「メーテル」の歴史:『新竹取物語 1000年女王』『銀河鉄道999』『メーテルレジェンド 交響詩 宿命』『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』
2016年1月26日 更新

「メーテル」の歴史:『新竹取物語 1000年女王』『銀河鉄道999』『メーテルレジェンド 交響詩 宿命』『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』

メーテルの歴史を『新竹取物語 1000年女王』『銀河鉄道999』『メーテルレジェンド 交響詩 宿命』『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』の4作品を通じて振り返り、「1000年女王・プロメシューム(地球名:雪野弥生)」とその2人の娘「メーテル」と「エメラルダス」の関係を読み解いていきます。メーテルの美貌の変遷を振り返りましょう。

55,028 view

メーテルの歴史:メーテルの母から『銀河鉄道999』以前のメーテル(15歳から)・『銀河鉄道999』のメーテルまで

メーテル

白い衣装も似合う15歳のメーテル(OVA作品『メーテル...

白い衣装も似合う15歳のメーテル(OVA作品『メーテルレジェンド 交響詩 宿命』(2000年)より)

メーテル(Maetel)は、松本零士作・原作の漫画及びアニメ作品『銀河鉄道999』(以下『999』)などの作品に登場する架空の人物。アニメのオリジナルキャストは池田昌子。

星野鉄郎を銀河超特急999号での旅へと導き、共に旅をする謎の美女。母親は、機械帝国の女王プロメシューム。父親は、反機械化世界を目指している ドクター・バン。

母プロメシュームの命により「機械化惑星を強化する部品とすべく、鉄郎を始めとする数多くの意思強固な青少年たちを集める」という役目を担っていた。

だが、それは同時に父親のバンによる「機械化惑星を破壊すべく、多数の同志をその中心部へ送り込む」という作戦のための行動でもあった。この相反する2つの目的を同時に背負いながら鉄郎と旅をしている。

劇場映画第2作『さよなら銀河鉄道999』において、出身が惑星ラーメタルであることが判明した。数万年に近い寿命を持つラーメタル人だが、その肉体は冥王星の氷の下に封印されているとみられる。

松本零士の作品に登場する美女たちに共通する、長い睫毛に切れ長の目、瞳の色はブラウン。腰まで伸びた金髪(光沢のある亜麻色)が特徴。

作中では、憂いを帯びた表情や寂しげな微笑みを浮かべていることが多い。細身の肢体の肌には目立つような傷や黒子はない。膝下丈の長袖ワンピース、首周り・袖口・裾に毛皮#ファーをあしらったケープ付きコート、ロングブーツ、アストラハン帽子を身にまとう。いずれもカラーは黒で統一されるが、これは彼女の弁によれば「喪服」としての意味合いを持つためである。

『メーテルレジェンド』や『ニーベルングの指環』などの幼少期を描いた作品では表情に陰りは見えない。当時は白いファーを着用していたが、その後、「母が機械化により心を失う」「機械帝国崩壊のために身を捧げた少年たちの運命を背負う」といった出来事を体験するにつれ、その色も青(『コスモウォーリアー零』)や赤(『宇宙交響詩メーテル』)、黒へと変わっていった。

ホテルなどでくつろぐ際にはロング丈のワンピース、高温の惑星では黒ビキニを着用することが多い。下着に関しては原作最終回における鉄郎との別離の際の発言から、「カモフラージュランジェリー」なるものを普段は着用していたようである。
(出典:Wikipedia「メーテル」)
白い衣装も似合います。ちなみに大人のメーテルが黒い服を着るのには、機械帝国崩壊のために命を落とした少年たちへの“喪服”の意味が込められている
劇場版「さよなら銀河鉄道999」のメーテル

劇場版「さよなら銀河鉄道999」のメーテル

メーテルの体について

体に関しては謎も多く、生身の人間なのか、機械化人なのか、原作およびテレビ版や映画において様々な描写がされており、明確にはなっていない。

劇場版1作目では分身として惑星メーテルがあり、原作では巨大な機械の生首となっている母・プロメシュームの背面にメーテルの顔が配置されている。原作でメーテルはこのプロメシュームの背面にある顔を「分身」と呼び、分身のメーテルは「かよいあう同じひとつの心をもったふたつの存在」と語っていることから、生身の体と機械の体双方で人格を共有していることが判明している。背面にあるメーテルの分身を介してメーテルの考えや行動がプロメシュームに伝わっていた。

劇場版1作目のラストで鉄郎と別れる際に、冥王星にあると思しき元の体に戻ることを示唆し、たとえ再会して鉄郎の傍にいても彼が気づくことはないだろうとする旨を語ったが、続編である映画2作目では変わらぬ姿で登場した。作中で元の体に戻らなかった理由については語られていない。

『レジェンド』において、メーテルそっくりの顔をした『新竹取物語 1000年女王』のヒロイン、雪野弥生と『999』のプロメシュームが同一人物という設定が明確にされた結果、『レジェンド』が発表された2000年以降は、機械化人になる前のプロメシュームの容姿をメーテルが受け継いだと解釈されている。
憂いを帯びた表情のメーテル(劇場版「さよなら銀河鉄道9...

憂いを帯びた表情のメーテル(劇場版「さよなら銀河鉄道999」のラストに流れる「SAYONARA」曲中のシーンより)

メーテルの母であるラー・アンドロメダ・プロメシューム(...

メーテルの母であるラー・アンドロメダ・プロメシューム(1000年女王・地球名:雪野弥生)と双子の姉妹「メーテル」と「エメラルダス」

『999』と『1000年女王』のミッシングリンクを埋める作品という位置付けがなされたOVA作品の『メーテルレジェンド』およびTVアニメ『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』が発表され、『1000年女王』の雪野弥生=『999』のプロメシュームという設定が明確なものとなった。

メーテルとエメラルダスは双子の姉妹という設定がなされた。

OVA『メーテルレジェンド』において弥生がメーテルとエメラルダスの母・プロメシュームとして登場し、機械帝国の女王へと変貌する様子が描かれた(後述)。
メーテルの設定の変遷

1990年代以降の松本による設定変更などに伴い、彼女の母・プロメシュームは『1000年女王』のヒロイン・雪野弥生(ラーメタル名ラー・アンドロメダ・プロメシューム)と同一人物とされている。

また、かつては一人娘という設定だったが、エメラルダスが双子の姉ということになった。これに伴い、『宇宙交響詩-』などの近年の作品ではエメラルダスは母に反発し、袂を分って機械化世界への抵抗を続ける宇宙海賊の一員となった、とされている。

これにより『999』映画2作目での、プロメシュームが語る「ラーメタルに城を建てて暮らしていたが、人という人に裏切られメーテルと共に宇宙船でラーメタルを脱出した後、アンドロメダ大星雲中心部付近の石ころのような惑星に辿り着いた」というメーテルの過去と、1990年代以降に発表された作品で描かれる彼女の過去とは整合性の取れないものとなっている。

メーテルに関する歴史において作品の時系列順は、『1000年女王』→『レジェンド』→『宇宙交響詩-』→『999』という順番になる

メーテルの歴史『新竹取物語 1000年女王』『銀河鉄道...

メーテルの歴史『新竹取物語 1000年女王』『銀河鉄道999』『メーテルレジェンド 交響詩 宿命』『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』

メーテルの母「ラー・アンドロメダ・プロメシューム(地球名:雪野弥生)」の歴史
・テレビアニメ『新竹取物語 1000年女王』
・劇場版 1000年女王

『銀河鉄道999』以前のメーテル(15歳から)の歴史
・OVA作品『メーテルレジェンド 交響詩 宿命』(2000年)
・『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』(2004年)

『銀河鉄道999』のメーテルの歴史
時系列順では、『1000年女王』→『レジェンド』→『宇宙交響詩-』→『999』となる。ただし、作品の発表順は『999』→『1000年女王』→『レジェンド』→『宇宙交響詩-』となっており、整合性も十分に図られていない。

『新竹取物語 1000年女王』 メーテルの母であるプロメシューム(地球名:雪野弥生)の地球での青春ストーリー

メーテルの母親「1000年女王ことラー・アンドロメダ・プロメシューム(地球名:雪野弥生)」

メーテルの母親「1000年女王ことラー・アンドロメダ・...

メーテルの母親「1000年女王ことラー・アンドロメダ・プロメシューム(地球名:雪野弥生)」

『999』劇中において、機械帝国の最高権力者・女王プロメシュームとして登場。メーテルの母にして機械帝国の建国者であり、かつてはドクター・バンと夫婦であった。「機械の体」による永遠の命を全宇宙に拡大すべく野望を燃やす。

2000年以降、『999』と『1000年女王』のミッシングリンクを埋める作品という位置付けがなされたOVA作品の『メーテルレジェンド』およびTVアニメ『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』が発表され、『1000年女王』の雪野弥生=『999』のプロメシュームという設定が明確なものとなった。

その結果、プロメシュームのフルネームは『1000年女王』作中で明かされた弥生のラーメタル名となり、『1000年女王』は彼女の若かりし頃を描いた作品という位置付けが明確にされた。

これに伴い『レジェンド』において、ラーメタルに帰還した弥生が機械帝国の女王プロメシュームへと変貌していく過程が描かれた。なお、この過程は『999』映画2作目などで本人やメーテルから語られる経緯とは大きく異なる。
『1000年女王』はメーテルの母親にまつわる物語、「メ...

『1000年女王』はメーテルの母親にまつわる物語、「メーテルの母の青春」

松本は本作について「この『1000年女王』はメーテルの母親にまつわる物語、つまり、時系列的に『999』以前のもので、私の宇宙物にとって、絶対に欠かせない作品なんです。この『1000年女王』が無いと、一つの輪の重要な接点が無くなるんです。」と述べており、自身の作品世界を構築する上で重要な位置づけであることを明言していた。

だが劇中ではそうした『999』との関連性については明示されることはなく、映画版のテレビCMで「1000年女王は、メーテルなのか?」というコピーが使われ始めた頃には松本自身も「雪野弥生はメーテル」と言い出したこともあって連載中は本作が『999』の前史であることや、メーテルの母・プロメシュームの物語ということが大きくアピールされることはなかった。

しかしその後、本作の後日談で『999』の前日談となるアニメ作品『メーテルレジェンド』(2000年)と『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』(2004年)で本作のヒロイン・雪野弥生が『999』のプロメシュームであることが作中で明示された。

2009年末から2010年初頭にかけて産経新聞出版より全3巻で刊行されたコンビニコミック版では、表紙に「メーテルの母の青春」というコピーが入っており、本作が『999』の前史であることと、メーテルの母・プロメシュームの物語であることをアピールするものとなっている。

本作の「姉妹が女王に反抗し、一方は賊に身を落とす」という設定は1996年にビッグゴールドで連載を再開した『999』とその関連作品に引き継がれ、これに伴いプロメシュームの一人娘という設定のメーテルと彼女とはライバルという位置づけだった女海賊エメラルダスは姉妹となり、『メーテルレジェンド』と『宇宙交響詩』は「かつてセレンと共に姉妹で女王ラーレラに反抗した弥生が、やがて自らが女王プロメシュームとなり、そして娘のメーテルと海賊エメラルダスの姉妹に反抗される」という因縁話となっている。

劇場版 1000年女王(1982年3月13日)

劇場版 1000年女王

劇場版 1000年女王

『新竹取物語 1000年女王』(しんたけとりものがたり せんねんじょおう)は、松本零士の漫画、及びそれを原作としたアニメ。

1999年、地球へと接近する太陽系第10番惑星の存在が確認された。東京郊外のとある町に住む中学生の少年・雨森始は、学校から帰宅した際に自宅の電子鉄工所で起こった爆発事故で両親を失ってしまう。自身も爆発に巻き込まれ、入院先の病院で謎の女性と出会う。数日後、伯父が所長を務める筑波山天文台を訪れると、そこには病院で出会った謎の女性がいた。彼女の名前は雪野弥生で、伯父の助手だという。

爆発事故と前後して、始の周りで怪事件が起こり始める。そこにちらつく謎の組織・1000年盗賊の影。やがて始は地球に近づく謎の惑星がラーメタルという名の星であること、弥生の正体がそのラーメタルから派遣され、永い間人知れず地球を導いてきた1000年女王であることを知る。
そして運命の時「1999年9月9日零時9分9秒」が、刻一刻と迫りつつあった。
(出典:Wikipedia「新竹取物語 1000年女王」)
67 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ソルボンヌ 2019/11/11 21:10

    全部後からのこじ付けでしょう、後からひらめいてそうした。松本零士さんのは999は東映動画が力を入れて劇場版作って大ヒットしましたが、原作だけではとてもじゃないが、あそこまで大ヒットしなかったし、ヤマトもテレビがなければ売れなかった。鬼太郎の水木しげるさんと一緒で東映動画が力を入れて売れた、999も1000年女王もなんで主役が醜いの?見てて気持ち悪くなってきます。

    旧いファン 2019/6/23 18:11

    松本先生の作品に整合性を求めるのは無理がありますよ。

    2018/2/7 00:53

    弥生がプロメシューム二世って単語もホイホイ出てたしね
    テレビアニメではラーレラではなくて弥生の母のプロメシュームたったから

    イナセ 2017/12/28 17:44

    劇場版1000年女王の公開時期の設定では、雪野弥生とメーテルは姉妹となっていた。
    映画のカタログに記載されていた。

    すべてのコメントを見る (4)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アニメ映画「銀河鉄道999」と「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」のまとめ。やはりメーテル!70年代後半から80年代前半のアニメブームを代表する作品。

アニメ映画「銀河鉄道999」と「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」のまとめ。やはりメーテル!70年代後半から80年代前半のアニメブームを代表する作品。

銀河鉄道999は劇場アニメ化されて大ヒットしてアニメブームの原点を確実なものとし、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』とともに昭和50年代の松本零士ブームをも巻き起こしました。
ガンモ | 72,287 view
松本零士の美女列伝:ユキ7号・イヴ・魔女シャンブロウ・スターシャ・森雪・メーテル・エメラルダス・有紀螢ほか

松本零士の美女列伝:ユキ7号・イヴ・魔女シャンブロウ・スターシャ・森雪・メーテル・エメラルダス・有紀螢ほか

松本零士の作品に登場する美女たちに共通する、長い睫毛に切れ長の目、瞳の色はブラウン、腰まで伸びた金髪(光沢のある亜麻色)が特徴の美女が勢ぞろいです。松本零士作品の美女たちは、みな、儚くも美しく、謎めいた魅力があります。「落ち着いた大人」「妖艶でミステリアス」「理知的で物静か」な雰囲気を纏う女性たち。1960年代から70年代前半の初期の作品「セクサロイド」や「ミステリー・イヴ」から、70年代半ば以降、人気のテレビアニメ作品・劇場アニメ作品となった「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」ほか。
トントン | 38,393 view
「新竹取物語1000年女王」銀河鉄道999の世界観を引き継ぎ,松本零士ワールドをさらに堪能できる宇宙アニメの秀作です。

「新竹取物語1000年女王」銀河鉄道999の世界観を引き継ぎ,松本零士ワールドをさらに堪能できる宇宙アニメの秀作です。

高校生の雨森始は両親を事故で亡くして,自身も大怪我をおい病院に入院,その時に出会ったのが、物語の主人公で1000年女王雪野弥生である。 爆発事故を契機に不審な事件が相次ぎ、弥生の正体も徐々にあかされ物語は一気に宇宙規模へ。 地球滅亡阻止をかけて始と弥生の戦いが始まります。
Kengreen | 10,254 view
『銀河鉄道999』のラストシーンがフィギュアで蘇る!メーテルと鉄郎の別れの”キス”を完全に再現!!

『銀河鉄道999』のラストシーンがフィギュアで蘇る!メーテルと鉄郎の別れの”キス”を完全に再現!!

メディコス・エンタテインメントが展開するハイクオリティフィギュアシリーズ“彫像Artコレクション”より、『銀河鉄道999』メーテルと鉄郎のフィギュアが発売される。発売予定は5月下旬。価格は45,800円(税別)。
「銀河鉄道999」のオリジナルマンガがJR東日本ツアーサイトに登場!松本零士によるメーテルの書き下ろしも公開!!

「銀河鉄道999」のオリジナルマンガがJR東日本ツアーサイトに登場!松本零士によるメーテルの書き下ろしも公開!!

松本零士原作「銀河鉄道999」とJR東日本のキャンペーン「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」のコラボレーションとして、「銀河鉄道999」のオリジナルマンガが特設サイトで掲載されている。
red | 2,831 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト