80,90年代に活躍した各局名物アナウンサー(NHK編)
2018年2月3日 更新

80,90年代に活躍した各局名物アナウンサー(NHK編)

80,90年代からアイドル的扱いを受けていた女子アナも誕生していたフジテレビなどと異なり、公共放送で若手時代は地方局で腕を磨くNHK。もちろん公共放送局にも後世に印象が残るような名物アナウンサーが結構生まれました。彼らを振り返りながら、当時のテレビをフラッシュバックしていきましょう。

4,510 view

80,90年代に活躍した各局名物アナウンサー(NHK編)

80,90年代からアイドル的扱いを受けていた女子アナも誕生していたフジテレビなどと異なり、公共放送で若手時代は地方局で腕を磨くNHK。もちろん公共放送局にも後世に印象が残るような名物アナウンサーが結構生まれました。彼らを振り返りながら、当時のテレビをフラッシュバックしていきましょう。
 (1964282)

NHK

泣く子も黙るNHK。
徹底した教育もあり、アナウンス力ではぴか一の実力を持つアナウンサーも多く、見るだけでどこか落ち着く気分になるようなアナウンサーが多いのは、NHKアナの今も昔も特徴ではないでしょうか?

そんなNHKの名物アナウンサーを紹介します。
 (1964241)

生方恵一アナウンサー

 (1964243)

NHKアナウンサー期間:1956年~1985年

主な出演番組:(NHK時代)紅白歌合戦、のど自慢、NHK歌謡ホールなど

(フリー時代)お昼のワイドショー(日本テレビ)など
生方恵一アナウンサーを一躍名物アナとして有名にさせたのは、やはり「紅白歌合戦」でしょう。紅白では、第32・33・35回総合司会を務め、まさにNHKの顔となっていました。

事件は第35回で起きました。都はるみさんを「みそら…」と言い間違えて、大騒動を巻き起こしてしまいました。これが原因とははっきりしていませんが、翌年に大阪放送局に異動。そのまま退職となってしまいました。

大塚範一アナウンサー

NHKアナウンサー期間:1973年~1994年

主な出演番組:(NHK時代)NHKニュース、高校野球実況など

(フリー時代)めざましテレビ(フジテレビ)など
NHK退職後のめざましテレビでのMCが印象的な人も多いでしょうが、大塚範一アナは主に80年代NHKの顔として、NHKニュースなどを担当していた名物アナの一人です。

またニュースだけでなく、クイズ百点満点といったバラエティから高校野球の実況にいたるまで、守備範囲の広さは凄く、安心して観ていられる安定のアナウンス力は誰もが認めるところではないでしょうか。

現在、白血病との闘病中。またテレビで活躍を願う人も多いはずです。

1989 クイズ OP

森本毅郎アナウンサー

 (1964252)

NHKアナウンサー期間:1963年~1984年

主な出演番組:(NHK時代)NHKニュースワイド、大河ドラマ『草燃える』ナレーターなど

(フリー時代)噂の!東京マガジン(TBS)など
今では日曜日の午後のお馴染み「噂の!東京マガジン」のMCでもお馴染みですが、NHK時代は朝のニュース番組「NHKニュースワイド」などを担当。NHKらしくない!?凛々しい顔立ちで女性ファンも多かった男性アイドルアナの先駆け的存在といってよいでしょう。

フリー後は、アナウンサー業の傍ら、映画出演やCMなどの出演も果たし、タレント・俳優としても活躍しています。

懐かしいCM HOYA V3 森本毅郎

57 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高校球児として活躍した有名人【アナウンサー・キャスター編】

高校球児として活躍した有名人【アナウンサー・キャスター編】

高校野球で輝いたかつての球児たちの中には、テレビ局の社員となり、アナウンサー・キャスターとして活躍している人も数多く存在しているのをご存知でしょうか?今回はその中でも、たしかな実績を残した7名を紹介していきます。
こじへい | 11,777 view
【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

2017年8月26日公開の映画「幼な子われらに生まれ」。”親愛なる、傷だらけのひとたちへ。”と綴られたこの映画には結婚、離婚、再婚、連れ子、大事な人の死と、ミドルエッジ世代に無関係でない幾つもの人生の”ひだ”が描かれています。傷つきながらも幸せを紡ごうとするオトナたちを、ドキュメンタリーのようなリアリティで表現した三島有紀子監督に、インタビューの機会を頂戴しました。
【訃報】元朝日放送アナ・安部憲幸さんが死去。88年の「10・19」や「パワプロ」実況で親しまれた

【訃報】元朝日放送アナ・安部憲幸さんが死去。88年の「10・19」や「パワプロ」実況で親しまれた

元朝日放送(大阪市福島区)のアナウンサー・安部憲幸(あべ・のりゆき)さんが、胃がんのため死去していたことが分かった。71歳だった。「アベロク」の愛称で親しまれていた。
歴代『ミスソフィア』(ミス上智大学)女性タレントや女子アナウンサーへの登竜門ともなっている

歴代『ミスソフィア』(ミス上智大学)女性タレントや女子アナウンサーへの登竜門ともなっている

歴代『ミスソフィア』を獲得した女性を振り返ってみましょう。1980年代頃のアナウンサー(特にフジテレビ)は上智大学出身者が非常に多かったですね。1984年のミスソフィア「河野景子」元アナウンサーはアイドル・アナウンサーの先駆けでした。最近では慶應出身のアナウンサーが増えていますが、上智大学出身のアナウンサーも依然として多いです。
ガンモ | 46,814 view
【名勝負の裏に名実況あり】植草貞夫さんが残した名文句の数々

【名勝負の裏に名実況あり】植草貞夫さんが残した名文句の数々

朝日放送に入社後、スポーツアナウンサーとして活躍。44年にわたって夏の高校野球を実況を担当した植草貞夫さんの名実況の数々をまとめてみました。
和尚 | 6,148 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト