【SIMPLY RED】ソウルフルな歌声で世界中を魅了したシンプリー・レッド。名曲の数々をご紹介します!
2020年3月15日 更新

【SIMPLY RED】ソウルフルな歌声で世界中を魅了したシンプリー・レッド。名曲の数々をご紹介します!

赤毛のカーリーヘアにビックヴォイスのボーカル、ミック・ハックネル(Mick Hucknell)率いるSimply Redは、80年代&90年代を代表するブルー・アイド・ソウルグループとしてUK音楽シーンを牽引しました。2010年に一度は解散したものの15年に再結成。現在はハックネルの個人プロジェクトの様相を呈していますが、奏でる音色は昔のまま。ライブ活動を積極的に行っています。そんなSimply Redの名曲の数々を振り返ります。

229 view

SIMPLY RED

Amazon | Home Live in Sicily | Simply Red | 輸入盤 | 音楽 (2174590)

Simply Redは80年代・90年代のUK音楽シーンを席巻したバンドです。彼らの音楽をジャンル分けするのは難しく、数々生み出されたヒット曲はポップ、ジャズ、ソウルと楽曲によって全く異なるカラーを引き出しています。

Simply Redというバンド名は、作詞作曲も手掛けるボーカルのミック・ハックネル(Mick Hucknall)が赤毛であることと、そしてハックネルが生まれ育った街マンチェスターの地元サッカーチーム『マンチェスター・ユナイテッド』のチームカラーが赤ということで命名されました。

バンド結成時のメンバーは、ハックネルに加えてギターのデイビッド・フライマン(David Dryman)、ベースのトニー・バウワーズ(Tony Bowers)、キーボードのフリッツ・マッキンタイヤー(Fritz McIntyre)、ブラスのティム・ケレット(Tim Kellett)そしてドラムスのクリス・ジョイス(Chris Joyce)の6人。「充分に音楽活動を楽しんだ」として2010年にバンドを解散。2015年に再結成をして、現在では当時からのメンバーはハックネルのみで、新しいメンバーで活躍しています。

とにかく売れたアルバム

Amazon | Stars | Simply Red | クラシックソウル | 音楽 (2174596)

Simply Redは、これまで12枚のスタジオアルバムをリリースしています。母国イギリスでは全アルバムがUKアルバムチャートでTOP10入りしているのに、どういうわけか全米チャートでは1枚もTOP10に入ったことがないのです。

それはさておき、Simply Redのイギリスでの人気は凄まじく、89年リリースの『A New Frame』を皮切りに、『Starts』、『Life』、『Blue』と立て続けに4枚のアルバムがUKアルバムチャートで1位を獲得しています。

中でもバンド4枚目のアルバムとなる『Stars』は、91年、92年の2年連続でイギリス国内でベストセラーアルバムになるという快挙を達成。イギリスの音楽史上に名を残す名作となりました。このアルバムはイギリス国内だけで350万枚、世界で900万枚を売り上げる大ヒットアルバムになりました。

ミック・ハックネルの世界

『Holding Back the Years』

Simply Red - Holding Back The Years (Live In Hamburg, 1992)

ハックネル17歳の時に作曲したという『Holding Back the Years』はSimply Redのデビューアルバム『Picture Book』収録の楽曲。1985年にシングルカットされたこの曲は、バンドオリジナル曲として唯一、全米チャート1位を記録。Simpy Redの名を世界に知らしめた記念すべき曲です。

この曲はイギリスで2度リリースされていて、1度目はそれほど注目されなかったが、全米チャートを駆け上ったことで国内での再リリースが決定し、UKチャートでは2位にランクインしました。

イギリス人の多くがこの曲を耳にすると自然と口ずさむことができる、そんな一曲です。

『The Right Thing』

Amazon | The Right Thing | Simply Red | ロック | 音楽 (2174819)

『The Right Thing』は、軽快なメロディーが印象的な楽曲なので応援歌的な歌なのかと思いきや、歌手を訳してみると、かなりセクシーな曲だということがわかります。

ボーカルのハックネルは彼のトレードマークとも言えるベストにトップハットといういでたちで、ステージの上で颯爽に歌い、踊る姿。そしてメンバーも全員がジャケット着用で、バンドのスリークなイメージにぴったりのMVだったといえます。

セカンドアルバム『MEN AND WOMEN』収録の楽曲で、1987年にシングルリリースされました。

『Stars』

Simply Red - Stars

大ヒットアルバム『Stars』と同タイトルの楽曲で、1991年にシングルリリースされ、UKチャートでは最高位8位にランクイン。8週間に渡り同チャートトップ40入りするという快挙を達成、さらにはヨーロッパ各国のチャートでもトップ10入りし、Simply Redの人気を不動のものにしました。

MVではクローズアップされたときのハックネルの綺麗なブルーの瞳に吸い込まれそうになります。砂漠の中をさまようハックネルの姿もとても印象的でした。

これまでよりかなりポップ色の強い楽曲だったために、賛否両論でしたが、ハックネルののびのある声質にはぴったりだったのではないでしょうか。

カバーもアレンジが抜群にかっこいい!

『If you don't know me by now(二人の絆)』

Amazon Music - シンプリー・レッドのIf You Don't Know Me by Now - Amazon.co.jp (2174601)

この曲は、Simply Red初のUKチャート1位に輝いた、3rdアルバム『A New Frame』に収録されていて、Harold Melvin & the Bluenotesがリリースした楽曲のカバー。Simply Red以外にも、SealやRod Stewartなど、多くのアーティストたちがカバーバージョンをリリースしている名曲です。

オリジナルは1972年の全米R&Bチャートで3位にランクインし、1989年にシングルカットされたSimply Redバージョンは、全米チャートをはじめ、各国のチャートで1位を獲得する大ヒットし、89年を代表する楽曲になりました。またこの曲でSimply Redは、グラミー賞ベストR&Bの栄誉を手にしています。

ハックネルが情感たっぷりに歌い上げるこの曲は、Simply Redがブルー・アイド・ソウルアーティストとして高く評価された1曲です。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト