タイムトラベルを扱ったアニメ『ジェネレイターガウル』タツノコプロの異色作!肉弾戦のみで戦闘!!
2016年9月26日 更新

タイムトラベルを扱ったアニメ『ジェネレイターガウル』タツノコプロの異色作!肉弾戦のみで戦闘!!

アニメ『ジェネレイターガウル』は、タツノコプロ初のクリーチャー型ヒーローを主軸とした作品です。戦闘は肉弾戦のみで、それまでのシリアス系統に属するタツノコヒーローとは違う異色な存在でした。監督は、アニメ『鋼の錬金術師』、『ガンダム00』などで著名な水島精二が担当しています。

2,070 view

ジェネレイターガウル

ジェネレイターガウル

ジェネレイターガウル

1998年10月6日から12月22日までの間、毎週火曜 2:55 - 3:25にテレビ東京系で放送されたテレビアニメ。水島精二初監督作品。
製作は当時エヴァンゲリオンをGAINAXと共同制作したタツノコプロ。
本作はエヴァ直後の作品のためか、作品コンセプトや演出の随所にその影響やセルフパロディが見られる。

ジェネレイターガウル 番宣

あらすじ

遠因子活性化理論による強化人間計画。過酷な環境に適応するため、
人類の持つ遠因子を活性化させ、異なる生物の持つ特性を得る。
それは、人間の活動限界を飛躍的に拡大させた。
ジェネレイターは、サードウォーからの人類復興への要。最大の功労者だった。
...ぼくらが今行っている研究もその一環で、平和のため、人類の未来のためのもの。
それを疑ったことなんてなかった。
時は2007年。研究学園都市・皇樹学園に22世紀の未来...

時は2007年。研究学園都市・皇樹学園に22世紀の未来から来た3人の少年・ガウル・コウジ・リョウがやってきた。

目的は、未来世界を支配する圧制の超国家「クヴェレ」の打...

目的は、未来世界を支配する圧制の超国家「クヴェレ」の打倒であり、クヴェレ発足の引き鉄となる第三次世界大戦の阻止、そしてその遠因となる超技術「インクルード・セル」の研究開発の妨害だった。

だが、彼らを追って未来から送り込まれた刺客・生物兵器「...

だが、彼らを追って未来から送り込まれた刺客・生物兵器「ジェネレイター」の襲撃。

さらに学園を支配するクヴェレの尖兵・斉藤リュウコの策謀...

さらに学園を支配するクヴェレの尖兵・斉藤リュウコの策謀により、ガウル達の使命の達成は困難に追い込まれる。

研究学園都市皇樹学園の生徒として学園内で捜査活動を行い、七宝マサミの自宅である下宿先に居候しつつ学園生活を送りながらも、未来から送り込まれるジェネレイター(強化人間)達と戦わなくてはならないのだった。
異色の第5話

本作は基本的に重厚な雰囲気の作品であるが、第5話のみ自社パロディ満載のコメディタッチとなっている。この回はガウル達3人が「しびびん」飛びをする、敵 女ジェネレイター(外見はガッチャマンの敵であるベルクカッツェのパロディ)とガウルがピアニカで「会話」する、初期の戦闘が「金魚すくい」だったりする、さらにはガウルが後述の変身シーン(「ガウルのジェネレイター変身」参照)を披露するなど、徹底した「笑い」にこだわった作りとなっていた。

ガウル

ガウル

ガウル

本作の主人公。巨大な学園都市「皇樹学園都市」郊外に雨の降る日に突然現れた3人の若者のうちの1人でその後、皇樹学園の転入生となる。16歳。学生下宿「七宝荘」の住人となる肉体・体力派少年。性格は明るくおおらかで天真爛漫。常に物事を前向きに考える。また、非常に仲間思いでもあり、 困っている人を見ると放っては置けないタイプ。学生証の登記名など学園には「工藤ガウル」の名で登録されている。
いつも寝ているか、食べているかの怠惰な少年だが、野性味...

いつも寝ているか、食べているかの怠惰な少年だが、野性味が一部の女子の間で人気にもなっている。また、感受性が鈍く少し抜けたところがある。

ガウルのジェネレイター変身

ガウルのジェネレイター変身

実は未来からノームホールジャンプ(時間転移)してきた未来人であり、ジェネレイターに調節改造された生体改造人間。また、変身する、しないの如何にかかわらず、肉体の細胞の暴走を抑えるために特別な薬の投与を要する(傷の治りが普通人の何倍も早いのはインクルードセルによる細胞活性化のため)。実は今回の事件の最大のキーマンでもあった。
戦闘は必殺技が一切なく直接的な打撃による攻撃、いわゆる肉弾戦のみ。
ガウルは、リョウによって生体調整された最初の被検体。

ガウルは、リョウによって生体調整された最初の被検体。

体内に埋め込まれたインクルードセルの働きを活性化させる...

体内に埋め込まれたインクルードセルの働きを活性化させることでカブトガニを思わせる頭部のクリーチャー形態に変身する。

ただし、ジェネレイターへの変身“エクソジェネレイト”するとエネルギーを大量に消費するので人の何倍もの食事と睡眠を要することになる(ガウルが普段怠惰なのはこの影響もある)。

コウジとリョウの意外な事実!!

コウジ

コウジ

ガウルと同じく雨の日に現れ、皇樹学園の生徒となった16歳。何事にも冷静でガウル達3人の中ではリーダー的存在。判断力に優れ彼らの参謀的役割を担っている。学園には「鈴木コウジ」と登録されている。計算能力に優れ、理論的分野への知識の興味が高い。講師であるリュウコの論文にも興味を示していた。彼らの目的である「未来の悲劇を食い止めること」を最大の行動理由と位置づけ、どんな時も目的優先に行動する。
彼もガウルと同じジェネレイターであり、物語終盤で敵に囚われたガウルを救うため変身しているが、Phase.1でしかなかったため敵ジェネレイターには敵わず簡単に敗れた。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ヘルメット1つで6つの形態に“転身”出来る!!SFアクションヒーローアニメ『破裏拳ポリマー』

ヘルメット1つで6つの形態に“転身”出来る!!SFアクションヒーローアニメ『破裏拳ポリマー』

ブルース・リーをモデルにした主人公の声を演じた曽我部和恭は、ブルース・リー風にとの注文を受けて、ブルース・リーの映画を何回も見に行ったんだとか♪
星ゾラ | 16,933 view
アニメ『獣戦士ガルキーバ』は、「機動戦士ガンダムSEED」の平井久司がキャラクターデザイン担当だった!!

アニメ『獣戦士ガルキーバ』は、「機動戦士ガンダムSEED」の平井久司がキャラクターデザイン担当だった!!

『獣戦士ガルキーバ』は、1995年にテレビ東京系で放送された衝撃のSFアクションアニメ作品でした。伝説の戦士を受け継いだ主人公が、世界を守るために異次元世界から来た敵と戦う物語です。
星ゾラ | 4,547 view
EVA(エヴァ)初号機とゴジラがフィギュアで融合!庵野秀明が両作品に関わっていることから実現!

EVA(エヴァ)初号機とゴジラがフィギュアで融合!庵野秀明が両作品に関わっていることから実現!

庵野秀明総監督による新作「シン・ゴジラ」。その公開を記念してアニメ・新世紀エヴァンゲリオンとゴジラのコラボが実現。両作品に庵野秀明が深く関わっていることからEVA(エヴァ)初号機とゴジラが融合したイメージをフィギュア化。非常にリアルな作りとなっている。
医療SFアニメ『ワンダービートS』手塚治虫が監修し、次回予告に登場していた!!

医療SFアニメ『ワンダービートS』手塚治虫が監修し、次回予告に登場していた!!

人体の中でミクロ化した救急隊が敵と戦うと言う設定のSFアクションアニメで、手塚治虫を始め医療や化学の専門家をスタッフとして配置し、実際の医学的な知識、最新の医療技術にこだわったアニメでした。
星ゾラ | 4,915 view
サンダーバードのアニメ化版『科学救助隊テクノボイジャー』17種類のメカの多さに驚いた!!

サンダーバードのアニメ化版『科学救助隊テクノボイジャー』17種類のメカの多さに驚いた!!

このアニメは『サンダーバード』のアニメ版として企画されました。本家「サンダーバード」とは異なり主人公チームは家族ではなく組織の仲間として描かれています。人類の危機を救う物語です。
星ゾラ | 6,436 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト