日露合作映画『オーロラの下で』人間とオオカミ犬の絆がすべてを凍らせる酷寒のシベリアの地に挑む感動巨編
2017年1月26日 更新

日露合作映画『オーロラの下で』人間とオオカミ犬の絆がすべてを凍らせる酷寒のシベリアの地に挑む感動巨編

シベリアの野生のオオカミを捕獲・調教して撮影。役所広司と共演しているのは野生のオオカミと犬との間にできた本物のオオカミ犬!アラスカでの実話と中心的な役割を果たした犬たちとともに映画を振り返りましょう。

3,245 view

作品紹介

1990年8月公開。
戸川幸夫原作の同名の児童文学を、アラスカからシベリアに舞台を移し、長い準備期間を経て脚色・制作された映画。
氷点下30度超えのどこまでも続く酷寒の白い世界が自然の厳しさを伝え、そこで生きていくオオカミや動物たちの壮絶なドラマ、そして人と人、人とオオカミ犬との熱き絆が見事に描かれています。
血清運搬の途中で命を落とす犬たち、ケガをして生きていけない犬のために銃を持つ主人公。
涙なくして見られない感動巨編です。
岡田茂東映社長と『デルス・ウザーラ』などの製作者、モスフィルム所長ニコライ・シゾフとで「日本とソ連で四つに組んで合作をやろう」「世界に通用する映画を作ろう」と長い期間交渉を続け8年越しで実現した企画
 (1820752)

【あらすじ】

東部シベリア・ヤクート州。源蔵は孤独と闘いながら、恋人うめを救う大金を稼ぐため荒猟をしていた。ある日豪商レージネフの大事にしていた名馬を襲った三本指の殺し屋オオカミ“ブラン”に大金が懸けられた。一日も早く日本に帰りたい源蔵は必死でブランを追った。だがブランはどのオオカミよりも頭がよく、誰一人としてその姿を見ることができなかった。しかし、王の座を賭けて腹違いの兄と闘ったブランは勝ったものの瀕死の重傷を負って倒れてしまった。政治犯を救出する組織の一員でもある猟師アルセーニーがそのブランを助け、心を通わせるうちにブランが犬ぞりのリーダーだったダームカの子供であったことが分かる。アルセーニーの友人でアンナの夫は政治犯を救出する途中、オオカミに襲われ、助けを呼びに行かされたダームカとオオカミの王との間に生まれたのがブランだった。以来、プランはアルセーニーの側を離れず犬そりのリーダーとして活躍するのだった。しかし、ブランはオオカミであると主張する源蔵は、異国の地で初めて手を差しのべてくれた友、アルセーニーと大喧嘩する。その結果、人間同士以上に信頼しあっているアルセーニーとブランの姿に打たれた源蔵は、うめが無性に恋しくなり日本に帰ることになる。だが、すでにうめは嫁ぎ、日本は軍国主義一色でロシア帰りの源蔵はスパイとして迫害を受けるのだった。絶望の中で源蔵は、アルセーニーとブランへの友情、アンナへのほのかな慕情に誘われて再び、シベリアへ渡る。再会の喜びも末の間、アルセーニーは流行の伝染病で帰らぬ人となった。そしてブランも食べ物を一切口にせず、アルセーニーの後を追う覚悟でいた。源蔵は強い衝撃を受け、ブランと一緒にアルセーニーに代わって、遠くの村に避難しているアンナたちに血清を届ける決意をするのだった。こうして10日間の決死の大氷原行へと出発し、無事子供たちに血清を届けることができた源蔵とブランは美しいオーロラと村人たちの感謝に包まれるのだった。

冒頭 狼との闘い

政治犯を連れて犬ぞりで逃走するアリョーシャ(アンナの夫)。
獲物(犬と人間)を執拗に追う狼。
1匹の犬が力果て、ソリに絡まってしまう。人間と他の犬を救うために切り離すアリョーシャ。そこにアッと言う間に群がる狼たち。
やがて狼に囲まれたアリョーシャは、決死の思いでリーダー犬・ダームカを逃がし、助けを呼びに行かせますが、そのあと、悲惨な運命がアリョーシャたちを待っていました。

生きるためとはいえ、猟師にとって家族同然の犬を置き去りにせざるを得ない状況、置き去りにされた犬の鳴き声。序盤から自然界の過酷で厳しすぎる現実が登場するシーンです。

Pod severnym siyaniyem (Under Aurora) -- 1990 -- Toshio Gotô

出典 youtu.be

目抜きの源蔵

獲物の毛皮を傷つけることなく、目を撃ち抜いて仕留めるほどの腕を持つマタギ。
恋人・うめの身請け金を狩猟で作るために単独でシベリアに渡ります。

アルセーニーとの出会いと友情。アンナとの間に芽生えるほのかな恋心。犬ぞりのリーダー犬・ダームカとオオカミの群れの王との間にできたオオカミ犬・ブランとの確執。
役所広司の演技が光ります。
日本にはなじみの薄いロシア(当時はソ連)の俳優陣も見事な演技を見せています。
 (1727619)

 (1728254)

恋人のうめとのシーン。

遅すぎた帰郷

アルセーニーの援助で日本に帰れた源蔵は、急ぎうめの元へ行くが、うめはすでに身請けされた後でした。
京都で再会する源蔵とうめ。しかし、時の流れは残酷でした。幸せそうなうめを目の当たりにし源蔵は別離します。
その後、官憲に拘束され、軍隊の先導役として再度シベリアに渡る源蔵でした。

愛する女性の為に酷寒の地まで渡り、どん底の生活をせざるを得なかった源蔵の気持ちはいかばかりだったでしょう。役所広司が寡黙で、しかも厚情のある男を演じています。
桜田淳子はきれいですねぇ。しかも若い。艶のある日本女性の役がピタッとはまってます。
 (1727621)

京都での再会シーン。
 (1728258)

幸せな家庭を築いたうめ。

シベリアの地にふたたび

アルセーニーとの再会、そして死別。ブラン(オオカミ犬)との絆の生誕等を経て、源蔵は更なる試練に立ち向かいます。伝染病が発症したセーベルメイ村まで、アルセーニーに代わって血清を届ける大氷原行です。


悪天候の猛吹雪、氷点下30度以下になるという酷寒がスクリーンいっぱいに表れ、シベリアの厳しさをヒシヒシと感じさせます。

ブランと犬たちとの決死の運搬が描かれますが、一頭また一頭と倒れていく時の切なさ、やるせなさ、悲しみ。犬たちの死は胸を締め付けられる思いで、涙がこぼれます。

ブランとの再会

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,503 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 712 view
サザン・桑田が監督!映画「稲村ジェーン」 湘南を舞台にサーファー達の人間模様が描かれた大ヒット作です!

サザン・桑田が監督!映画「稲村ジェーン」 湘南を舞台にサーファー達の人間模様が描かれた大ヒット作です!

1990年公開の大ヒット映画「稲村ジェーン」。加勢大周のデビュー作とも知られる本作。湘南鎌倉市の稲村ヶ崎を舞台にした波乗りに魅せられた若者の物語です。
ひで語録 | 11,269 view
1990年代を代表する超大作邦画

1990年代を代表する超大作邦画

ドラマでは月9を中心としたトレンディドラマが主流となっていた1990年代。映画界も同様のトレンディドラマを始め、世界に通用するアニメーション映画やCGを駆使したものなど、一気に映画の幅が広がった年代とも言えます。そのような1990年代を代表する超大作映画を紹介します。
yt-united | 4,493 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト