坂本龍一をまるまる特集した一冊『美術手帖』5月号!映画やアートなどへの好奇心にも迫る!
2017年4月24日 更新

坂本龍一をまるまる特集した一冊『美術手帖』5月号!映画やアートなどへの好奇心にも迫る!

『美術手帖』5月号で、坂本龍一のこれまでの活動を大特集している。音楽活動のみならず、様々な空間芸術にも取り組んできた坂本の表現史を振り返っている。

205 view

『美術手帖』5月号で坂本龍一を大特集!

美術手帖5月号で、坂本龍一のこれまでの活動を大特集している。
1978年のソロデビューから音楽活動のみならず、様々な空間芸術にも取り組んできた坂本の表現史を振り返った一冊は必見だ。
美術手帖5月号「坂本龍一」

美術手帖5月号「坂本龍一」

坂本の活動は多岐にわたる。YMOで活躍以降も、現代音楽や映画音楽の分野で活躍し、様々なアーティストとのコラボでの成功、環境や社会活動などのアクティビストとしても、ジャンルを超え幅広い分野で活動を続けている。
本特集では、80年代から現在まで続くさまざまなメディア装置を駆使した坂本龍一の作品にスポットをあてている。

また、8年ぶりのアルバム『async』の発売やワタリウム美術館での個展にあわせた最新インタビューも見逃せない。
坂本龍一にみる”メディア・パフォーマンス”の表現史

坂本龍一にみる”メディア・パフォーマンス”の表現史

YMO、『TV WAR』、オペラ『LIFE』、近年のインスタレーション作品などを、「メディア・パフォーマンス」というキーワードをもとに再編。その活動が示す現在の可能性が考察されている。
坂本龍一をつくった音楽、映画、アート

坂本龍一をつくった音楽、映画、アート

音楽だけに留まらず、芸術諸分野に関する好奇心や、その多様な思考の源泉にある坂本龍一の極私的芸術アーカイブ(音楽、映画、アートなど)について尋ねたインタビューが掲載。
その他、阿部一直による坂本龍一論、高谷史郎やカールステン・ニコライのインタビュー、三輪眞弘による音楽とメディアアートについてのコラム、畠中実による最新アルバムレビューなど、とことんまで”坂本龍一”が語られている。

【概要】
美術手帖5月号 発売中
定価1600円+税
発行元=美術出版社

『美術手帖』公式サイト http://www.bijutsu.press/books/
8 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,077 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

1992年に公開されたドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。 ~』からピックアップされた矢野顕子の楽曲「SUPER FOLK SONG」のMVが、最新技術で修復処理を施したレストア版として期間限定で公開されている。
YMOの前座を務めた中学生「コスミック・インベンション」って覚えてますか?

YMOの前座を務めた中学生「コスミック・インベンション」って覚えてますか?

80年代初頭、YMOジュニアと称された「コスミック・インベンション」という中学生バンドがいたのを覚えていますか?この記事では彼らの功績と現在を書いてみたいと思います。
となりきんじょ | 27,868 view
電子音楽界の巨匠、松武秀樹の音楽活動の集大成が5枚組CDに!

電子音楽界の巨匠、松武秀樹の音楽活動の集大成が5枚組CDに!

松武秀樹は日本におけるシンセサイザー/プログラマーの先駆けであり、“冨田勲の一番弟子”、“YMO第4の男”としても知られる電子音楽界の巨匠。松武秀樹のこれまでの軌跡をまとめた5枚組のCDボックスセット「LOGIC CHRONICLE」が発売された。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト