「できるかな」「おーい!はに丸」「たんけんぼくのまち」アラフォーが見ていた教育番組!
2021年9月16日 更新

「できるかな」「おーい!はに丸」「たんけんぼくのまち」アラフォーが見ていた教育番組!

80年代、90年代頃のNHK教育テレビには印象的な番組がたくさん放送されていましたよね。今回はアラフォー世代が見ていた番組を振り返ってみましょう。

1,581 view

できるかな

「できるかな」は1970年から1990年まで放送されていた、幼稚園、保育園児に向けた幼児番組です。

「できるかな」といえば、チューリップハットをかぶった背の高いノッポさんと、ゴンタくんのコンビが有名ですが、このコンビになったのは1974年のこと。

元々ノッポさんは「できるかな」の前身番組である「なにしてあそぼう」に出演していました。この時の相方はクマのムウくんです。「なにしてあそぼう」の終了に伴い、ノッポさんとムウくんはTVから姿を消していたのですが、子どもたちからのリクエストに応えて1971年から「できるかな」にノッポさんが登場。(ムウくんはその後、「おかあさんといっしょ」のコーナーに出演していた時期があります)

そして1974年にゴンタ君が誕生。最初は動かないロボットだったのですが、2代目であの着ぐるみにかわりました。

ノッポさんがゴンタ君のために即興で遊び道具をつくり、最後は段ボールで大きなおもちゃを作るというのが定番でした。

ノッポさんは一切しゃべらず、ゴンタ君も鳴き声のみ。解説は姿を見せない「おしゃべり」というなのナレーションが担当していました。ですが最終回にノッポさんがしゃべったというのも話題になりました。

おーい!はに丸

1983年から1989年まで放送されていた幼児向け番組「おーい!はに丸」意外と放送期間が短くてびっくりしました。アラフォー世代にはドンピシャですよね。

おじさんの書いた絵から飛び出してきた埴輪の「はに丸」と馬の埴輪の「ひんべえ」がことばを学んでいくという番組でした。当初はに丸は現代の言葉を全く知らなかったのですが、だんだん言葉を覚えていきます。「はにゃ」「ふにゃ」というのが口癖でしたね。

設定上、はに丸が言葉を覚えたら終わってしまうのであまり長く放送できなかったのかもしれません。

ちなみにはに丸の声は田中真弓さんが担当されていました。

いってみよう やってみよう

1985年から2004年まで19年に渡って放送されていた番組です。お姉さんと子ザルのポッケが、何かをする必要に迫られるのですが、やり方が分からず、街で知り合った人に手助けをしてもらいながら成し遂げるという番組。全編ロケで構成されていました。

私は知らずにこの番組を見ていたのですが、今でいう特別支援学校、特別支援級向けの番組でした。世の中に出て役に立つような買い物をする、電車に乗るなどの方法をわかりやすく教えてくれる番組でした。

お姉さんとポッケが特別支援級や支援学校を訪問して、児童たちと一緒に何かをするという企画もありました。最後はエンディングテーマに合わせてみんなで踊っていました。

それいけノンタック

「それいけノンタック」は、1985年から1992年まで放送されていた、小学校1年生向けの社会科の番組です。

タイトルは覚えていなくてもこのキャラクター(ノンタック)は覚えている人も多いのではないでしょうか。

のんびり屋の少年、ノンタックが魔法のメガネで、様々なものに話しかけると、社会の仕組みを教えてくれるという番組でした。その時の決め台詞は「おでこのめがねででこでこでこりーん」。

普段メガネはおでこの上にかけているのですが、呪文を唱えるとメガネが下りてくるんですよね。そこから先はまじめな社会番組だったのですが投入が人形劇ということで入りやすかったと思います。

昔は学校の授業でテレビを見る日、なんてのもありましたよね。今から考えると信じられないですね。

たんけんぼくのまち

1984年から1992年まで放送されていた「たんけんぼくのまち」は小学校3年生向けの社会科の番組です。

年度ごとに舞台になっている町があり、その町の商店に、配達員として修業しているチョーさんが主人公。愛用の自転車で仕事をこなしつつ、地域社会の仕組みを学び、最後にそれを手書きの地図にするという内容です。

1本とるのに4泊5日のロケをしていたのだとか。毎週放送しているのですからほぼ、その町に住んでいるといっても過言ではないですね。

チョーさんは1986年までは本名の長島茂で出演、その後は芸名・長島雄一に改名。さらに2006年に芸名をチョーに変更しています。

チョーさんは1996年から放送されているEテレの乳幼児向け番組「いないいないばあっ!」のワンワンの声優兼スーツアクターをされています。

「たんけんぼくのまち」も人気番組でしたが、それを超える人気番組に25年も出演されているのはすごい。もはや教育テレビ(Eテレ)のレジェンドですね。

理科教室 小学校1年生〜なんなんなあに〜

昔は「理科教室」という番組が学年ごとに放送されていました。小学校1年生向けは「なんなんなあに」。

1960年から1989年までは「理科教室 小学校1年生〜なんなんなあに〜」というタイトル、1989年から1992年まで「なんなんなあに」というタイトルで放送されていました。

1984年度までは「ミルちゃん」、「キクちゃん」、「なんだろうくん」。1985年度からは「やったくん」、「めるちゃん」という人形が登場していました。

学年ごとにさまざまなキャラクターが登場していましたが、5年生からは先生のみの出演でキャラクターはいませんでした。

やはり低学年にはキャラクターがいると違いますよね。

さわやか3組

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 人(・📺・)人 2021/9/18 06:51

    昭和Eテレでおもにマッドしたキッズ番組
    おかあさんといっしょ「にこにこぷん」大江千里
    できるかな musical youth 「pass the dutch」

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「連中を見返したい!」ハーフを理由にいじめられ野球を始めた仲田幸司の山あり谷あり人生と現在の職業とは?

「連中を見返したい!」ハーフを理由にいじめられ野球を始めた仲田幸司の山あり谷あり人生と現在の職業とは?

80年代から90年代にかけて阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズで活躍した左腕、「マイク仲田」こと仲田幸司を覚えていますか? ここでは、複雑な出生によるいじめを乗り越えて野球を始めてからプロを引退するまでの彼の半生を簡単にご紹介していきます。
芍薬 | 207 view
なぜゴールデンから消滅した?昔のゴールデンタイムのアニメ枠を振り返ってみよう!

なぜゴールデンから消滅した?昔のゴールデンタイムのアニメ枠を振り返ってみよう!

今、アニメの放送は深夜が主。夕方のアニメも少なくなり、今や平日のゴールデンタイムのアニメ枠はなくなってしまいました。ですが、昔は毎日ゴールデンにアニメが放送されていましたよね。80年代、90年代のごーるんタイムのアニメ枠を振り返ってみましょう。
saiko | 4,998 view
ブルック・シールズの過去と現在・知られざる秘話

ブルック・シールズの過去と現在・知られざる秘話

1980年代に一斉を風靡した美少女ブルック・シールズの過去と現在。アルコール依存症だった母親、覚醒剤中毒だった夫アガシ奇行など知られざる秘話を画像を交えて振り返ってみた。
【70年代から現代まで】少女漫画の変遷 !ヒーロー像はどう変わった?

【70年代から現代まで】少女漫画の変遷 !ヒーロー像はどう変わった?

「少女漫画」とひとことでいっても、内容は時代とともに大きく変化しています。内容だけでなく主人公もしかり。そしてヒーローも。少女漫画のヒーローはどのように変化していったのかその傾向を見ていきましょう。(もちろん、すべてではありません)
saiko | 347 view
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ出演者たちのその後

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ出演者たちのその後

映画公開から早35年以上もの時が流れ、今なお愛され続けている『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。今回はこの大ヒットシリーズに出演していたキャストたちのその後に迫ってみたいとおもいます。
mimi | 8,782 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト