え?軽自動車なのにガルウィング?!そう、世界最小のスーパーカー、それが「マツダAZ-1」だ!!
2018年4月9日 更新

え?軽自動車なのにガルウィング?!そう、世界最小のスーパーカー、それが「マツダAZ-1」だ!!

排気量660cc、りっぱな軽自動車です。しかし只の軽自動車ではありません。軽自動車で唯一ガルウィングを持つ、90年代を代表するスポーツカー、それがマツダAZ-1です。1992年からわずか3年しか生産されませんでしたが、AZ-1が世界最小のスーパーカーであることには違いありません。

4,689 view

マツダ・オートザムAZ-1

世界最小のスーパーカーと言えば、それはAZ-1(エーゼットワン)。マツダが造り、オートザムで販売されていた2座席のスポーツクーペです。
マツダAZ-1

マツダAZ-1

スポーツクーペではありますが、軽自動車というところが世界最小のスーパーカーと言われる諸因ですね。
で、外見的な特徴は愛くるしいフロントマスクもさることながら、なんと言ってもガルウィングにあります。
AZ-1

AZ-1

ガルウィングを開けた状態のAZ-1
ガルウィング、魅力的ですねぇ。軽自動車なのにです。ガルウィングを採用した軽自動車は今のところAZ-1だけです。
しかし、AZ-1の魅力はそれだけではありません。

先ずは動画をご覧ください。

Autozam AZ-1 ENTRY RTMC

車高が低いですねぇ。シートに座って手が地面に届きます!サイドシルがシートの座面よりも高いので、ミニスカートではちょっと厳しいですかねぇ。
 (1994487)

しかも、リクライニングは運転席しかできません。助手席の女性には厳しい車です(笑)

Mazda AZ-1 for sale JDM EXPO (0796, s8143)

AZ-1は走行時はカートを運転しているような感覚と言われます。それもそのはず、リアミッドシップエンジンでターボ付き。リアトランクを排除した純粋なスポーツカー。というか、レーシングカーに近い感じですね。

それでは、ちょっと動かしてみましょう。

Autozam AZ-1 In Detail

特徴その2として、AZ-1はスケルトンモノコックというボディを採用しています。剛性を高めた特殊なフレームを採用しているので、外装がなくても走ることが出来るんです。このため、着せ替え感覚で外板を取り替えることが可能となっています。

1992 Mazda Autozam AZ-1 Turbo (USA Import) Japan Auction Purchase Review

外装にはFRP(シートモールディングコンパウンド)を多用しているので、ボディを軽量化できています。、ルーフ部分は快適性を配慮して、ガラスに光の透過率を30%に抑えたセラミック処理を施しています。

ダイハツ 新型コペン

外装パネルを自由に変えることができるという売り文句で2014年に発売されたダイハツの新型コペンの、実に20年以上前からこの考えがAZ-1にはあったということです。
素晴らしいですね。

それでは続いて、内装とメーター周りを見てみましょう。

内装&メーター周り

カッコいいですね。当時のキャッチコピーは「エキサイティング マイクロ クーペ」でしたが、世界最小のスーパーカー の名に相応しく、惚れ惚れしてしまいます。

AZ-1は、1992年10月5日から発売され、1995年6月に生産終了しました。総生産(総販売)台数は僅か4,392台です。
しかし、今や日本はもとより、世界各国で人気を集めています。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

全国からクラシックカーやバイクが集まる『お台場旧車天国2017』が、11月19日に、お台場の特設会場で開催される。他にも会場では”懐かしさ”に焦点を当て、射的も楽しめたり、ソフト麺やミルメークなどの昔懐かしい校給食の飲食店も登場する。
不朽の名車【RX-7】の40周年記念グッズが登場。限定のエンジンモデルや純金プレートなど!!売切御免!

不朽の名車【RX-7】の40周年記念グッズが登場。限定のエンジンモデルや純金プレートなど!!売切御免!

名車RX-7を記念した「RX-7誕生40周年記念オリジナルグッズコレクション」の受注受付が7月17日に始まりました。エンジンモデルや純金プレートの他、タペストリー、ピンバッジセット等が用意されています。
マツダ、ロードスターに初代の「クラシックレッド」カラーを復刻!期間限定で販売!!

マツダ、ロードスターに初代の「クラシックレッド」カラーを復刻!期間限定で販売!!

マツダは、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」に、限定色「クラシックレッド」を新たに設定して、全国のマツダの販売店で予約受付をスタートした。今回、1989年に発売された初代 ロードスターのカラーを採用。
red | 1,603 view
スーパーカーブームを牽引した“ランボルギーニ”は今も人気! 2億円超えの新型「チェンテナリオ」が完売=3

スーパーカーブームを牽引した“ランボルギーニ”は今も人気! 2億円超えの新型「チェンテナリオ」が完売=3

イタリアのスポーツカーブランド“ランボルギーニ”は、ジュネーブモーターショーで新型スーパーカー「チェンテナリオ」を発表した。チェンテナリオとはイタリア語で「100周年」。創業者故フェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年を祝う限定モデルだ。
FOCUS | 6,307 view
【ランボルギーニ】歴代車種まとめ (ミウラ・カウンタック・ディアブロ・アヴェンタドール・ウラカンetc.)

【ランボルギーニ】歴代車種まとめ (ミウラ・カウンタック・ディアブロ・アヴェンタドール・ウラカンetc.)

かつて日本で起こった“スーパーカーブーム”の火付け役である「カウンタック」を生み出したイタリアの自動車メーカー【ランボルギーニ】。フェラーリと並びスーパーカー界の頂点に君臨する【ランボルギーニ】の歴代モデルを振り返ってみましょう。
ヤマダゴロー | 222,436 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト