カラオケで歌うと盛り上がる!女性デュオの名曲集めました
2023年1月10日 更新

カラオケで歌うと盛り上がる!女性デュオの名曲集めました

カラオケで男女のデュエット曲もいいですが、女子同士で一緒に歌うのも楽しいですよね。ハモリがばっちり決まると最高です。女同士で歌うと楽しい女性デュオの名曲をまとめてみました。

920 view

ザ・ピーナッツ/恋のバカンス

 (2494864)

まずはザ・ピーナッツの「恋のバカンス」。1963年の楽曲で60年以上前に発売されていますが、今でも歌い続けられている名曲ですよね。カバーされることも多いので老若男女知っている人が多いです。

誰もが知っている曲ではありますが、上手にハモレる人がそれほど多いわけではないのでぜひきれいにハモリたいところですよね。

ザ・ピーナッツは実の双子のデュオで1959年から1975年まで活動されていました。双子ならではのハーモニーが魅力ですよね。NHKのみんなのうたの楽曲を歌ったり、CMソングも歌われていました。

「恋のバカンス」の他に「若い季節」、「恋のフーガ」なども聞けばみんな知っているのでカラオケにおすすめの一曲です。

Wink/淋しい熱帯魚

 (2494866)

続いては1989年にリリースされたWinkの「淋しい熱帯魚」。Winkの5枚目のシングルです。Winkは海外の歌のカバー曲も多いのですがこちらはオリジナル曲。

「Heart of Wave」のフレーズのフリは当時も話題になりましたね。マネをしていたという人も多いのではないでしょうか。今だったらSNSで真似をする人が多いんだろうなと思います。今でも何となく踊れてしまいそうな印象的なフリでしたよね。

Winkは1988年に結成。鈴木早智子さんと相田翔子さんのデュオで1996年に解散しています。無表情で歌って踊るアイドルというのが斬新でしたよね。他には「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」、「涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜」などのヒット曲があります。

やまだかつてないWink/さよならだけどさよならじゃない

 (2494868)

そのWinkのブレイクを経て誕生したのがやまでかつてないWink。山田邦子さんの「やまだかつてないTV」内で邦子さんが相田翔子さんの物まねをしていたことがきっかけで誕生しました。最初は邦子さん1人でやっていたのですが、2人で物まねしようということで「日本全国早智子を探せ」というオーディションを企画。当時高校生だった横山知枝さんが選ばれました。

最初は名前がないユニットだったのですが、準レギュラーだったWinkが登場した際に「やまだかつてないWink」と呼ばれるようになりました。

最初はWinkのカバーだったのですがオリジナル曲「“T”intersection」でデビュー。そして2ndシングルの「さよならだけどさよならじゃない」が卒業ソングとしてヒットしました。覚えやすいフレーズなので今でも盛り上がれそうですよね。

PUFFY/これが私の生きる道

 (2494870)

1995年には大貫亜美さんと吉村由美さんのデュオPUFFYがデビュー。奥田民生さんプロデュースということでいい感じにゆるいスタイルがうけましたね。衣装もTシャツとジーパンというスタイルでした。今ではこんな格好の女性シンガーも珍しくないですが、当時は斬新でした。

PUFFYはデビュー曲の「アジアの純真」からヒットしましたが、カラオケで歌いやすく盛り上がるのは「これが私の生きる道」ではないでしょうか。手を振ったり首を左右に動かすだけの簡単なフリなので真似しやすかったですよね。

ヒット商品「資生堂 ティセラ」のCMソングで、本人たちも出演されていました。ちなみに「これが私の生きる道」は略すと「私生道(しせいどう)」になります。

FUNK THE PEANUTS/恋の罠しかけましょ ~FUNK THE PEANUTSのテーマ

 (2494872)

1995年にはFUNK THE PEANUTSも登場しています。DREAMS COME TRUEの吉田美和さんと、サポートメンバーとしてコーラスをしていた浦嶋りんこのユニットです。このユニットではRIN(FUN・P1号)、MIWA(FUN・P2号)という名前になっています。

中村正人さんのプロデュースで「恋の罠しかけましょ ~FUNK THE PEANUTSのテーマ」でデビューします。ちなみにユニット名の由来は、2人で歌うパートを「FUNK THE PEANUTS」と呼んでいたからだそうです。やはり、女性デュオといえばピーナッツというのもあったのでしょうね。

ちなみに、2016年のザ・ピーナッツのカバーアルバムに参加し、「恋のバカンス」を歌っていますよ。

FUNK THE PEANUTSは1999年で一度活動を終了しますが、2014年に久しぶりに浦嶋さんがドリカムのツアーに参加したことから15年ぶりに活動再開しています。

Love Cupids/春が来た

 (2494874)

1997年にはLove Cupidsの「春が来た♡」がリリースされます。Love Cupidsは岡本真夜さんと成田有里恵さんによるユニットです。

岡本真夜さんのデュエット企画としてオーディションをして成田有里恵さんが選ばれました。

春に生まれた新しい恋を、女性2人の会話仕立てで歌った楽曲です。作詞作曲は岡本真夜さん。「王様のブランチ」のエンディングテーマにも使われていました。

Kiroro/長い間

 (2494876)

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

レオナルド・ディカプリオの10代から30代に至るまでの出演作を特集放送!【『タイタニック』放送記念】レオ様 大スターへの道

レオナルド・ディカプリオの10代から30代に至るまでの出演作を特集放送!【『タイタニック』放送記念】レオ様 大スターへの道

洋画専門チャンネルザ・シネマでは、『ギルバート・グレイプ』で19歳にしてアカデミー助演男優賞にノミネート、『タイタニック』の世界的大ヒットにより、トップスターへと駆け上った“レオ様”ことレオナルド・ディカプリオの、 『タイタニック』 を含む10代から30代に至るまでの出演作5作品を5月8日(水)~10日(金)に特集放送いたします。
アニメ「忍たま乱太郎」が4月10日の“忍たまの日”に5大企画を解禁!カラオケやカフェコラボイベントの開催が決定!!

アニメ「忍たま乱太郎」が4月10日の“忍たまの日”に5大企画を解禁!カラオケやカフェコラボイベントの開催が決定!!

NHKエンタープライズが、テレビアニメ「忍たま乱太郎」の第1回放送日である4月10日“忍たまの日”に合わせ、5大企画を解禁しました。
隣人速報 | 51 view
子役から女優へ!確かな演技力で活躍する【黒川芽以】の出演作について振り返ってみた!

子役から女優へ!確かな演技力で活躍する【黒川芽以】の出演作について振り返ってみた!

6歳の時に子役デビューし、これまで数多くの作品で様々な役を演じている黒川芽以さん。主演・助演問わずバイプレーヤーとして活躍する黒川芽以さんについて、出演作とともに振り返ってみました。
ハナハナ | 603 view
つぶやきシロー『リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。』発売中!

つぶやきシロー『リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。』発売中!

Xフォロワーは約100万人!約15年にわたる “つぶやき” の傑作が待望の書籍化!!『リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。』が、発売中です。
ロボコンのロビーナ役でデビュー!【加藤夏希】について振り返ってみた!

ロボコンのロビーナ役でデビュー!【加藤夏希】について振り返ってみた!

「燃えろ!!ロボコン」で女優デビューを果たし、それ以降女優やモデルとして活躍した加藤夏希さん。結婚・出産を機にテレビで見かけることが少なくなったような気もします。そこで、加藤夏希さんの出演作を振り返りつつ現在の活動についてチェックしてみました。
ハナハナ | 773 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト