカー、それが「マツダAZ-1」だ!!

排気量660cc、りっぱな軽自動車です。しかし只の軽自動車ではありません。軽自動車で唯一ガルウィングを持つ、90年代を代表するスポーツカー、それがマツダAZ-1です。1992年からわずか3年しか生産されませんでしたが、AZ-1が世界最小のスーパーカーであることには違いありません。
obladioblada | 5,404 view
『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

全国からクラシックカーやバイクが集まる『お台場旧車天国2017』が、11月19日に、お台場の特設会場で開催される。他にも会場では”懐かしさ”に焦点を当て、射的も楽しめたり、ソフト麺やミルメークなどの昔懐かしい校給食の飲食店も登場する。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト