【Richard Marx】バラードといえばこの人!リチャード・マークスの成功の軌跡
2020年4月4日 更新

【Richard Marx】バラードといえばこの人!リチャード・マークスの成功の軌跡

80年代後半から90年代にかけて、『King of Love Ballads』と称されたシンガーソングライターRichard Marxの、全盛期の活躍を振り返ると共に、現在のリチャードの様子もご紹介します。

146 view

Richard Marx

Richard Marx Collection - Piano: 0884088529598: Amazon.com: Books (2180453)

1963年生まれのリチャードは、ミュージシャンの両親の下、5歳からコマーシャルソングのレコーディングに参加するなど、ジュニアミュージシャンとして音楽活動を行っていました。

ティーンになると、リチャードは楽曲制作にも意欲的に取り組むようになり、17歳の時に彼の才能を認め、そしてLAで音楽活動を始めることを強く勧めてくれるアーティストに巡り合いました。当時The Commodoresのリードボーカルとして活躍していたLionel Richieでした。リチャードは高校を卒業するとライオネルを訪ねてLAへ渡り、本格的に音楽活動を開始することに。

リチャードがLAに移住して間もなく、ライオネルはThe Commodoresからの脱退を表明し、シンガーソングライターとして、そしてソロアーティストとして80年代を代表する存在に。リチャードもまた、そんなライオネルの活躍を追うように数々のヒット曲を生み出し、スターへの階段を駆け上りました。

デビューアルバム『Richard Marx』

Amazon | Richard Marx by Richard Marx | Richard Marx | ミュージック | 音楽 (2180811)

LAに移住後、リチャードは7年間に渡り他のアーティストへの楽曲提供やバックヴォーカルをするなどの音楽活動を行い、アーティストとしての経験を積み上げていきました。十分に機が熟した87年、デビューアルバム『Richard Marx』をリリース。「自信のソロアーティストとしての可能性に賭けてみたかった」というリチャードの才能が詰まったこのアルバムは全米で大ヒットし、リチャードはソロアーティストとしての成功を手にしました。

このアルバムから5枚のシングルがリリースされ、内4曲が全米ヒットチャートトップ3にランクイン。この記録は新人アーティストとしてはWhitney Houstonに次いで2人目の快挙として注目を集めました。

ラブバラードの帝王

Richard Marx - Now & Forever (Official Video)

美しいバラードの楽曲を数多く生み出しているリチャードですが、中でも絶大な人気を得ている楽曲は、『Right Here Waiting』と『Now and Forever』の2曲でしょう。2曲とも長年リチャードの人生のパートナーだった女優のCynthia Rhodesに捧げた歌です。

89年にリリースされた『Right Here Waiting』は、美しいクラッシックギターとキーボードのシンプルなサウンドで、シンセサイザーやドラムの音色が主流だった音楽シーンで異色ともいえる楽曲でした。楽曲作成時に海外で映画の撮影に参加していたCynthiaへの思いを伝えたというラブソング。アメリカ、カナダなどで大ヒットし、未だ多くの人々に愛され、カバーされている楽曲です。

94年にリリースされた『Now and Forever』は、リチャードの妻となり、そして3人の息子たちの母となったCynthiaに捧げた歌です。結婚後、彼女に捧げる歌を作っていなかったことに気づいて書き上げたというこの曲は、世界5ケ国のチャートでトップ10にランクイン。未だラジオなどで耳にすることの多いリチャードの楽曲の一つです。

残念ながらリチャードとCynthiaは2014年に25年の結婚生活にピリオドを打ちました。リチャードはその翌年、 MTVでVJとして活躍していたDaisy Fuentesと再婚しています。

Richard Rocks!

Richard Marx - Don't Mean Nothing

このバージョンも渋くてかっこいい!
バラード歌手のイメージの強いリチャードですが、彼を一躍時の人にしたデビュー曲『Don't mean nothing』はロック色の強い楽曲だったため、グラミー賞のベスト・ロック・ヴォーカル・パフォーマンスーソロにノミネートされています。この楽曲はビルボードで最高3位にチャートインする大ヒットに。この楽曲は、年を重ねるとともに、ライブなどではアコースティックに演ずることが多いようです。

リチャードの現在

80年代と全く変わらない美しい歌声は圧巻ですね!
2020年を迎えた現在でも精力的に現役として活躍を続ける80年代に全盛期を迎えたアーティストはたくさんいます。リチャードもその一人。2月にニューアルバム『Limitless』をリリースし、2020年、2021年に世界の主要都市を駆け巡るワールドツアーの開催も予定しています。SNSでも自身の活動の様子などもアップデートしていて、ソロアーティストとして全盛期のころとなんら変わらなず活動していることをアピールしているかのようです。

まとめ

Richard Marxは、数々のヒット曲を作ったわりにはなぜか高く評価されていないなんて言われることのあるアーティストです。彼の作る楽曲の美しさもさることながら、透き通るような歌声もとっても魅力的です。

年齢を重ねても全く衰えることのないリチャードの歌声は時を越えてもなお人々の心に染みわたります。
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80年代歌手】「会いたい」の大ヒットで一躍トップスターとなった沢田知可子の世界に浸る

【80年代歌手】「会いたい」の大ヒットで一躍トップスターとなった沢田知可子の世界に浸る

「会いたい」の大ヒットで一躍トップスターの仲間入りをした沢田知可子。90年代の代表する歌手としてヒット曲を量産し女性が歌うカラオケの定番曲のひとつとされている「会いたい」を始めとした沢田知可子のヒット曲を聴く!
はんまのまま | 1,184 view
【80’s&90’s 海外セレブ】スターたちのショッキングニュース

【80’s&90’s 海外セレブ】スターたちのショッキングニュース

80年代、90年代に報道された海外セレブの身に起こったショッキングなニュースを5件ご紹介します。
Hamanasunohana | 277 view
80~90年代に話題になった洋画ホラー映画は?

80~90年代に話題になった洋画ホラー映画は?

1980年代~90年代、多くのホラー映画が上映されましたが中でも話題になったホラー映画は何でしょう? 80年代にヒットしたホラー映画の中にはその後再び注目され、続編やリメイク版が出ている映画もありますよね。 今回は80年代~90年代に話題になった洋画のホラー映画をご紹介します!
やすたけ | 622 view
昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

時代が変わり、若者を取り巻く恋愛事情が変化すれば、流行る恋愛ソングも変わっていきます。恋愛ソングは、その時代の恋愛価値観がストレートに反映されていると思います。社会情勢や恋愛に必須な連絡用ツールが変わっただけで、恋の叶いやすさは格段に違ってきました。今回は80年代から現代までに流行った恋愛ソングを比較し、それぞれの時代の恋愛観について紐解いていきます。
iVERY | 294 view
ピンク・レディー解散後の方がキレイ。90年代のケイちゃんこと増田恵子は、セクシーだったんだなぁ。

ピンク・レディー解散後の方がキレイ。90年代のケイちゃんこと増田恵子は、セクシーだったんだなぁ。

年を取ってからの方がキレイという女性がいますね。ケイちゃんこと増田恵子もその一人ではないでしょうか?!いえ、勿論ピンク・レディー時代も可愛かったです。スタイルも良かった。しかし解散後、90年代初頭の増田恵子はセクシーだったんですよねぇ。
obladioblada | 4,623 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト