2017年1月30日 更新

登場人物の背景、内容全てが衝撃的だった!1998年放送のドラマ【凍り付く夏】

及川家に後妻として嫁いだ女性弁護士の夏希(室井滋)が、徐々に明らかとなる及川家の歪んだ家庭背景に気付き、なんとか変えようと奮闘するドラマでした。嫁ぎ先の夫、3人の子どもたち、夫の妹に及ぶまで全員歪んだ人物で、毎回展開にハラハラしていましたね!

15,854 view

凍り付く夏

 (1661898)

『凍りつく夏』(こおりつくなつ)は、1998年7月6日から1998年9月14日まで日本テレビ系列で毎週月曜22:00 - 22:54(JST)に放映された、読売テレビ制作のテレビドラマ。
歪んだ家庭に嫁いだ女性弁護士の奮闘を描くサスペンスドラマ。平均視聴率は14.5%と、この枠のドラマとしては比較的高水準をキープした。

及川家の家族

及川夏希

 (1661906)

弁護士として働いています。後妻として及川家に嫁ぎますが、子どもたちの様子がおかしいことから、徐々に夫から虐待を疑うようになります。(演:室井滋)

及川研一

 (1661911)

出典 ameblo.jp
エリート然としていますが、少年時代に父から虐待を受けており、それがトラウマとなって自分の子どもたちにも暴力を振るっています。そして夏希にも徐々に暴力的に接するようになります。前妻にも暴力を振るっていたようです。(演:佐野史郎)

及川恵利子

 (1661938)

研一の妹だが、血は繋がっていません(研一の父の後妻の連れ子であるため)。母の再婚後、義父から虐待をされて育ちます。ブラコン色が強く、夏希を目の敵にしています。(演:山口紗弥加)

及川正樹

 (1661959)

及川家の長男です。恋人に対し暴力を振るっています。(演 : 柏原収史)

及川奈緒

 (1661969)

出典 ameblo.jp
及川家の長女です。表向きは礼儀正しい優等生のようですが、援助交際にのめり込んでいます。(演: 小嶺麗奈)

及川祐介

 (1661978)

及川家の次男です。明るい性格で、すぐ夏希に懐きます。亡くなった実母(真由美)の好きだったひまわりの世話を熱心にします。(演:藤原竜也)

衝撃を覚えた虐待シーン

凍りつく夏 - YouTube

研一が子ども部屋に上がるときの階段を踏む音が、妙にリアルでした。研一演じる佐野史郎の凍り付いた目もまたリアルで更に怖かったですね。

友人の自殺

 (1662083)

出典 tweez.net
祐介の友人、森口純子が屋上から飛び降りて自殺しました。それも、なんのためらいもなく…。それまでは無邪気でいい子に見えていた祐介が初めて見せた闇の一面でしたね。結果友人は下半身不随に。この友人役を演じたのがなんと竹内結子でした!

ひまわり畑の下から…

 (1662096)

出典 tweez.net
祐介が大事にしていたひまわり畑の下から白骨化した遺体が見つかり、それはなんと失踪していた実母のものでした…。

恵利子の自殺

 (1662091)

かつての義父のように暴力を振るっている兄、研一を見た恵利子は、ショックを受けて首を切って自殺を図りました。病院に運ばれたのち、容体は安定していたように見えましたが、急変し吐血。そして帰らぬ人となってしまいました。祐介は恵利子の血によって真っ赤に染まった自分の手を見て、あることを思い出しました。

母親を葬ったのは…

 (1662101)

うんん、お母さんまだ生きてた。泣いてたんだ死にたいって。悲しそうな目でボクを見てた。だからボク、お母さんの手からナイフをとって(ここからじわじわと義母に近づく)両手でギュッと握って。お母さんの手首に。一杯血が出たよ。お母さん、花壇作る途中だったんだね。穴が掘ってあったけど、浅かったから。だからボク、もう少し掘ったんだ。暑かった。すごく暑くて、ボクは汗びっしょりだったけど、お母さんは、冷たくなってた。
最初このセリフを聞いたとき、衝撃的すぎて意味がスッと入ってきませんでした。なんと、母親を殺したのは当時小学生だった祐介だったんですね。
このことを自分でも忘れていて、恵利子の血で自分の手が染まったのを見て思い出したのです。友人が自殺したいというのを止めなかったのもこれで納得?ですね。
それにしても、衝撃的すぎます。

最後、及川家は…

正樹は研一を殺して、祐介も道連れに自分も自殺しようと考えますが、夏希と奈緒によって阻止されます。
最終的に、研一と夏希は離婚、正樹は家を出て、奈緒だけ研一の元に残りました。祐介は鑑別所に入ります。
そして恵利子の一周忌も終わり、研一と夏希の間に授かっていた子も無事生まれました。

ドラマのタイトル通り、暑い夏に私たちを凍り付かせてくれたドラマ「凍り付く夏」でした!
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

『GTO』出演者のその後を追ってみた!!

『GTO』出演者のその後を追ってみた!!

1998年放送の連続テレビドラマ『GTO』の出演者のその後が気になり、色々と調べてみました。
ギャング | 135,883 view
3日間限定で安野モヨコ『ハッピー・マニア』全巻が無料読み放題!7月には新作も発表!

3日間限定で安野モヨコ『ハッピー・マニア』全巻が無料読み放題!7月には新作も発表!

電子書籍販売サイト「eBookJapan」で、6月2日(金)~6月4日(日)の間、安野モヨコ『ハッピー・マニア』全11巻が無料で読み放題になる企画が実施されている。
山Pより先にお坊さんになっていた!?中居正広主演「ブラザーズ」

山Pより先にお坊さんになっていた!?中居正広主演「ブラザーズ」

フジテレビの月9「5→9~私に恋したお坊さん~」で、山下智久さんがお坊さんを演じていましたが、山Pの前にお坊さん役を演じたジャニーズの先輩がいます。その人は中居正広さんです。中居正広さん主演月9「ブラザーズ」をみなさん覚えていますか?
ペリドット | 3,726 view
【アリー my Love】ボン・ジョヴィも出てた踊る弁護士(?)物語♪90年代の海外ラブコメディ・ドラマ

【アリー my Love】ボン・ジョヴィも出てた踊る弁護士(?)物語♪90年代の海外ラブコメディ・ドラマ

 日本では1998年よりNHK総合テレビで放送されていた法律事務所が舞台の海外コメディ・ドラマでした。弁護士の主人公アリーを取り巻く職場の仲間たちも、個性豊かでおもしろく、法律を扱っているドラマなので裁判所のシーンもよく登場するのですが、硬いドラマではなく踊って歌って仕事もバッチシのおもしろドラマでした!
Yam | 10,594 view
「おそるべしっ!!! 音無可憐さん」にてドラマ初主演を飾った榎本加奈子の主な出演作品まとめ

「おそるべしっ!!! 音無可憐さん」にてドラマ初主演を飾った榎本加奈子の主な出演作品まとめ

『ぐんじぃ~♡』『~だぞ♪』など、名セリフと強烈なぶりっこキャラで印象を残した「音無可憐さん」こと榎本加奈子。彼女はこのドラマが初主演作品となりましたが、この前後にも多くのドラマに出演して記憶に残っています。そんな彼女の経歴を追っていきたいと思います。
mikimini1225 | 17,877 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト