走り屋アニメの頭文字D!テレビ放送されたFirst Stageの魅力!
2020年3月9日 更新

走り屋アニメの頭文字D!テレビ放送されたFirst Stageの魅力!

公道レースを扱った走り屋アニメの金字塔として、強烈なインパクトとともに爆発的な人気を得た頭文字D。今回はテレビ放送されたFirst Stageの魅力について紹介していきます。ファンから多くの支持を得た理由やアニメ版ならではの魅力を語っていきたいと思います。

1,274 view

アニメ頭文字Dの原作とは?

しげの秀一さんによって週刊ヤングマガジンに1995年から約18年もの間に渡って連載された人気コミックとなります。頭文字と表記してイニシャルと読ませるタイトルもお洒落で、印象的なものです。
峠道で走り屋を名乗る若者たちの物語で、主人公の拓海は、数々のライバルたちとレースを繰り広げていきます。1998年にはアニメ化が実現して、深夜枠を中心に地上波で放送されました。

洗練されたオープニング・エンディング曲

「around the world」

OP1
【歌手】move

「BREAK IN2 THE NITE」

OP2
【歌手】move

「Rage your dream」

ED1
【歌手】move

「奇蹟の薔薇(キセキノハナ)」

ED2
【歌手】Galla
アニメに採用される楽曲として、ラップ調のものが採用されるのは珍しく、アニメ版の頭文字Dはその先駆け的な存在といえます。
また当時としてはCGが使用されるのも画期的で、オープニングの映像に使われています。
先進的な内容が取り入れられており、とても斬新なものとなりました。こうしたところにも制作側の強いこだわりが感じられ、ひとつのアニメ作品として完成されています。

頭文字D First Stageのあらすじ

ある日、赤城山で活動している走り屋「赤城レッドサンズ」が秋名山にやってきて、地元の「秋名スピードスターズ」に公道レースのバトルで挑戦してきます。
明らかにドライビングレベルで劣っていて、バトルで勝てないと判断した「秋名スピードスターズ」のリーダー池谷浩一郎は、秋名山の峠道で伝説を残している存在で、主人公・藤原拓海の父親である文太に代理バトルを依頼するのです。しかし、バトル当日を迎えて秋名山に表れたのは、代理を依頼したはずの文太の姿ではなく、拓海と愛車のハチロクでした…

頭文字D First Stageの魅力とは

やはり原作コミックそのものが面白い

やはり原作コミックそのものが面白い

やはり原作コミックのストーリ性や登場人物・車種が魅力的で、アニメそのものの面白さにつながっているのは言うまでもありません。
主人公・拓海の並外れたドライビングテクニックは意外性があって、視聴者を本編に惹きつける要素といえるでしょう。運転免許を取得したばかりの高校生が、信じられないような運転テクニックで公道レースをする描写は、格好良いスーパーヒーローを観ているような感覚に陥ります。
拓海が運転するハチロクという車種も見逃せないポイントで、連載・放送されていた当時からハチロクは、名車とは言われていましたが、一般的に旧車に分類されていて、高い戦闘力をもつ車種ではありません。
そんな非力な愛車で、次々と強い戦闘力をもつライバルと公道レースをして勝利を収めていくのです。ハチロクという車種をチューンナップして速くするのではなく、拓海は単純にテクニックとセンスのみで峠道のコーナーを攻めていく姿に心を奪われます。

アニメ版ならではのバトル場面2つの魅力

魅力1.CG技術を用いた映像

魅力1.CG技術を用いた映像

バトルの場面はCGで映像が制作されており、ハチロクやライバルたちの車の動きがリアルに再現されているところは見逃せません。しかも、ドリフトなどの車の細かな挙動は、プロのレースドライバーとして有名な土屋圭市さんが監修して、映像を完成させているのです。
そこまでこだわって映像をつくっているため、リアリティーがあって、バトルの展開にもスリリングさが生まれています。
現在になって改めて視聴すると、昔のプレイステーションでレースゲームをしているような感覚になってクオリティーの高さを感じられないかもしれませんが、それでもピリピリとした緊張感が伝わってくる映像です。
魅力2.BGMにユーロビートを採用

魅力2.BGMにユーロビートを採用

これまでのアニメ史上でも珍しく、バトル中のBGMにユーロビートが使われており、視聴者の高揚感を高めています。アップテンポで激しいリズムを刻むことで、白熱したバトルの闘争心や緊張感をうまく表現しており、思わず手に汗を握ってしまうのです。
頭文字Dのアニメ制作には、音楽分野で有名なエイベックスが携わっており、使用されている楽曲にも強いこだわりが感じられます。
放送されていた当時はユーロビートブームが巻き起こっていていましたが、その火付け役をも果たして大きな存在感を魅せつけました。ユーロビートの中でも一般的に知られている楽曲「ナイトオブファイア」も作中で使われています。

First Stageから頭文字Dを視聴し直そう

再び伝説スタート!

再び伝説スタート!

アニメ版の頭文字Dは人気が高く、Firstから始まり、2nd/3rd/4th/5th/finalと6シリーズを経て完結します。原作の全てがアニメ化され、さらに映像と声優陣を一新してリメイクもされているコンテンツです。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト