朝ドラ「チョッちゃん」の主人公は黒柳徹子の母親がモデル!
2021年3月20日 更新

朝ドラ「チョッちゃん」の主人公は黒柳徹子の母親がモデル!

実在の人物をモデルに制作されることも多いNHKの連続テレビ小説。「チョッちゃん」は黒柳徹子さんの母親をモデルにしています。黒柳徹子さんのお母様はどんな人生を歩んでこられたのでしょうか。

109 view

「チョッちゃん」の放送時期

「チョッちゃん」は連続テレビ小説38作目。1987年の4月から9月まで(前期)に放送されていた作品です。平均視聴率は38.0%、最高視聴率は46.7%でした。その年の年末に総集編が放送されました。

再放送は2002年にデジタルBS2で一度放送されたのみです。VHSやDVDは総集編も完全版も発売されていません、人気の朝ドラでしたが現在は見ることができないんですね。配信などで見られるようになるといいですよね。

原作は黒柳朝の「チョッちゃんが行くわよ」

Amazon.co.jp: チョッちゃんが行くわよ: 黒柳 朝: 本 (2262890)

朝ドラ「チョッちゃん」の原作は黒柳朝(ちょう)さんの「チョッちゃんが行くわよ」です。この黒柳朝さんというのが黒柳徹子さんのお母様なんです。「チョッちゃんが行くわよ」はご自身の自伝です。

黒柳徹子さんも強烈なキャラクターでかなり波乱万丈な人生を生きていらっしゃいますがお母様も自伝を出版できるほどの人生だったというのはすごいですよね。

娘である黒柳徹子さんの自伝「窓際のトットちゃん」がベストセラーになった時に、その中に登場する母親にも注目が集まったのです。そして「チョッちゃんが行くわよ」を出版。以後、随筆家として活動するようになりました。

「チョッちゃんが行くわよ」を出版した時、朝さんはすでに70歳を過ぎていました。それから随筆家として活動するなんてすごいですよね。自らの子育てについてなどをユーモアたっぷりに語っていてベストセラーになりました。1982年から1993年までの間に10冊もの本を執筆されています。1993年に発売された「チョッちゃん物語」は同名でアニメ映画にもなっています。

朝ドラが放送されたときはまだお元気に活動されていたんですね。実在の人物をモデルにした作品は多いですが、存命の肩をモデルにしている作品は少ないです。それなら黒柳徹子さんをモデルにした朝ドラも見てみたい気がしますね。

朝さんは2006年に97歳で亡くなっています。亡くなった翌月に徹子さんが聞き取り手となって共同出版した「チョッちゃんは、もうじき100歳」が発売されました。

「チョッちゃん」のキャスト

「チョッちゃん」のキャストは以下の通りです。
北山(岩崎)蝶子 - 古村比呂
岩崎要(蝶子の夫) - 世良公則
北山俊道(蝶子の父) - 佐藤慶
北山みさ(蝶子の母) - 由紀さおり
野々村泰輔(蝶子の叔父) - 川谷拓三(病気のため降板)→前田吟(代役)
田所邦子(蝶子の親友) - 宮崎萬純
神谷容(蝶子の恩師) - 役所広司
国松連平(要の親友) - 春風亭小朝
彦坂頼介(蝶子の幼馴染) - 杉本哲太
その他 : 佐藤オリヱ、片岡鶴太郎、津嘉山正種、伊奈かっぺい、黒柳徹子、立原ちえみ、レオナルド熊、中原理恵、左時枝、小野武彦、仁科扶紀、十勝花子、山下智子、貝ますみ、丹波義隆、市川兵衛、早川亜友子
主演は古村比呂さんでした。存命の方がモデルの役を演じるのは緊張したでしょうね。

朝ドラは実在の人物をモデルにしていても、フィクション要素が多いからか名前をそのまま使うことはほとんどありません。ですから朝さんも「蝶子」に変更されています。ですが、「蝶子」だとずいぶんイメージが変わりますよね。

世良公則さん、由紀さおりさん、春風亭小朝さん、片岡鶴太郎さんなどなかなか濃く、バラエティに富んだキャストですね。

黒柳徹子さんも出演されていますよ。

ちなみにナレーションは西田敏行さんでした。

「チョッちゃん」のあらすじ

北山暢子は大自然豊かな北海道で生まれ育ちますが、音楽学校に入学するために上京します。そこで天才バイオリスト岩崎要に出会います。

両親に大反対されたのですがお互いにひかれあう2人は駆け落ち同然のような形で結婚します。蝶子は音楽学校も中退し、志半ばで結婚してしまったような感じですね。

その後戦争などで世の中が変わっていきますが、たくましく生きていく女性の姿を描いた物語です。

「チョッちゃん」の詳しいあらすじが手に入らないので、朝ドラではどこまで描かれたのか定かではないのですが、黒柳朝さんの半生は以下のような感じでした。

北海道で開業医の父の長女として生まれます。岩見沢高等女学校で4年間の寄宿生活を送ったのち、東洋音楽学校(現・東京音楽大学)声楽科に入学。上京します。

在学中にヴェートーベンの第九の演奏会にて新交響楽団(NHK交響楽団の前身)の首席ヴァイオリン奏者・黒柳守綱に出会い結婚。大学は中退し、アパート「乃木坂クラブ」で新婚生活を始めます。

長女の 黒柳徹子さんの他、長男、次男、次女を出産。ですが長男は敗血症で亡くしてしまいます。

1944年に夫が中国戦線へ出征。東京大空襲などもあったため、青森県三戸郡の諏訪ノ平へ疎開します。野菜や果物の行商として生計を立てていました。終戦後は諏訪ノ平から東京へ行商に出ていました。

1949年に夫がシベリア抑留から帰還、東京交響楽団のコンサートマスターとなりました。夫が帰国してからも行商の仕事を続けていたんですよ。

そして47歳にて三男を出産します。この時代に47歳での高齢出産、5人目とはいえすごいですね。

朝さんが出演している作品は他にも!

Amazon.co.jp: トットちゃん!: 清野菜名, 大石静, 五十嵐文郎(テレビ朝日), 服部宣之(テレビ朝日), 角田正子, 菊地裕幸田原敦子(テレビ朝日): generic (2262900)

朝さんを主人公にしたドラマは現在のところ「チョッちゃん」だけですが、黒柳徹子さんを主人公にしたドラマにも朝さんは登場します。

2016年にNHKで放送された「トットてれび」では安田成美さんが、2017年にテレビ朝日で放送された帯ドラマ「トットちゃん!」では松下奈緒さんが朝さんを演じていますよ。

特に「トットちゃん!」は徹子さん役の清野菜名さんと松下奈緒さんのW主演となっていて、前半は朝さんのなれそめなども描かれていますよ。「トットちゃん!」というタイトルでありながら徹子さんが生まれる4年前から物語がスタートするのです。朝さんの人生に興味がある方はぜひこちらの作品もチェックしてみてください。

ちなみにアニメの「チョッちゃん物語」ではしょくぱんまんや「めぞん一刻」の音無響子役などで有名な島本須美さんが担当されています。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの人も出演していたの知ってた?朝ドラに出演していたジャニーズタレントまとめ

あの人も出演していたの知ってた?朝ドラに出演していたジャニーズタレントまとめ

連続テレビ小説には、さまざまな俳優さんが出演されていますが、じつはジャニーズタレントも結構出演されています。ジャニーズタレントが出演している朝ドラをまとめました。
saiko | 6,438 view
ヒロインは41歳!?朝ドラ「青春家族」ってどんな話だった?

ヒロインは41歳!?朝ドラ「青春家族」ってどんな話だった?

連続テレビ小説「青春家族」は清水美砂さんといしだあゆみさんのダブルヒロイン。この2人を中心とした家族の物語を振り返ってみましょう。
saiko | 270 view
小西美帆さんが超ポジティブヒロインを演じた朝ドラ「やんちゃくれ」

小西美帆さんが超ポジティブヒロインを演じた朝ドラ「やんちゃくれ」

小西美帆さんがヒロインを演じた朝ドラ「やんちゃくれ」を覚えていますか?朝ドラのヒロインは基本的にポジティブですが、このドラマのヒロインは中でも超ポジティブだったのではないでしょうか。
saiko | 201 view
朝ドラ『ちゅらさん』の出演者たちは今何してる?

朝ドラ『ちゅらさん』の出演者たちは今何してる?

国民的人気を誇った朝ドラ『ちゅらさん』。あれから20年の時が立ち、賑やかだったあの古波蔵家の人々は今何をしているでしょうか?今回は国仲涼子さんをはじめ懐かしい出演者たちのその後にスポットを当ててみました。
mimi | 1,222 view
主演は斉藤由貴!女性新聞記者の半生を描いた朝ドラ「はね駒」

主演は斉藤由貴!女性新聞記者の半生を描いた朝ドラ「はね駒」

斉藤由貴さんが主演した連続テレビ小説「はね駒」。明治から大正にかけて活躍した女性新聞記者の半生を描いたドラマ。舞台は明治時代で、朝ドラの中でも古い時代を描いた作品です
saiko | 227 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト