老朽団地の再開発、部分売却の同意要件緩和へ
2019年8月19日 更新

老朽団地の再開発、部分売却の同意要件緩和へ

同じ敷地内に2棟以上が集まり50戸以上ある団地は全国に約5千カ所。そのうち築45年を超す団地は2015年時点の291から20年後には2769と急拡大します。住民の高齢化と建物の老朽化で再生が急務になっています。

587 view

老朽団地の再開発、部分売却の同意要件緩和へ

日本経済新聞に、下記のような記事が掲載されています。
要約すると老朽化の進む団地型分譲マンションの再生を促進させるため、全棟の一括建て替えでなく敷地の一部売却がしやすくなるよう、所有者の同意要件を緩和するというものです。

2019/8/19付 日本経済新聞朝刊

国交省の調査によると同じ敷地内に2棟以上が集まり、50戸以上ある団地は全国に約5千カ所ある。築45年を超す団地は2015年時点で291と全体の6%程度だが、20年後には2769と10倍近くに拡大する。
建物自体の老朽化に加えて住民の高齢化。

かつて団地で育ったのでよく分かりますが、階段で5階まで昇り降りするのは高齢になると本当に大変です。また子供の多かった時代の建築物ばかりですから、当然バリアフリーというのは対応していません。

再開発や再生はかなり前から必然だったとは思いますが、いよいよ制度を改めてでもという状況のようです。

団地の実情に即した制度見直しか

日経の記事では、もっと大胆に制度緩和すべきとの意見がある一方「財産権の侵害を懸念」との声も。

ただ、例えば私が育った団地は空き家状態が多々ある一方で、いまでは外国から日本に働きに来ている方々の居住割合が増えてきています。おそらく分譲賃貸という形で対応している家庭が多いのだと思います。

記事によると、団地内の数棟を売却して跡地に保育所や商業施設、バリアフリー集合住宅を建てるなどのプランがコメントされていますが、正直買い手がつくものか甚だ疑問です。

そもそも団地ラッシュだった時代とは需給が異なる

おそらく正しくは再生というよりも需給の実態に即した状態へのリバランスでしょう。住んでいる方々への同意を得ながら進めていく上で「再生」という言葉を前面に出す必要があるのでしょうが。

現代ではあまり流行らない社宅や短期滞在者向け施設、民泊など様々なプランを考え、治安面も考慮しながら進めていくことが、どうしてもいまの実情から必要なことのように思います。

かつて団地に育ちいまの状況を見ていると、なんとなくのんびりした記事に思えたので寄稿してみました。

ちなみにうちの地元だと、かつて自分たちが学校帰りに遊びに行ってたカラオケ店がいまでは平日午前に高齢者たちの遊び場となって活況を呈しています。

この記事とは関係ないのですが、実情に即した手法を考えていかねばならないと思います。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

不動産の買い替えに関する悩み相談にFPからアドバイス。

不動産の買い替えに関する悩み相談にFPからアドバイス。

ライフサポートコーナーでは、中高年世代ならではの様々な悩みをについて専門家からアドバイスをいただきます。今回は「不動産の買い替え」に関する相談に松久(まつひさ)FP(ファイナンシャル・プランナー)が応えてくれました。
松久 泰輔 | 76 view
日本の九龍城?高知県にある巨大“違法建築物”『沢田マンション』とは?

日本の九龍城?高知県にある巨大“違法建築物”『沢田マンション』とは?

皆さんは「沢田マンション」という建物をご存じでしょうか?高知県高知市に所在するマンションで、建築マニア、サブカルオタクなど一部の人々には「沢マン」の愛称で非常に有名な建物です。では、何故有名になっているのでしょうか?
隣人速報 | 8,374 view
資産100億円になった!元アイドル歌手の『沢田富美子』とは!!

資産100億円になった!元アイドル歌手の『沢田富美子』とは!!

1980年代にアイドル歌手として活躍していた沢田富美子さんをご存知だろうか?ローンでワンルームマンションを購入し、今や資産100億円に達し美人不動産女王として再ブレークしていることを・・・。
ギャング | 4,689 view
「所有している土地を資産作りに生かす」他人事や他人任せにしていませんか、土地活用。

「所有している土地を資産作りに生かす」他人事や他人任せにしていませんか、土地活用。

少子高齢化社会の到来。定年まで勤めて年金を貰って安心な老後生活という時代がもう変わってきています。副業や資産運用など自分で考えて行動することが求められる時代、所有する土地を活用する資産作りについて検討してみてはいかがでしょうか。
廃墟マニアに朗報!?70年代に閉鎖された「海底ハウス」の上部構造が発見される!!

廃墟マニアに朗報!?70年代に閉鎖された「海底ハウス」の上部構造が発見される!!

廃墟マニアに朗報!?70年代に静岡県沼津市内浦の沖合に存在した「海底ハウス」の上部構造が、このたび水深18メートルの深さの場所で発見されました。
隣人速報 | 9,177 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト