2017年1月24日 更新

警察の腐敗を内部告発した実在の人物を映画化『セルピコ』アル・パチーノが圧巻の演技!

映画『セルピコ』。1973年製作のアメリカ・イタリア合作映画。日本公開は1974年7月。シドニー・ルメット監督、アル・パチーノ主演。警察の腐敗を許せない正義感を持った警察官をアル・パチーノが見事に演じ切っている。

451 view

アル・パチーノ主演の映画『セルピコ』

1973年製作のアメリカ・イタリア合作映画。日本公開は1974年7月。

監督は『オリエント急行殺人事件』(1974年)、 『狼たちの午後』(1975年)、『旅立ちの時』(1988年)のシドニー・ルメット。
主演は『ゴッドファーザー』(1972年)で当たり役「マイケル・コルレオーネ」を演じ、名優としての地位を確立し始めた頃のアル・パチーノ。
映画『セルピコ』

映画『セルピコ』

本作はニューヨーク市警に蔓延する汚職や腐敗に立ち向かう警察官、主人公フランク・セルピコの実話に基づいた作品。

1976年、『アウトロー刑事・セルピコ』としてデヴィッド・バーニー、バート・ヤング出演でドラマ化された(全15話)。パイロット版TV放送時題名『新セルピコ 孤独刑事最後の挑戦』。

映画『セルピコ』 あらすじ

雨の降る夜、救急病院に一人の重症の警察官が運び込まれた。彼の名前はフランク・セルピコ、ニューヨーク市警の麻薬課刑事だ。セルピコは捜査中に同僚の警察官によって銃撃され、負傷したのだという。そのニュースを聞いた彼の上司は、「俺はセルピコを撃ち殺したいと言っていた警察官を6人知っている」と部下に語った。

何故セルピコは本来味方であるはずの警察組織内に多くの敵を抱えていたのか?物語はセルピコの警察学校の卒業式まで遡る。
セルピコ(アル・パチーノ)

セルピコ(アル・パチーノ)

銃で撃たれ瀕死の状態

銃で撃たれ瀕死の状態

これより11年前、セルピコは希望と使命感に燃えて警察学校を卒業した。

82分署に配属され、はりきって勤務についたが理想と現実のギャップはみるまに彼の内部で広がっていった。潔癖なセルピコには日常茶飯事として行なわれていた同僚たちの収賄、さぼりなどが耐えがたいものに感じられた。

犯罪情報課勤務に変わって、彼は向上心の満足と息ぬきをかねてニューヨーク大学へ勉強に行くようになり、そこで会ったレズリー(コーネリア・シャープ)というバレー・ダンサーと知り合い、やがて同棲するようになった。私服になるための訓練を受け始めた彼が、ブレア(トニー・ロバーツ)というプリンストン大学出の同僚と仲良くなった。

訓練が終わると、2人は私服刑事として、セルピコは93分署に、ブレアはニューヨーク市長の調査部に配属されることになった。
セルピコは過度に犯罪者を追い詰めてしまい、自らも立場を...

セルピコは過度に犯罪者を追い詰めてしまい、自らも立場を悪くする。正義感の塊。

ブレア(トニー・ロバーツ)

ブレア(トニー・ロバーツ)

ブレアにいわせるとこれは2人の性格にピッタリの配属だということになる。セルピコは町に、そしてブレアは政治に大きな関心を寄せていた。

配属された最初の日、セルピコは何者かにワイロの分け前を渡された。ブレアに相談し、調査部長に報告したが、部長はただ忘れてしまえと忠告するだけだった。同時に私生活の面でもレズリーを失った。セルピコは再びマクレインに会い、ブロンクスの第7地区に勤務を変えてもらった。
レズリー(コーネリア・シャープ)

レズリー(コーネリア・シャープ)

愛犬と

愛犬と

だがここも事態は最悪だった。前の分署で顔見知りだったキーオ(ジャック・キホー)という男が近づき、ここの分け前は今まででも最高だと耳打ちした。
彼が受け持たされたのは、ルベルという同僚とワイロ回収の仕事だったが、どうしても金をうけとろうとしないセルピコの立場は徐々に孤立せざるを得なかった。

ブレアとセルピコは、市長の右腕として働いていたバーマンに実情を訴えたが、この夏には暴動がおこる公算があり、市長としても警察と対決するわけにはいかないという理由でとりあげてもらえなかった。セルピコは窮地に立たされ新しい恋人ローリー(バーバラ・イーダ・ヤング)とも衝突、喧嘩別れしてしまった。
恋人のローリー(バーバラ・イーダ・ヤング)

恋人のローリー(バーバラ・イーダ・ヤング)

今やセルピコは地区中から異端者扱いで、第8分署に転任することになったが、彼を相棒として引き受けてくれるのはロンバート警視ただ1人だった。ブレアやロンバートの応援で、ついに意を決したセルピコが汚職の実態をニューヨーク・タイムスにぶちまけた。このニュースでニューヨーク中が蜂の巣をつついたような騒ぎになった。しかしセルピコはデラニー総監によって、市で最も危険なブルックリンの麻薬地帯に転勤を命じられた。
汚職を訴えるセルピコ

汚職を訴えるセルピコ

危険な任務を遂行するセルピコ

危険な任務を遂行するセルピコ

ある日、数人の同僚とともに麻薬犯逮捕に出勤した彼は、そこで重傷を負う破目になった。状況からみて、同僚が助けようとすれば助けられたのである。命がけでなぜあんなことをしたのかというグリーンの問いに、セルピコは答えた。自分自身のためだった、と。今、セルピコは退職し、傷痍年金を受け、スイスに住んでいる。

実在したセルピコ

本作のモデルとなった人物はフランチェスコ・ヴィンセント " フランク " セルピコ(1936年4月14日生まれ)。
10代の頃は軍隊に所属していた。
1960年代後半と1970年代初頭に、劇中でもあるように警察の腐敗を内部告発した。
彼は広範な体系的な警察の腐敗の信頼できる証拠を報告したが何も起こらず、その後ニューヨークタイムズにて告発するに至った。

ニューヨーク市警察署の名誉勲章を受けた1ヵ月後、フランク・セルピコは、1972年6月15日に引退。
その後、傷痍年金を受給しながらヨーロッパで傷を癒した。そして旅行や勉強に時間を費やした。
しかし、嫌がらせや若くして妻を亡くすなどでうつ病に苦しんだという。

彼は1980年にアメリカに戻り、NY州の山奥に住み、警察学校の講師などを担当した。

2003年にアメリカ映画協会が選んだアメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100では、セルピコがヒーロー部門第40位にランクインしている。
実際のフランク・セルピコ

実際のフランク・セルピコ

銃弾を浴び病院で運び込まれた写真

銃弾を浴び病院で運び込まれた写真

映画化の経緯

原作はジャーナリストのピーター・マースが執筆したフランク・セルピコの伝記である。マースの代理人に伝記の映画化を勧められたマーティン・ブレグマンが中心になって映画製作が開始された。

当初ブレグマンはジョン・G・アヴィルドセンに監督を頼む予定だったが、政治的な側面を掘り下げたいアヴィルドセンと人間ドラマを中心に据えたいブレグマンの路線が対立、最終的にシドニー・ルメットが監督に選ばれた。
シドニー・ルメット監督

シドニー・ルメット監督

作品データ

監督 シドニー・ルメット
脚本 ウォルド・ソルト、ノーマン・ウェクスラー
俳優 アル・パチーノ、 バーバラ・エダ・ヤング、コーネリア・シャープ、トニー・ロバーツ等
公開 1973年(※日本公開は1974年)
配給 パラマウント映画
時間 130分
バイクやファッションも格好良かった

バイクやファッションも格好良かった

アル・パチーノは本作の演技で、1973年度のゴールデン・グローブ賞(ドラマ部門)とナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の主演男優賞を獲得した。
アル・パチーノ演じるセルピコが純粋な心を持ち、悪に向かっていく様は、実在のセルピコを知らずとも、当時の状況をも想像させてくれる。
腐りきった世界に希望を見出せるのは、やはり純粋無垢な心なのだと強く感じる。

この名作をまだご覧になっていない方は是非、映像でご覧下さい。あらすじを超えたセルピコの生きざまを感じ取れるはずです。
31 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

1975年製作のアメリカ映画で、日本では翌1976年に公開された映画『狼たちの午後』。監督はシドニー・ルメット。映画中で実在の銀行強盗犯を演じたアル・パチーノの演技が高く評価されている。実際の銀行強盗事件が題材となっている。
ひで語録 | 572 view
実話映画『フェイク』潜入捜査官とコンビを組んだ中年マフィアの哀しい物語

実話映画『フェイク』潜入捜査官とコンビを組んだ中年マフィアの哀しい物語

1997年に公開された映画『フェイク』。アル・パチーノとジョニー・デップが共演。同作は実話を基に映画化され、マフィアに潜入捜査を行っていたFBI捜査官ジョー・ピストーネの実録手記に基づいて製作されている。
ひで語録 | 1,564 view
映画『カリートの道』 元麻薬王が新たな人生を画策するも悪の道から抜け出せず、死す!

映画『カリートの道』 元麻薬王が新たな人生を画策するも悪の道から抜け出せず、死す!

1993年に公開されたアメリカ映画『カリートの道』。本作で『スカーフェイス』以来、10年ぶりにコンビを組んだ監督ブライアン・デ・パルマと主演アル・パチーノ。”元麻薬王”を演じたアル・パチーノは、焦燥感と希望がまみれた圧巻の演技を見せてくれた。
ひで語録 | 579 view
映画「007 黄金銃を持つ男」を特集!原作者イアン・フレミングの遺作でもあります。

映画「007 黄金銃を持つ男」を特集!原作者イアン・フレミングの遺作でもあります。

1974年公開。「007 黄金銃を持つ男」は、007シリーズ映画化第9作目。原作者イアン・フレミングの遺作です。
ひで語録 | 2,062 view
「宇宙戦艦ヤマト」ハリウッド実写化が一歩前進!新たな脚本をザック・ディーンが執筆中!!

「宇宙戦艦ヤマト」ハリウッド実写化が一歩前進!新たな脚本をザック・ディーンが執筆中!!

アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のハリウッド実写化に向けた新たな脚本を、映画「デッドフォール 極寒地帯」の脚本家ザック・ディーンが執筆することがわかった。
red | 2,243 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事