ボクシング

ボクシング

ボクシングに関する記事の一覧です。 あなたの記憶をくすぐる懐かしいボクサー・チャンピオン・試合・エピソードなどを記事を紹介します。

 画像一覧から記事を探す

ボクシングの記事最近投稿・更新された記事

手と手を結びあって大きな輪に!「平成のKOキング」坂本博之さんが子供たちに届けたいこと。

手と手を結びあって大きな輪に!「平成のKOキング」坂本博之さんが子供たちに届けたいこと。

不動心を背負い「平成のKOキング」「和製デュラン」の異名でファンを魅了したプロボクサー坂本博之さん。2000年の畑山隆則(横浜光ジム)に挑んだWBA世界ライト級王座戦は、結果として敗けたとはいえファンにより同年年間最高試合に選ばれてい...
「おやじファイト」で得られた生きがい!40代ボクサー、阿部浩治さん

「おやじファイト」で得られた生きがい!40代ボクサー、阿部浩治さん

自分の過去を振り返った時、誰しも口惜しかったり恥ずかしかったことがあると思います。そんな過去をどう受け入れて消化するかは人それぞれ。40代でリングに立つボクサー阿部浩治さんはそんな自身の過去を美化することなく向き合うことで生きがいを手...
「みんなと共に世界へ」親友がくれた闘争心、船井龍一選手!

「みんなと共に世界へ」親友がくれた闘争心、船井龍一選手!

ガチンコファイトクラブに魅せられてボクシングの門を叩いたシャイな目立ちたがり屋、船井龍一選手。30歳を過ぎて、努力を継続する力とは別の勝つために必要な「闘う」力を身に纏った第39代日本スーパーフライ級王者、次なる高みは世界!ここまでの...
竹原慎二 ガン? 勝つのはオレじゃい! じゃあの

竹原慎二 ガン? 勝つのはオレじゃい! じゃあの

「ガンはもともと自分の細胞のコピーミスを免疫力で抑えられなかったためにできたものだ。 だから治せるのは自分しかいない」 現役時代、竹原慎二は、どんな勝負でも真っ向から挑んでいった。 ガンとの戦いにおいても、弱音を吐いたり落ち込ん...
RAOH | 18,999 view
ボクサーと俳優の肩書を持った!!『畑山隆則』という男!!

ボクサーと俳優の肩書を持った!!『畑山隆則』という男!!

元WBA世界スーパーフェザー級王者と元WBA世界ライト級王者の2階級を制覇した畑山隆則さんボクサーと俳優業もこなしていましたが最近メディアでもあまり見なくなりました、気になり、勝手に追ってみました。
ギャング | 4,761 view
「日本ボクシング検定2017」の合格認定カードに「はじめの一歩」のキャラクター描き下ろしが登場!

「日本ボクシング検定2017」の合格認定カードに「はじめの一歩」のキャラクター描き下ろしが登場!

JBC(一般財団法人日本ボクシングコミッション)監修によるボクシングファンが、自分の知識を試すことのできる検定『日本ボクシング検定2017』の合格認定カードに「はじめの一歩」とコラボした限定デザインが登場することが発表されました!
ボクシング界で蛇蝎の如く嫌われた名物プロモーター「ドン・キング」

ボクシング界で蛇蝎の如く嫌われた名物プロモーター「ドン・キング」

マイク・タイソンのプロモーターとして、一躍日本でも有名になったドン・キング。その半生を振り返ると、さまざまな罪を犯し、詐欺的な金儲けを繰り返していて、本当にろくでもない男なのですが、しかし、その行動力・胆力・弁才が超1流だったのは疑い...
こじへい | 13,672 view
ジョージ・フォアマン 「老いは恥ではない」45歳で2度目の世界ヘビー級チャンピオンとなった象をも倒すパンチを持つ男

ジョージ・フォアマン 「老いは恥ではない」45歳で2度目の世界ヘビー級チャンピオンとなった象をも倒すパンチを持つ男

1968年、メキシコシティオリンピックで金メダル獲得。 1973年、無敵のジョー・フレージャーを倒し世界ヘビー級チャンピオンになる。 1974年、モハメド・アリにノックアウトされ、やがてリングから消えた。 1994年、マイケル・...
RAOH | 6,668 view
赤井英和!!!!!オリンピック日本代表! 破天荒なケンカボクシング! 破格の強打!! デビューから12連続KO!!!奇跡の生還!!! 浪速のロッキー!!!!

赤井英和!!!!!オリンピック日本代表! 破天荒なケンカボクシング! 破格の強打!! デビューから12連続KO!!...

知らない人も多いけれど赤井英和は元ボクサー。 アマチュアでは(日本が参加をボイコットしたため幻となったが)モスクワオリンピック代表となり、プロデビュー後は12連続KO勝ちの日本タイ記録。 その強打と超のつく攻撃的インファイトから「...
RAOH | 14,785 view
『はじめの一歩』ブライアン・ホークのモデル!ナジーム・ハメド

『はじめの一歩』ブライアン・ホークのモデル!ナジーム・ハメド

ボクシング漫画『はじめの一歩』に登場した名悪役「ブライアン・ホーク」。変幻自在のファイトスタイルで異彩を放つこのキャラクターは、ナジーム・ハメドという実在のボクサーがモデルとなっています。漫画の元ネタになるだけあって、その戦い方はトリ...
こじへい | 12,991 view
元世界ヘビー級王者モハメド・アリの発言集『モハメド・アリ語録[世界を揺るがした勇気のことば150]問題は倒れることではなく、立ち上がろうとしないことだ』

元世界ヘビー級王者モハメド・アリの発言集『モハメド・アリ語録[世界を揺るがした勇気のことば150]問題は倒れること...

没後1年を記念してリリースする、元世界ヘビー級王者モハメド・アリの発言集。「モハメド・アリ語録150種」のほか、「モハメド・アリ全試合」、「モハメド・アリ年表」も収録。
孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

日本クルーザー級のパイオニアとしてその名を轟かせた西島洋介山を知らない人はいないだろう。手裏剣パンチを武器に闘った地下足袋ファイターは、そのボクサー人生の多くをアメリカで過ごした。またボクサーとして現役を退いた後には、日本国内で総合格...
モハメド・アリ   アメリカに、大切なのは肌の色ではなく、心であり魂であり精神だと教えた男。

モハメド・アリ アメリカに、大切なのは肌の色ではなく、心であり魂であり精神だと教えた男。

ローマオリンピックボクシングライトヘビー級金メダリスト。 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」ボクシングで、ソニー・リストン、ジョージ・フォアマン、ジョー・フレージャーらとの名勝負を行いながら、3度も世界最強の座に就いたグレーティスト...
RAOH | 3,878 view
プロボクサー大場政夫が「永遠のチャンピオン」と言われる理由

プロボクサー大場政夫が「永遠のチャンピオン」と言われる理由

大場政夫は、日本の高度成長期時代にプロボクサーを目指し、WBA世界フライ級王者になった。甘いマスクとスタイリッシュな体型が印象的なヒーローだった。23歳の若さで劇的な事故死を遂げ今も「永遠のチャンピオン」と言われその人生に注目が集まっ...
マイク・タイソンの愛車フェラーリがオークションに出品!落札予想価格は約2億5千万円!!

マイク・タイソンの愛車フェラーリがオークションに出品!落札予想価格は約2億5千万円!!

元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソン氏の所有していた高級スポーツカー「フェラーリ・F50」が、オークションハウスのサザビーズに出品された。2億4600万円を超える破格の予想落札価格がついている。
渡辺二郎・元ボクシング世界王者の生い立ち~プロボクサー時代の画像

渡辺二郎・元ボクシング世界王者の生い立ち~プロボクサー時代の画像

元世界J・バンタム級チャンピオンの渡辺二郎は、日本人として、はじめてWBAとWBCの王座を統一した。日本拳法からボクシングに転身し、アマチュアで4試合した後にプロボクサーとしてデビューする。当時話題になった試合や、渡辺二郎の入場テーマ...
辰吉、西岡利晃を幾度も倒したタイの英雄ウィラポン!最後は長谷川穂積に屈した!

辰吉、西岡利晃を幾度も倒したタイの英雄ウィラポン!最後は長谷川穂積に屈した!

タイの国民栄誉賞を4度受賞しているタイの英雄ウィラポン。ムエタイからボクシングに転向したボクサー。90年代には浪速のジョー・辰吉丈一郎の挑戦を2度も退け、ウィラポンの名が一躍日本中に知られることとなった。西岡利晃、長谷川穂積との戦いも...
ひで語録 | 8,040 view
元WBC世界フライ級王者『勇利アルバチャコフ』が残した功績~現在

元WBC世界フライ級王者『勇利アルバチャコフ』が残した功績~現在

勇利アルバチャコフは、ペレストロイカの時代に旧ソ連のロシア共和国ケメロヴォ州タシュタゴルから日本にやってきた。外見は東洋人、「ユーリ海老原」のリンク名で試合に出場していたこともある。12歳でボクシングを始めた勇利は、アマチュア時代に世...
元プロボクシング世界王者『具志堅用高』の下積み時代から現在、名言やエピソード

元プロボクシング世界王者『具志堅用高』の下積み時代から現在、名言やエピソード

1976年(昭和51年)世界ボクシング協会(WBA)世界Jr.フライ級王座に輝き、13回の防衛戦を果たした、具志堅用高。現在でも日本歴代の世界チャンピオンの中で、最多連続防衛記録である。沖縄出身でカンムリワシと言われた。アフロヘアがト...
オカマキックボクサーとして活躍したパリンヤー選手の現在

オカマキックボクサーとして活躍したパリンヤー選手の現在

『オカマのキックボクサー』として注目され、1998年には来日したパリンヤー・ジャルーンポン。 しなやかでスピードのあるハイキックを武器にムエタイの聖地ルンピニースタジアムでも活躍し、日本では女子プロレスラー井上京子と異種格闘技戦も行...
きちんとチキン | 11,790 view
47 件