蛭子さんってどんな漫画書いてたの?初期の作品を調べてみた!
2017年8月20日 更新

蛭子さんってどんな漫画書いてたの?初期の作品を調べてみた!

バラエティタレントとしてのイメージが強い蛭子さん。しかし、彼本来の肩書は漫画家。あのなんともいえないヘタウマなイラストは有名ですが、では、具体的にどんな作品を残しているのでしょうか?今回、蛭子さんが描いた初期の漫画について調べてみました。

7,091 view
蛭子漫画 (タツミコミックス)

蛭子漫画 (タツミコミックス)

地獄に堕ちた教師ども(1981年)

蛭子さんは、中学時代に不良グループから陰湿ないじめを受けているときや、社会人になって執拗に上司から怒鳴られたとき、そのルサンチマンを爆発させるかのごとく、ノートにそいつらを残酷に殺す漫画を描いていたといいます。そう。蛭子さんが書く漫画の根底に流れているのは、負のエネルギーであり、だからこそ、彼の書く絵にはどこか陰鬱な影があるのです。

そんな蛭子さんの初期の作品を集めた処女作品集である『地獄に堕ちた教師ども』。

「悪夢なら醒めてくれ!! このままじゃ脳味噌がブッ飛ぶぜ!!」
「処女作にして到達点! 漫画のひとりセックスピストルズ! 破壊せよ、とエビスが叫ぶ!」

これがキャッチコピーだそうです。

無能な教師が発狂したり、無垢な少女が人柱にされたりするという本作は、蛭子さんの闇の深さを存分に体感できる一冊となっています。
地獄に堕ちた教師ども

地獄に堕ちた教師ども

1981年7月発行

私はバカになりたい(1982年)

実はかなり映画通の蛭子さん。昔、『虎の門』というテレ朝の深夜番組に出ていたときも、映画監督・井筒和幸のコーナー『こちトラ自腹じゃ!』で、よく映画についての造詣の深さをうかがわせる発言をしていました。ちなみに、蛭子さんが好きな映画は、『遊星からの物体X』『砂の女』『ゴジラ』などだといいます。
遊星からの物体X

遊星からの物体X

そんな映画好きがこうじてなのか、この13編からなる短編集『私はバカになりたい』は、収録作品のタイトルすべてが映画からの引用になっています(まず、表題からして『私は貝になりたい』のパロディ)。

たとえば、『ペニスに死す』⇒『ベニスに死す』、『競艇時代』⇒『黄金狂時代』、『マッチ売りの主婦』⇒『マッチ売りの少女』、『サラリーマンは2度イライラする』⇒『007は二度死ぬ』など。
私はバカになりたい

私はバカになりたい

1982年3月発行
作品のすべては18禁。表題作である『私はバカになりたい』も、頭が良い(と思っている)がために、女とヤッてもすぐに冷静になってしまう男の話。行為の途中で「バカバカしくてやる気がしない…」と女に言い、アレコレと御託を並べた末に「面白くない人ね。帰ってよ!」と追い出され、「あーあ、私もバカになりたいよ」と言ってジ・エンド…。実にシュールです。
ちなみにキャッチコピーは、「御辞儀をすればヨダレがタレる バカが通れば道理もひっこむ 地獄の沙汰もバカしだい そのうちナントカなるだろう!!」。

私の彼は意味がない(1982年)

蛭子さんのギャンブル好きはあまりにも有名。1998年11月には、新宿の雀荘で賭け麻雀に興じているところを現行犯逮捕されたりもしました。
この短編集『私の彼は意味がない』にも麻雀の話が出てきます。ストーリーは、家に集まった4人が麻雀を始めると、なぜか、その家の奥さんが裸踊りをしはじめ、「大丈夫?」と主人に聞くと、「気にしなくていい」と答えるというもの。本当に意味が分かりません…。
私の彼は意味がない

私の彼は意味がない

1982年発行

私は何も考えない(1983年)

どこか表紙の人物が笑うセールスマンの喪黒福造っぽいこちらの作品。相変わらず、エロ・グロ・ナンセンス爆発の不条理な内容になっています。
私は何も考えない

私は何も考えない

1983年発行

なんとなくピンピン(1983年)

田中康夫が1980年に発表した小説『なんとなく、クリスタル』から引用して表題がつけられた本作。自身のファンクラブ会長が亡くなった際、棺の中にこの本が入っていたため、葬儀にも関わらず、笑いが止まらなくなったという都市伝説も語られています。
なんとなくピンピン

なんとなくピンピン

1983年発行
こんなシーンも…

こんなシーンも…

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

川越市立美術館にて「花村えい子と漫画 」開催!約140点に及ぶ原画作品を軸に、制作時期を6つの章に分けて展示

川越市立美術館にて「花村えい子と漫画 」開催!約140点に及ぶ原画作品を軸に、制作時期を6つの章に分けて展示

少女漫画のパイオニアとして活躍した漫画家、花村えい子の展覧会「画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画」が、2021年8月7日(土)から9月12日(日)まで、埼玉県 川越市立美術館にて開催されます。
「 がんばれ!!タブチくん!!」で有名になった!謎が多い『いしいひさいち』とは?!

「 がんばれ!!タブチくん!!」で有名になった!謎が多い『いしいひさいち』とは?!

1979年に『漫画アクション』で刊行された『がんばれ!! タブチくん!!』で有名になるも謎が多すぎる作者「いしいひさいち」先生。顔出し・解説を嫌い、名前は知っていても、どんな方なのか謎の先生を追ってみました。
ギャング | 4,271 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 13,861 view
5月に急逝した「ベルセルク」三浦建太郎の初期作『王狼』のリバイバル連載が決定!展覧会「大ベルセルク展」も開催!!

5月に急逝した「ベルセルク」三浦建太郎の初期作『王狼』のリバイバル連載が決定!展覧会「大ベルセルク展」も開催!!

白泉社が発行する隔月刊の青年漫画雑誌「ヤングアニマルZERO」の最新号(10月1日号、9月13日発売)にて、漫画家・三浦建太郎による幻の初期作『王狼(原作:武論尊)』がリバイバル連載されます。
隣人速報 | 284 view
男性だと思っていたら実は女性だった漫画家たち!(女性だと思っていたら男性の方も)

男性だと思っていたら実は女性だった漫画家たち!(女性だと思っていたら男性の方も)

漫画家のペンネームや作風から、男性(女性)だと思っていたらじつは女性(男性)でびっくりした!という経験はありませんか?顔出ししていない漫画家さんでは性別が分からないことも多々ありますよね。今回はそんな漫画家さんをまとめてみました。
saiko | 1,141 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト