80年代、少年ジャンプの人気漫画「よろしくメカドック」が30年ぶりに復活!Hondaとコラボ!!
2016年10月21日 更新

80年代、少年ジャンプの人気漫画「よろしくメカドック」が30年ぶりに復活!Hondaとコラボ!!

1980年代に「週刊少年ジャンプ」に連載され、アニメ化もされた伝説のチューニングカー漫画「よろしくメカドック」が約30年ぶりに復活。今回、ホンダの新型チューニングコンプリートカーの発売に合わせて、新作「よろしくメカドック STEP WGN Modulo X の巻」が配信された。

7,793 view

伝説のチューニングカー漫画「よろしくメカドック」が約30年ぶりに復活!

1980年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載され、アニメ化もされた伝説のチューニングカー漫画「よろしくメカドック」(作:次原隆二)が、約30年ぶりに復活。

新作「よろしくメカドック STEP WGN Modulo X の巻」は、次原氏による描き下ろしで、ホンダの新型チューニングコンプリートカー「STEP WGN Modulo X(ステップ ワゴン モデューロエックス)」の発売に合わせて公開されている。
漫画「よろしくメカドック」が、約30年ぶりに復活!!

漫画「よろしくメカドック」が、約30年ぶりに復活!!

「よろしくメカドック」は、チューニングを中心としたストーリーとなっているのが特徴で、「北斗の拳」「ドラゴンボール」「シティーハンター」など名だたる連載陣が集う中でジャンプ黄金期の一角を担い、アニメ化も果たすなど、当時から人気の高い作品だ。

新作は、26ページのフルカラー読み切りで、Hondaの公式サイトで読めるほか、全国のホンダカーズ販売店やHonda ウェルカムプラザ青山でコミック冊子を部数限定で入手する事が出来る。
26ページのフルカラー読み切りコミック冊子。

26ページのフルカラー読み切りコミック冊子。

 (1768326)

今回の作品は、幼少期より「よろしくメカドック」の愛読者であり、かねてより新作での復活を望んでいたHondaの広報マンが「家族構成の変化により、奥さんからミニバンへの乗り換えを迫られているが、少し人とは違う拘りのあるクルマ選びがしたい」という自身の家庭境遇をヒントに原案ネームを描きあげた。
この原案ネームを意気に感じた次原氏は、〆切のハードルが上がるのを承知で「フルカラーで描きましょう!」と快諾。実際の登場キャラクターも、この広報マン自身をモデルに描かれている。
広報マンが自らアイディアを出し、描きあげた原案ネーム。

広報マンが自らアイディアを出し、描きあげた原案ネーム。

広報マンの原案ネームをもとに次原氏が描いたネーム。

広報マンの原案ネームをもとに次原氏が描いたネーム。

次原氏は「約30年ぶりのメカドック復活!?……かはさておき、ボク自身楽しんで描く事が出来ました。今では立派なお父さんお母さんになっている当時の読者の皆さんに喜んでもらえれば嬉しいです。何はともあれ、是非、自分も家族も満足するクルマ選びを!」とコメントしている。
次原隆二

次原隆二

1958年9月30日生まれ。福岡県鞍手町出身。漫画家・実業家。
別ペンネームにRYU。コアミックスの設立メンバー。

代表作に『よろしくメカドック』、『レストアガレージ251車屋夢次郎』など。自動車整備士の免許を取得しており、メカを扱った作品が多い。

よろしくメカドック

よろしくメカドック

よろしくメカドック

次原隆二による日本の漫画作品。市販車のチューニングとレースを主体としている。

読み切りとして2本発表後『週刊少年ジャンプ』(集英社)1982年44号から1985年13号に連載(ただし84年31号でいったん連載が中断し、アニメ化によりPART2として同年39号より再開している)された。単行本は全12巻(文庫版全7巻)。連載前の読み切りは短編集『F-1倶楽部』に掲載された。

それまでのスーパーカーや荒唐無稽な設定のレースものとは違い、国産市販自動車のチューニングを扱った草分け的な作品である。
ストーリーは大きく分けて4つの大きなイベントと、その間をつなぐ細かいエピソードから成り立っている。

(あらすじ)

東京にあるチューニングショップ「メカドック」(名前の由来は「Mechanical Doctor」の略で、車の医者という意味)に勤める主人公・風見潤。当初は店に出入りする常連客の求めに応じ様々なチューニングを行っていたが、自分が手がけた車を走らせているうちに他のチューニングショップとの関わりが生まれ、多くのレースに参戦することになる。
よろしくメカドック のキャラクターが搭乗する車。

よろしくメカドック のキャラクターが搭乗する車。

出典 p.ke-s.cc

よろしくメカドック 第1話『青春チューニング』

【関連商品】

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
【クイズ】「キャプテン翼」クイズ第2弾!!今度は全日本ジュニアユース編からのみの出題!!

【クイズ】「キャプテン翼」クイズ第2弾!!今度は全日本ジュニアユース編からのみの出題!!

日本のサッカー人気を一変させるほどのインパクトをもたらしたサッカー漫画「キャプテン翼」。これを読んでサッカーを始めたというサッカー少年は世界中にいることでしょう。そんな「キャプテン翼」からのクイズ第2弾!今回も10問ですが、前回と違って「全日本ジュニアユース編」からのみの出題とします。あの世界の強豪たち、憶えていますか!?
時空探偵マツ・de・デラックス【case Piazza-宙へのコックピット-】第10話

時空探偵マツ・de・デラックス【case Piazza-宙へのコックピット-】第10話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第2ケースは「日産レパード」に続き「いすゞピアッツァ」。ちょっと辛口な娘と誰かにそっくりの父が繰り広げる「親子愛」に「ピアッツア」がどう関わって行くのか?時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』誕生25周年企画の一環として、8月2・3日に東京芸術劇場コンサートホールでクラシックコンサート『美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert』を開催することが決定した。
red | 429 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト