映画『CUBE』各部屋には6か所の扉!見知らぬ男女が閉じ込められた立方体!
2017年3月2日 更新

映画『CUBE』各部屋には6か所の扉!見知らぬ男女が閉じ込められた立方体!

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督による1997年製作のカナダ映画。トロント映画祭で最優秀新人映画賞を受賞。登場人物たちは、目が覚めると、不可思議な立方体空間に隔離されている。そこから脱出を図る人々の行動を追った物語。

6,058 view

1997年製作の映画『CUBE』

カナダの映画監督・脚本家であるヴィンチェンゾ・ナタリ監督による1997年製作の映画。
ナタリは自身の短編『Elevated』(日本未公開)をベースに『CUBE』を制作した。

本作が長篇初監督作品となり、サンダンス映画祭を始め、各地映画祭で話題となった。
1997年のトロント映画祭では最優秀新人映画賞を受賞している。
映画『CUBE』のDVD

映画『CUBE』のDVD

登場人物たちは、目が覚めると、不可思議な立方体空間に隔離されている。そこから脱出を図る人々の行動を追った物語。
段々と正気を失っていく者、信用されていない者、何を考えているか分からない者。それぞれの思惑と狂気が描かれた作品。

【映画】CUBE 日本国劇場予告編

非常に洗練されたリアルなCG映像を「ミミック」「スポーン」のC.O.R.E.デジタル・ピクチャーズが担当している。
また、特殊効果監督をボブ・マンローとジョン・マリエラ、美術をダイアナ・マグナスがそれぞれ担当。

一つのセットを複数に見せる(本作では室内の色を変えている)手法が利用されている。

あらすじ

ある日突然、密室に閉じこめられた6人の男女。それは正方形の巨大な立方体だった。いったい何のために作られたものなのか、なぜ自分たちが閉じこめられたのかは誰も知らない。

脱出方法は6つあるハッチのいずれかを選び、同じ立方体でつながっている隣に移動しながら出口を探す以外ないが、いくつかの部屋には殺人トラップが仕掛けられていた。

そんな中、やがて彼らは安全な部屋を示す“暗号”に気づく
誰もが不安と恐怖を抱える異空間。

誰もが不安と恐怖を抱える異空間。

冒頭に登場する男。立方体の部屋を移動しようとした際に、突如網状のワイヤーのワナに引っ掛かり、細切れの肉片にされ死亡する。
目が覚めると、そこには仲間・・・いや敵か?

目が覚めると、そこには仲間・・・いや敵か?

左から精神科の開業医のハロウェイ、屈強な身体を持つ警察官クエンティン、無気力男のワース、数学科の女子学生であり、脱出の鍵を握る人物レブン。
リーダーシップを取るクエンティンだが、段々と狂暴性が表...

リーダーシップを取るクエンティンだが、段々と狂暴性が表出していく。特に女医のハロウェイとは対立する。

彼らはようやく外壁まで到達するが出口はない。

焦燥の中、クエンティンは仲たがいしたハロウェイをひそかに始末、レヴンだけを連れて行こうとしてワースと争う。さらに、いつの間にか彼らは出発地点の部屋に戻ってしまっていた。戦慄する彼らだが、ここでようやく部屋の謎が解ける。
レブンが各扉に刻印された数字に気付き、素数やデカルト座...

レブンが各扉に刻印された数字に気付き、素数やデカルト座標が脱出のヒントであると仮説を立て、一行は行動に移す。

※素数に関する仮説は後に崩れてしまう。
道中、支離滅裂な言動を繰り返すカザンと出会う。まるで子...

道中、支離滅裂な言動を繰り返すカザンと出会う。まるで子どものような彼をハロウェイが面倒を見る。

元々いた場所は立方体の中に存在する巨大な船橋を一定の時間ごとに移動しており、そこに戻ることができれば、出口が見つかるはずなのだ。
その法則を解く因数の数は計算機なしには解けないはずだったが、なんと実は天才的な計算能力を持っていたカザンのおかげで一同はいよいよ脱出を開始。

凶暴さを増すクエンティンを置き去りにしてようやく太陽射す出口にたどりついた3人。
だがそこでレヴンは追いついたクエンティンに殺され、ワースはカザンだけを脱出させてクエンティンを道連れに果てた。

光の中、カザンは歩み出す……。
扉の向こうに、やっと外の光を感じる。

扉の向こうに、やっと外の光を感じる。

実はワースは、この”CUBE”の外壁を設計した事実が判明。
1辺130mである事をレブンに伝え、ヒントとなる。しかし、ワースもまた建設において末端の人間であり、何も知らないに等しかった。
しかし、その時、鉄の棒(扉のハンドル)で胸を一突きされ...

しかし、その時、鉄の棒(扉のハンドル)で胸を一突きされるレブン

犯人はクエンティン。もはや理性を完全に失っている。

犯人はクエンティン。もはや理性を完全に失っている。

外へ出ようとしたクエンティンだが、ワースに足を掴まれ、...

外へ出ようとしたクエンティンだが、ワースに足を掴まれ、高速で移動する部屋に挟まれ死亡。カザンだけが外の世界へと歩いていく・・・。

一辺が約4.2mから成るCUBEの内部構造

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

SFパニック映画の金字塔『グレムリン』の第3作目の製作が進行中!?主人公役だった俳優ザックが明かす!

SFパニック映画の金字塔『グレムリン』の第3作目の製作が進行中!?主人公役だった俳優ザックが明かす!

第1作が1984年に公開、1990年に第2作も公開され、ヒットするなどSFパニック映画の代表作のひとつとなった『グレムリン』。その第3作目の製作が進行中であることが、前2作で主人公ビリー役を務めたザック・ギャリガンが語っている。
当時無名のマットデイモンが脚本を執筆!映画 『グッド・ウィル・ハンティング』

当時無名のマットデイモンが脚本を執筆!映画 『グッド・ウィル・ハンティング』

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』は1997年公開のアメリカ映画。ハーバード大学中退のマット・デイモンと、友人ベン・アフレックの新進俳優の共作によるオリジナル脚本だった。ロビン・ウィリアムズの好演が光った作品でもある。
ひで語録 | 3,219 view
ゾンビと言えばこの映画!世界中を恐怖に陥れた「ゾンビ」(1978年)を観てみよう!

ゾンビと言えばこの映画!世界中を恐怖に陥れた「ゾンビ」(1978年)を観てみよう!

1978年にイタリアとアメリカの合同で製作・公開されたホラー映画「ゾンビ」。世界中を震撼させ、ゾンビ映画の金字塔とも言われる「ゾンビ」は、後のゾンビ映画を量産するきっかけとなります。そんなゾンビ映画の名作であるこの作品をもう一度観てみましょう!
きゃんで | 12,107 view
毒針の意味を持つ携帯式防空ミサイルシステム「スティンガーミサイル」。この強力な武器を手に入れる為に、繰り広げられた物語があります。映画「デビル」です。

毒針の意味を持つ携帯式防空ミサイルシステム「スティンガーミサイル」。この強力な武器を手に入れる為に、繰り広げられた物語があります。映画「デビル」です。

携帯式防空ミサイルシステム「スティンガーミサイル」。映画「デビル」では、ブラッド・ピットが、それを手にしようとNYにやってきます。90年代の傑作サスペンス・アクションムービーを特集します。
ひで語録 | 1,764 view
アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

「オーメン」って観てないけど、なんだか不気味な映画でしょ?はい、そうです!内容をまとめてみましたので、ぜひ一読下さい。
ひで語録 | 2,305 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト