オカマキックボクサーとして活躍したパリンヤー選手の現在
2016年11月25日 更新

オカマキックボクサーとして活躍したパリンヤー選手の現在

『オカマのキックボクサー』として注目され、1998年には来日したパリンヤー・ジャルーンポン。 しなやかでスピードのあるハイキックを武器にムエタイの聖地ルンピニースタジアムでも活躍し、日本では女子プロレスラー井上京子と異種格闘技戦も行った。 そんな彼(彼女?)の経歴と現在について紹介。

12,611 view

90年代後半に注目された『オカマキックボクサー』パリンヤー

オカマ(ニューハーフ)のムエタイ選手として本国タイのムエタイや、日本でもシュートボクシングや異種格闘技の試合を行い、その容姿と圧倒的な強さで話題になったパリンヤー選手。
(オカマボクサーと呼ばれることもあったが、ボクシング選手ではなくムエタイ出身のキックボクサーである。)

「話題作りのために女装している」と批判されることもあった彼(彼女?)はどんな選手だったのか?
その経歴と現在の活動について紹介していく。
パリンヤー・ジャルーンポン

パリンヤー・ジャルーンポン

パリンヤー・ジャルーンポン(Parinya Charoenphol)
愛称:ノン・トゥム〈Nong Toom〉
1981年6月9日生まれ
タイ王国の首都バンコク出身。
兄2人、姉1人、弟1人の5人兄弟の4番目。
出典 i2.wp.com

貧しい家族を助けるためにムエタイデビュー

幼い頃は、両親の仕事の都合でタイ国内を転々とする。
子供の頃から性同一性障害に悩んでおり、自分を男の身体に生まれてしまった女だと信じていた。

女の子っぽいパリンヤーはいじめられっ子だったが、「自分を守れるよう強くなれ」と母に言われて13歳からムエタイを始めた。
14歳の時にたまたま出場したお祭りのムエタイ大会で勝ち、賞金を手にしたパリンヤーは貧しい家族を助けるためにチェンマイのジムに入門する。
1996年、15歳でムエタイデビュー。
スピードのあるハイキックを得意技とし、圧倒的な強さで連勝を重ねる。
次第に女であることを抑えきれなくなっていき、化粧をしてリングに上がるようになった。

強さと女性らしい行動で一躍有名に

16歳でムエタイの聖地、ルンピニー・スタジアムに初登場し勝利。
強さだけでなく、独特の踊りや試合後のキスなど『オカマ』ならではのパフォーマンスによって一気に脚光を浴びる。
試合前に独特な踊りを見せるパリンヤー

試合前に独特な踊りを見せるパリンヤー

ムエタイでは師匠やムエタイの神様への感謝を示すワイクルーという試合前の踊りがある。
パリンヤーはこの踊りで化粧を塗る仕草や鏡を見る仕草を取り入れ、「オカマの踊り」として注目を浴びた。
試合後には対戦相手にキス

試合後には対戦相手にキス

試合に勝利すると敗れた相手にキスをした。
パリンヤー曰く、相手に対する謝罪と嫌ってる訳では無いよという気持ちを表現しているとのこと。
敗れた選手からは「屈辱のキス」と呼ばれていた。
馬鹿にされ、見世物的な扱いを受けることも多かったパリンヤーは、ムエタイへの興味が薄れて女性ホルモンを飲み始める。

胸が膨らみはじめ体つきが女性らしく変化していくパリンヤーはそれから試合に負け続けるようになる。
この頃、パリンヤーの噂を聞きつけ日本の団体が招聘したのだった。

1998年4月シュートボクシングの試合に出場するため初来日。
トップクラスの日本人選手に勝利、互角の戦いを見せた。

女子プロレスラー井上京子との異種格闘技戦

1998年11月、女子プロレスラー井上京子と異種格闘技戦を行う。
体重が60Kg程度のパリンヤーに対して、井上京子の体重は約100Kg。
体格的には井上が有利であったが、ボクシンググローブを付けて戦うルールはパリンヤーが有利であった。

パリンヤー vs 井上京子

離れてはローとミドルキック、組み付いては首相撲による膝蹴りで流血。
競技どころか性別も違う異種格闘技戦は世界レベルのキックボクサー、パリンヤーの圧勝に終わった。
出典 www.youtube.com
パリンヤーは1999年6月にも来日。
シュートボクシング・シーガル級チャンピオン土井広之と対戦したが判定負けであった.。

1999年にパリンヤーは性転換を受け、引退。

見世物的な扱いに耐えながら戦い続けたパリンヤーには、十分なお金が貯まっていた。
念願の性転換手術を受けたパリンヤーは、心だけでなく体も女性になった。

ニューハーフに比較的寛容なタイの社会だが、ムエタイの殿堂ルンピニー・スタジアムとラジャダムナン・スタジアムは権威ある施設のため、女性は試合はおろかリングに触れる事もできない。
性転換手術を受け女性になるということは、もう二度とこれらのリングに上がれなくなることを意味している。

16歳の若さでムエタイの聖地ルンピニー・スタジアムで勝利を挙げた天才少年パリンヤーは、ムエタイ選手として引退すること宣言した。

女優・モデルとして活動中のパリンヤー

ムエタイの引退後は女優・モデルとして活動。
性転換したことについて、「将来どんなことが起こったとしてもすべて自分の責任、何があっても覚悟するという決意で受けたものだから後悔していない」と語っている。
現在のパリンヤー・ジャルーンポン

現在のパリンヤー・ジャルーンポン

「妹」として姉と暮らし、女優・モデルと兼業して女性にムエタイを教えている。
パリンヤー容姿の変遷

パリンヤー容姿の変遷

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

女子プロ界のレジェンド!『井上京子』のバイオグラフィー&旦那や子供情報!!

女子プロ界のレジェンド!『井上京子』のバイオグラフィー&旦那や子供情報!!

女子プロレスラー生活30年以上のレジェンド井上京子さんのヒストリーや気になる結婚・旦那さんやお子さんなどを色々と調べてみました。
ギャング | 4,956 view
中3のとき”舞い降りた”プロレスラーへの道!全女最後のレスラー高橋奈七永はいま、プロレス団体SEAdLINNNG代表!!

中3のとき”舞い降りた”プロレスラーへの道!全女最後のレスラー高橋奈七永はいま、プロレス団体SEAdLINNNG代表!!

「全女最後のレスラー」高橋奈七永。2005年の全日本女子プロレス解散時、全女最強の象徴”赤いベルト”王者だった彼女はその後も女子プロレス道を突き進みます。現在はプロレス団体「SEAdLINNNG」の社長として日々奮闘する一方、”地上最も過激な格闘技”「ラウェイ」にも参戦するなど、その闘いのフィールドは止まるところを知りません!
女子プロレス界でヒールのイメージを変えた筋金入りのヒール『尾崎魔弓』

女子プロレス界でヒールのイメージを変えた筋金入りのヒール『尾崎魔弓』

みなさんの中でパッと頭に浮かぶ悪役レスラーは誰でしょう?男だったら、「アブドーラザ・ブッチャー」や「タイガージェットシン」等が代表的だと思います。では女子だったら誰を思い浮かべますか?「ダンプ松本」や「ブル中野」なんかじゃないでしょうか。かつての悪役選手って贔屓目に見ても女性的な印象は受けませんでしたよね。 しかしそこに現れたのが「尾崎魔弓」という、「イイ女系」のレスラーです。根っからのSっ気の雰囲気をまき散らしながらリング上で暴れまくる彼女を今回ご紹介していきましょう。
女子プロレス界のレジェンド、『デビル雅美』は筋金入りの職人だった!

女子プロレス界のレジェンド、『デビル雅美』は筋金入りの職人だった!

女子プロレスの歴史が長いことはほとんどの方はご存知でしょう、しかしその中で記憶に残るレスラーというのは数限られていますよね。星の数ほどデビューしたレスラー達、記憶に残っていてもその中で「レジェンド」と呼ばれるレスラーはまた絞られてきます。今回はレジェンドの中から「デビル雅美」選手についてご紹介していきましょう。
昭和生まれで平成を駆け抜けたアイドルレスラー『キューティー鈴木』の現在

昭和生まれで平成を駆け抜けたアイドルレスラー『キューティー鈴木』の現在

平成の時代に巻き起こった「女子プロレス」ブーム、かつての三度と大きく違うのは団体が複数存在した事です。 それにより各団体でエースと呼ばれるアイドル的存在のレスラーも出現し、男性ファンの視線を釘付けにしました。 今回はその中で知る人ぞ知る究極のアイドルレスラーである「キューティー鈴木」をご紹介しましょう。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト